LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

「監視・ストーカー・スパイアプリ」一覧とインストールされていないか調べる方法【2020年版】

「ストーカーウェア(アプリ)」という言葉を良く耳にするようになりました。

ストーカーアプリとは、スマートホンに仕込まれてしまうと、位置情報や通話履歴、連絡先リストなどが筒抜けになってしまう恐ろしいアプリです。

ストーカー達はもともと、スマートホンを紛失した時に探す目的のアプリを悪用して、対象者に知られる事なく位置情報を調べていました。
次に子供の位置情報を把握したり、スマートホンの利用状況を監視できるペアレンタルコントロールアプリが登場したことで、その機能を悪用してパートナーの不倫防止・調査に使われるようになりました。

更に派生して、遠隔操作で連絡先リストや盗聴、盗撮、SMSテキストの覗き見までが可能な不倫調査アプリと呼ばれるアプリが次々とリリースされています。また海外では、社員のスマートホンに位置情報監視アプリをインストールしおておいて、社員がサボらないように見張る従業員監視アプリを使っているブラック企業も多く、このアプリをストーカーが利用しているケースもあります。

パートナーが同意しているのならまだ良いのですが、勝手にインストールされて監視され続けるという最悪のケースがほとんどです。
元カレや元カノがストーカーに成り下がって、アプリで監視し続けるといった事案もあるようです。

当然ながらアプリをインストールしたり、GPSで監視するには相手の了解が必要です。夫婦といえども無断でインストールして位置情報を調べると違法行為にあたります。

ちなみにストーカーアプリの多くはPlay Storeからリジェクトされており、ストア内に存在しないアプリがほとんどです。
しかしながら公式サイトからダウンロードが可能なアプリや、ネット上ではAPKファイルが配布されていますので、ダウンロードしてインストールする事ができてしまいます。

そこで今回は、自分のスマートホンの位置情報が調べられていないかチェックする方法と、勝手にGPSアプリがインストールされていないか調べる自衛策をご紹介します。

またメジャーなストーカーアプリのアイコン一覧も併せて掲載しますので、自分のスマートホンのアプリにインストールされていないかチェックしてみて下さい。

Google端末を探す

実はAndroid端末では、デフォルトで使える「Google端末を探す」を悪用されてしまうのが一番凶悪です。

これはGoogleアカウントにログインしないと閲覧する事ができませんが、Googleにログインした状態の自宅パソコンなどは起動するだけです。
留守宅に居るパートナーは、Googleアカウントにログインした状態のブラウザで「Google端末を探す」を開くだけで簡単に居場所を調べる事ができます。この事に気が付いていない方も多いのでは無いでしょうか?

またGoogleのデフォルトサービスには「Googleロケーション履歴」「Googleフォト」という機能もあります。これがオンになっていると位置情報と足取りに加え、場合によっては撮影場所と時間付きの写真まで紐づけられてしまいます。
ちなみにデフォルトでは、端末を探された場合には通知とアイコンが表示されますが、この通知をオフにする方法もありますので、ステルス状態で居場所を検索することができてしまいます。

 

ストーカーアプリ一覧

参考までに、ストーカーアプリの機能とアイコンをまとめてリストにしておきます。

Cerberus Android(ケルベロス)

開発:LSDroid
評価:

機能 有無
リアルタイム位置把握 あり
移動マップ履歴 あり
通話履歴(着/発信) あり 
タイピングテキスト表示 あり 
バッテリーステータス あり 
写真撮影 あり 
音声録音(盗聴) あり 
SMSテキスト あり 
連絡先リスト あり 

その他:内蔵メモリーとSDカードの消去、パスワードでデバイスロック、アプリのアイコンを非表示

 

Spyzie

開発:LSDroid
評価:

機能 有無
リアルタイム位置把握 あり
移動マップ履歴 あり
通話履歴(着/発信) あり 
タイピングテキスト表示 あり 
バッテリーステータス あり 
写真撮影 なし
音声録音(盗聴) なし
SMSテキスト あり 
連絡先リスト あり 

その他:LINEテキスト閲覧、画面のスクリーンショット、カレンダー確認、デバイス内のビデオ・写真を確認

 

AirDroid

開発:SAND STUDIO
評価:

機能 有無
リアルタイム位置把握 あり
移動マップ履歴 なし
通話履歴(着/発信) あり 
タイピングテキスト表示 なし
バッテリーステータス なし
写真撮影 なし
音声録音(盗聴) なし
SMSテキスト なし
連絡先リスト あり 

その他:LINEやWhatsApp、Facebookなど、許可されたアプリからの通知をコンピュータにミラーリング

 

Spy Tracker

開発:EdgBer
評価:

機能 有無
リアルタイム位置把握 あり
移動マップ履歴 あり
通話履歴(着/発信) あり 
タイピングテキスト表示 あり 
バッテリーステータス あり 
写真撮影 なし
音声録音(盗聴) なし 
SMSテキスト なし 
連絡先リスト なし

 

SMS Tracker

開発:XanHar
評価:

機能 有無
リアルタイム位置把握 あり
移動マップ履歴 あり
通話履歴(着/発信) なし
タイピングテキスト表示 なし
バッテリーステータス あり 
写真撮影 なし
音声録音(盗聴) なし 
SMSテキスト あり
連絡先リスト あり

 

Track Employees Check Work Phone Online Spy Free

開発:DoHig
評価:

機能 有無
リアルタイム位置把握 あり
移動マップ履歴 あり
通話履歴(着/発信) あり
タイピングテキスト表示 なし
バッテリーステータス あり 
写真撮影 なし
音声録音(盗聴) なし 
SMSテキスト あり
連絡先リスト あり
whatschatテキスト確認

従業員監視用のアプリ

 

Spy Kids Tracker

開発:WiDo
評価:

機能 有無
リアルタイム位置把握 あり
移動マップ履歴 あり
通話履歴(着/発信) あり
タイピングテキスト表示 あり
バッテリーステータス あり 
写真撮影 なし
音声録音(盗聴) なし 
SMSテキスト なし
連絡先リスト なし

 

Phone Cell Tracker

開発:StaHar
評価:

機能 有無
リアルタイム位置把握 あり
移動マップ履歴 あり
通話履歴(着/発信) あり
タイピングテキスト表示 あり
バッテリーステータス あり 
写真撮影 なし
音声録音(盗聴) なし 
SMSテキスト あり 
連絡先リスト あり 

 

Mobile Tracking

開発:android zone
評価:

機能 有無
リアルタイム位置把握 あり
移動マップ履歴 あり
通話履歴(着/発信) なし
タイピングテキスト表示 なし
バッテリーステータス なし
写真撮影 なし
音声録音(盗聴) なし 
SMSテキスト なし
連絡先リスト なし

 

Employee Work Spy

開発:Piter Cline
評価:

機能 有無
リアルタイム位置把握 あり
移動マップ履歴 あり
通話履歴(着/発信) なし
タイピングテキスト表示 あり
バッテリーステータス なし
写真撮影 なし
音声録音(盗聴) なし 
SMSテキスト なし
連絡先リスト あり

 

その他、GPSアプリ一覧まとめ

【 ルナスコープ】
家族を見守る位置情報アプリで、誰がどの位置に到着したら通知するといった機能もあります。
インストールするだけで、ブラウザからも居場所を検索する事が可能で、アプリには通知すら届きません。
【Prey Anti Theft】
スマホの盗難や紛失時にPCから端末を探すためのアプリ。悪用されると居場所が丸わかり
【電話発見】
電話番号を登録しておけばスマホの位置が変更したとき、リアルタイムで位置情報を提供してくれます。ウェブサイトからも位置情報を特定することが可能です。
【Zenly ゼンリー】
友達同士、位置情報を共有するアプリ。しかしながら自分はゴーストモードに設定しておけば、自分自身はステルス状態で相手の位置情報だけをゲットできます。
【GPS 電話追跡】
GPSを使った携帯電話の位置追跡アプリ

他のデバイスから位置を調べる事ができる「GPS追跡アプリ系」は数多く存在するので、全てをご紹介できません。一例として一部のみピックアップしてご紹介しました。

 

ストーカーアプリがインストールされていないか調る方法

自分のスマートホンに見知らぬアプリがインストールされていないかチェックする方法をご紹介します。

設定の「アプリ」を開き、見知らぬアプリが「位置情報」の権限を持っていたら危険です▼

さらに悪質なアプリは、「端末管理アプリの認証」の権限も利用するので、遠隔操作で様々な機能が自由に使えてしまいます。中には勝手にカメラで撮影してしまったり、通話履歴や連絡先リストを参照できる怖いアプリもあります。

それを調べる方法は、「設定」を開き「セキュリティ」から「端末管理アプリ」の順で開きます。

ここに「デバイスを探す」以外にインストールした覚えのないアプリがあれば危険です▼

ここで端末管理アプリのチェックを外して、アプリをアンインストールします。

※ 基本的には、位置情報の権限を使う見知らぬアプリがインストールされていたら、Google検索でアプリ名を検索してみて下さい
※ ここからGoogleの「デバイスを探す」機能をオフにすることも可能です

被害届を出す場合

被害届について
ストーカーアプリを発見した時、慌ててアンインストールしてしまうと、警察に届け出る際の証拠が無くなります。
もし被害届を出す予定があるようでしたら、アプリの権限を切っておけばストーカー側に何も届きません。
アプリの権限を切った状態で、アプリを消す前に警察に相談して下さい。

 

 

まとめ

最大の防衛方法は、位置情報(GPS)を常にオフにしておくのがベストです。位置情報はGoogleマップしか使わないという人なら、使う時だけオンにすれば良いでしょう。しかしながら、ポケモンGOやドラクエウォーク、歩いてポイントをゲットするウォーキングアプリなど、GPS機能を常に使うアプリを利用していれば、位置情報をオフにする事ができませんね。
またGPSをオフにしている時に、スマートホンを紛失した時に探す事ができないのは困ります。

ストーカーアプリはプライバシーの侵害だけでは無く、バックグラウンドで動き続け 一定時間毎に位置情報を取得したりするので、バッテリーの消費が激しくなります。

特にケルベロスとSpyzieは凶悪なので、実際に自分のスマートホンにインストールされていたら背筋が凍る思いがするでしょうね。

逆に浮気を疑う側は、ストーカーアプリをインストールしてしまうと罪に問われてしまうので、法的に正式な証拠としても使えるとは思えません。本気で離婚調停などに持ち込む事を想定しているのであれば、有名な【HAL探偵社】などのプロ集団に相談する事をお勧めします。

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top