LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

Antutu72万ポイント越えで6.4万円~!「XIAOMI MI11」発表!スペックレビュー

中国メーカーXiaomiより、次世代フラッグシップAndroidスマートホン「Mi 11」が発売されました。

プロセッサーにクアルコムのSnapdragon 888を搭載しており、現在最高レベルの処理性能を叩き出しています。
また1億万画素のメインカメラを搭載した3眼カメラを採用、リフレッシュレート120HzのWQHDスクリーン、お洒落で音質に定評のあるハーマン・カードンとコラボしたデュアルスピーカーを搭載するなど、超もりもりスペックの端末です。

それだけのスペックにも関わらず、最小構成モデル(RAM 8GB + ROM 128GB)が3999元(約6.4万円)~、呆れるほどの高コストパフォーマンスの端末です。

XIAOMI MI11

OS MIUI 12
Android 11ベース
SoC Qualcomm Snapdragon 888
ディスプレイ 6.81 インチ(AMOLED)
3200 x 1440(WQHD)
RAM 8 GB / 12 GB
ROM 128 GB / 256 GB
外部ストレージ 不明
リアカメラ 10,800万画素(F/1.85):メイン
1300万画素(F/2.4):超広角
500万画素(F/2.4):マクロ
フロントカメラ 2,000万画素(F/2.4)
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋 / 顔
防水 非対応
NFC 対応
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac / ax
Bluetooth 5.0
バッテリー 4,800 mAh
インターフェイス USB-C
GPS ガリレオ / GLONASS / QZSS
対応バンド 2G
GSM
B2 / B3 / B5 / B8
CDMA 1X :
BC0
3G WCDMA

B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
CDMA EVDO: BC0
4G FDD-LTE
B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17
B18 / B19 / B20 / B26 / B28A
TDD-LTE
B34 / B38 / B39 / B40 / B41 / B42
5G
n1 / n3 / n28a / n41 / n77 / n78 / n79
 重量 196g(ガラス)
194g(革)
 サイズ(ガラス) 幅:74.6mm
高さ:164.3mm
厚さ:8.06mm
 サイズ(革) 幅:74.6mm
高さ:142.3mm
厚さ:8.56mm

 

筐体レビュー

ディスプレイは、6.81 インチの有機EL(AMOLED)の2K(3200 x 1440)画面。
リフレッシュレートは最大120Hz、480Hzタッチサンプリングレート。HDR10+規格に準拠する、高ダイナミックレンジの再生に対応しています。

フロントカメラは、画面左上に配置されたパンチホール内に格納されています▼ディスプレイの評価機関の「DISPLAY Mate」でA+の評価を得ています

 

本体は、Gorilla Glass Victus採用のガラスボディと革ボディの2モデルが用意されています▼

 

カラーバリエーションは、ガラスボディ 3色、革ボディ2色の合計 6色構成
アンチグレアフロストガラス:ミッドナイトグレー / ホライゾンブルー / フロストホワイト
ビーガンレザー:ライラックパープル / ハニーベージュ

 

生体認証は、心拍数モニタリング機能付き指紋センサー がインディスプレイ(画面内)に配置されており、顔認証システムも搭載しています。ディスプレイは、湾曲スクリーン▼

 

バッテリー

バッテリー容量は4600mAhで、同社では丸1日の使用を保証するとしています。有線では55Wの急速充電に対応しており45分で満充電が可能です。ワイヤレス充電は50Wで充電可能で、53分で満充電が可能(販売されているスマートホンの中で最速)。10Wのワイヤレスのリバースチャージ機能も搭載しており、他の機器への給電もできます。

 

スピーカー

オーディオ機器のブランド、Harman Kardon(ハーマン・カードン)”Golden Ear”の音響チームと協力して、デュアルステレオスピーカーと組み合わせた音響システムを構築しており、映画鑑賞では没入感が得られるとしています。

 

カメラ

フロントには2,000万画素カメラを搭載しており、AIスマートビューティーやベイビービューティー、3Dビューティーなど、美顔補正機能も満載です。

リアカメラは高画素な光学手振補正付き3眼カメラを採用しています。
メインカメラは、10800万画素(25mm 1/1.33 F1.85 OIS)、サブには1300万画素(15mm F2.4)の超広角カメラ+500万画素(50mm F2.4)のマクロカメラの構成です。

動画、8Kビデオ録画:24 / 30fps、4Kビデオ撮影:30 / 60fpsまで対応しています。

レンズは123°の超広角レンズ▼

 

 

内部性能

搭載するプロセッサーはQualcommのフラッグシップSoC「Snapdragon 888」を採用。TSMCの7nmプロセスからSamsungの5nmプロセスに移行しています。
CPUコアのKryo 680は前モデル(SD865)と比較して最大パフォーマンスで25%、電力効率で25%の向上が図られています。

Xiaomiが発表したAntutuベンチマークスコアは、なんと 745,942ポイント

メモリ/ストレージの組み合わせは、(RAM / ROM )8 GB + 128 GB  /8 GB + 256 GB /12 GB + 256 GBの3種類バリエーションのモデルが用意されています。
メモリは新世代LPDDR5規格を採用しており、旧世代と比べて29%高速化されています。ストレージも高速なUFS 3.1規格を採用しています。

 

対応バンド

SIM1 , 2の両スロットが4G対応なので、デュアルVoLTE待ち受けが可能です(DSDV)
また5G(Sub-6)対応の機種となります。

ドコモ:4G帯(LTE)主要バンドであるB1、東名阪の高速通信バンド(B3)に対応しています。 さらに高い建物の影や地下、郊外に強いプラチナバンド(B19)にも対応しています。また僻地や山間部で若干電波を掴みやすい3G帯のプラスエリア(3G WCDMA-Babd6)ににも対応しています。国産スマートホンと同等のバンド構成が利用可能です。
5G帯に対しては、Sub6のn77 / n78に対応していますが、ミリ波(n257)非対応です。一応ドコモ端末で5Gバンド回線は使えます。

SoftBank(Y!モバイル):LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8の全てに対応していますので、日本国内での使用は問題はありません。
5G帯に対しては、Sub6のn77に対応しています。ミリ波(n257)は非対応です。

AU:LTEバンドB1とプラチナバンドB26(18を内包)に対応しており、 VoLTE SIMが利用可能となっています。通話に3G帯 BC0(CDMA2000) を使用する非VoLTE SIMでも利用可能となっています。しかしながらauのSIMは、端末による相性がありますので、実際に動作確認が取れるまでは要注意です。
5G帯に対しては、Sub6のn77/n78対応しています。ミリ波(n257)は非対応です。

【 対応バンド 】
2G GSM
B2 / B3 / B5 / B8
CDMA 1X :
BC0
3G WCDMA
B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
CDMA EVDO:BC0
4G FDD-LTE
B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17
B18 / B19 / B20 / B26 / B28A
TDD-LTE
B34 / B38 / B39 / B40 / B41 / B42
5G
n1 / n3 / n28a / n41 / n77 / n78 / n79

Xiaomi Mi11 まとめ、価格

中国国内での発売は、2021年1月。海外向けの発売日は不明です。また「雷軍Special」というモデルも発売が予定されています。

Mi 11 の標準バージョンにはインボックス充電器が同胞されなくなりました。しかしながら、バンドルバージョンには55W GaN充電器が付属します。不思議な事にどちらのバージョンも同じ価格で提供されます。
これは充電器を付属しなくなったiPhone12シリーズに対して、Appleを挑発しているようですね。

【価格】

  • Xiaomi Mi11 (RAM 8 GB + ROM 128 GB):3999元(約6.4万円)
  • Xiaomi Mi11 (RAM 8 GB + ROM 256GB):4299元(約6.8万円)
  • Xiaomi Mi11 (RAM 12 GB + ROM 256 GB):4699元(約7.5万円)

 

ECサイト/割引クーポン

今回ご紹介した端末は、セール対象になっている事が多く、割引クーポンが発行されている場合があります。
下記ページからチェックしてみて下さい

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top