LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

ハッセルブラッドのカメラ搭載「Oneplus 9・9 Pro」予約販売開始!性能・カメラ・スペックレビュー

中国メーカーOPPO傘下のスマートフォンメーカーOnePlus(ワンプラス)より、5G対応の新フラグシップ端末「OnePlus 9」および「OnePlus 9 Pro」が発売されました。

昨年4月に発表したOnePlus 8シリーズの後継モデルになります。マイナーアップデート版 8Tをはさんで、丁度1年ぶりの新シリーズの発売です。

海外ECサイト Etoren(イートレイン)では、予約受付を開始しました。出荷は4月16日からとなります。

 

Oneplus 9 / 9 proスペック

  Oneplus9 Oneplus9 Pro
OS Oxygen OS 11
Android 11ベース
SoC Qualcomm Snapdragon 888
(SM8350)
GPU Adreno 660
ディスプレイ 6.55 インチ
2,400×1,080(FHD+)
6.7 インチ
1440 x 3216(2K+,WQHD+)
RAM 8 GB / 12 GB
ROM 128 GB / 256 GB
外部ストレージ 非対応
リアカメラ 4,800万画素(f/1.8):メイン
5,000万画素(f/2.2):123°超広角
500万画素(f/2.4):マクロ
4,800万画素(f/1.8):メイン
5,000万画素(f/2.2):123°超広角
800万画素(f/2.4):ズーム
500万画素(f/2.4):マクロ
フロントカメラ 1,600万画素(f/2.45)
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋認証、顔認証
防水 非対応 IP68
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth  5.1
バッテリー 4,500mAh
充電 有線充電:65W
ワイヤレス充電:15 W
有線充電:65W
ワイヤレス充電:50 W
対応バンド 2G GSM:
850 / 900 / 1800 / 1900
3G WCDMA:
B1/B2/B4/B5/B8/B9/B19
CDMA:
BC0/BC1/BC10
4G LTE-FDD:
 B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18
B19/B20/B26
LTE-TDD:
B34/B38/B39/B40/B41
5G
NSA:
N41/N78/N79
SA:
N1/N3/N41/N78/N79
MIMO:LTE:
B2, 4, 7, 25, 66, 41, 48
GPS GPS/ A-GPS / GLONASS / GALILEO / BDS
インターフェイス USB-C
サイズ 幅:74.2 mm
高さ:
160 mm
厚さ:8.7mm
幅:73.6 mm
高さ:
163.2 mm
厚さ:
8.7 mm
 重量 192 g 197 g

 

筐体レビュー

ディスプレイはパンチホール型のノッチを採用しています。無印とProでは、ディスプレイの仕様が異なります。

  • OnePlus 9:6.55インチ、解像度2,400×1,080のFHD+スクリーン
  • OnePlus 9 Plus:6.55インチ、解像度3,216×1,440の2K+(WQHD+)スクリーン
指紋認証はインディスプレイ(画面内)に配置され、顔認証システムも搭載しています
指紋認証はインディスプレイ(画面内)に配置され、顔認証システムも搭載しています

有機EL液晶(AMOLED)を採用しており、9Proのリフレッシュレートは1~120Hzの調整が可能ですが、無印9は120Hz固定。どちらもHDR10+規格に準拠する、高ダイナミックレンジの再生に対応しています。

 

防水機能に関してはProのみ、IP68防水対応となっています。

 

バッテリー

両モデルとも有線は65W (10V/6.5A)充電対応。100%までたったの29分で完了します。
無印9は15Wのワイヤレス充電に対応。9 Proのワイヤレス充電は、50Wの急速充電対応。100%まで43分で充電できます。

 

カメラ

OnePlus 9シリーズでは、スウェーデンの老舗カメラメーカーHasselblad(ハッセルブラッド)との提携開発したカメラが最大の魅力。
Hasselbladが開発した画像処理機能「Natural Color Calibration」を搭載します。

無印9とProの一番の違いはカメラ構成

Proは、メインカメラにSonyとの共同開発のカスタムイメージセンサーIMX789を搭載。デュアルネイティブISO(ノイズ抑制技術)、全方向フォーカステクノロジー(高度なフォーカスシステム)、リアルタイムHDR動画の撮影。

センサーは、ソニーのデジタルオーバーラップHDR(DOL-HDR)機能により、スタッガードHDR処理に比べ、複数の露出を同時にキャプチャできるため、移動するオブジェクトによって引き起こされるゴーストを取り除くことが可能です。

またサブカメラには、Oppoがソニーと共同開発した5.000万画素「IMX766」の超広角カメラを搭載。広角撮影の歪みを抑えるように設計されているとしています。さらに光学3.3倍の800万画素(F/2.4)ズームカメラ。F値2.4の200万画素マクロレンズの4眼構成。

 

一方、無印9 のメインカメラは、 SONYのイメージセンサー「SONY IMX689」を採用した4,800万画素(f/1.78)を搭載。
このIMX689は、多くのスマートホンに搭載されている汎用モデルですが、美しい画像が撮れることから定評のあるイメージセンサーです。

サブカメラには、Proと同じソニーIMX766の5.000万画素の超広角カメラを搭載。F値2.4の200万画素マクロレンズの3眼構成となります。

【動画撮影】

解像度 9 9 Pro
8K 30fps
4K 30/60 fps 30/60/120 fps
1080P 30fps / 60fps 30fps / 60fps
スローモーション 1080p/240 fps
720p/480 fps

 

内部性能

無印・Proともに、搭載するプロセッサーはQualcommのフラッグシップSoC「Snapdragon 888」を採用。TSMCの7nmプロセスからSamsungの5nmプロセスに移行しています。
CPUコアのKryo 680は前モデル(SD865)と比較して最大パフォーマンスで25%、電力効率で25%の向上が図られています。

同じSoC採用のXiaomi Mi 11を参考にすると、Antutuベンチマークスコアは 74万ポイント程度が予想されます。

メモリ/ストレージの組み合わせは、(RAM / ROM )8 GB + 128 GB /12 GB + 256 GBの 2種類バリエーションのモデルが用意されています。
メモリは新世代LPDDR5規格を採用しており、旧世代と比べて29%高速化されています。ストレージも高速なUFS 3.1規格を採用しています。

 

対応バンド

SIM1 , 2の両スロットが4G対応なので、デュアルVoLTE待ち受けが可能です(DSDV)
また5Gバンド(Sub-6)にも対応しており、こちらもデュアル待ち受けが可能です。

ドコモ:4G帯(LTE)主要バンドであるB1、東名阪の高速通信バンド(B3)に対応しています。 さらに高い建物の影や地下、郊外に強いプラチナバンド(B19)にも対応しています。また僻地や山間部で若干電波を掴みやすい3G帯のプラスエリア(3G WCDMA-Babd6)には非対応です。
5G帯に対しては、Sub6のn77 / n78に対応しています。ミリ波(n257)非対応です。ドコモ端末で5Gバンド回線は使えます。

SoftBank(Y!モバイル):LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8の全てに対応していますので、日本国内での使用は問題はありません。
5G帯に対しては、Sub6のn78に対応しています。ミリ波(n257)は非対応です。

AU:LTEバンドB1とプラチナバンドB26(18を内包)に対応しており、 VoLTE SIMが利用可能となっています。通話に3G帯 BC0(CDMA2000) を使用する非VoLTE SIMにも対応していますが、Auに関しては動作確認が必要です。
5G帯に対しては、Sub6のn77 / n78に対応しています。ミリ波(n257)は非対応です。

【 対応バンド 】
2G GSM:
850 / 900 / 1800 / 1900
3G WCDMA:
800 / 850 / 900 / 1700(AWS)
1800 / 1900 / 2100
CDMA:
BC0/BC1/BC10
4G LTE-FDD:
 B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18
B19/B20/B26
LTE-TDD:
B34/B38/B39/B40/B41
5G
NSA:
N41/N78/N79
SA:
N1/N3/N41/N78/N79
MIMO:LTE:
B2, 4, 7, 25, 66, 41, 48

OnePlus 9シリーズまとめ・販売サイト

米国市場でのOnePlus 9の価格は729ドル(約8万円)から、Proは969ドル(約10万500円)からとなっています。

「OnePlusブランド」は、カメラや独自OSなどの開発を進める事で、製品のクオリティを高めて有名メーカー製品と肩を並べるクオリティにまで進化しました。汎用パーツを寄せ集めた低価格ハイエンド端末を提供していた時代は終わりましたね。

OnePlus 9シリーズは、海外ECサイト「Etoren」ではプリセールが開始されています。

商品名 クーポン 価格
Etoren
OnePlus 9
8+128 GB/ブラック
プリセール ¥91,700
OnePlus 9
8+128 GB/ブルー
プリセール ¥91,700
OnePlus 9
8+128 GB/パープル
プリセール ¥91,700
OnePlus 9
12+256 GB/ブラック
プリセール ¥103,600
OnePlus 9
12+256 GB/ブルー
プリセール ¥103,600
OnePlus 9 Pro
8+256 GB/ブラック
プリセール ¥132,500
OnePlus 9 Pro
8+256 GB/グリーン
プリセール ¥132,500
OnePlus 9 Pro
8+256 GB/シルバー
プリセール ¥132,500
OnePlus 9 Pro
12+256 GB/グリーン
プリセール ¥144,600
OnePlus 9 Pro
12+256 GB/シルバー
プリセール ¥144,600

 

ECサイト/割引クーポン

今回ご紹介した端末は、セール対象になっている事が多く、割引クーポンが発行されている場合があります。
下記ページからチェックしてみて下さい

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top