LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

Blackview Tab 11発売!12月6日よりワールドプレミアセール開催【スペックレビュー】

中国のスマートホンメーカー BLACKVIEWより新端末『Blackview Tab 11』が発売されます。AliexpressのBLACKVIEW公式ショップでは、12月6日より発売を記念したワールドプレミアセールを開催します。

この端末は、10.36インチのディスプレイを搭載した大型画面のタブレット。トレンドの高コスパSoCのUnisoc Tiger T618を採用することにより、ミドルレンジクラスモデルにも関わらず低価格を実現しています。

 

 Tab 11 スペック

OS Android 11
SoC UNISOC T618
ディスプレイ 10.36 インチ
2000 x 1200 ピクセル
IPS液晶
RAM 8 GB
ROM 128 GB
eMMC 5.1
外部MicroSD 対応
リアカメラ 1,300万画素
フロントカメラ 800万画素
防水 非対応
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac 
GPS GPS/GLONASS/BDS
Bluetooth 5.x
対応バンド GSM:
850/900/1800/1900
WCDMA:
B1/8
FDD-LTE:
BB1/3/7/8/2
バッテリー 6,580mAh
 サイズ 幅:156.7 mm
高さ:247 mm
厚さ:8.1 mm
 重量 460 g

 

筐体

ディスプレイは 10.36インチの2Kスクリーン(2000 x 1200)。アスペクト比15:9のIPS液晶を採用しています▼

 

Widevine L1認定を受けているので、NETFLIXなどの動画サービスが1080P画質で視聴可能です。これはマルチメディア用端末として使うには必須スペックですね▼

 

カラーバリエーションは、グレー、シルバー、グリーンの3色展開▼

 

厚さ8.1ミリ。デュアルスピーカーを搭載しています。また別売りのドッキング式のマグネットキーボドとドッキング可能な設計です▼

 

カメラはアウト1300万画素、インカメラ800万画素▼

 

バッテリー容量は6580mAh

 

内部レビュー

搭載するプロセッサーは、Unisoc Tiger T618。製造プロセスは12nm FinFETを採用、CPUは2xARM Cortex-A75(2.0GHz)+6xARM Cortex-A55(1.8GHz)構成。Antutuベンチマークスコアは総合で約224,938万ポイント(公称値)のミドルレンジタブレットです。メモリー構成は、 内部ストレージ128 GB、RAM 8GB を搭載、SIMカードスロット2側が外部SDカードに対応しています。

 

前モデルの Tab10 は、SoCにMediaTek MediaTek mtk8768 を搭載しており、Antutu ベンチは約9.5万でした。処理性能は大幅アップしていますね。

 

価格・まとめ

Blackview Tab 11は、「Teclast M40」「 Alldocube iPlay 40」など、人気の中華タブレットとSoCやメモリ、内部ストレージ容量がほぼ同じ。主流のスペックとなっています。Blackview Tab 11の強みは、Widevine L1認定と専用のドッキングキーボドの存在ですね。軽いドキュメント作成程度なら活用できそうです。
Tab11 の価格は299.00ドル。実売価格はライバル端末と同等程度に落ち着くと思います。

12月6日よりAliexpressの公式ショップでは、ワールドプレミアセールで169ドルにて販売されます。

 
商品名 クーポン 価格 期限
Blackview Tab 11
ワールドプレミアセール $299,99
$169.99
12/9~

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top