スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【2018年10月版】コストパフォーマンスが高すぎるお勧め中華SIMフリースマホ5端末まとめ

最新の売れ筋 中華スマホを大雑把に分析すると、3つのタイプに分類されます。数あるSIMフリー中華端末の中で、日本でコンスタントに売れている機種は13~15種類程度。その70%以上は人気の数機種が独占している状態です。

▼ 売れ筋の中華スマホ3タイプ ▼

  1. ドコモのプラチナバンド(4G帯 Band19)に対応したエントリーモデル~ミドルレンジ端末
  2. 低価格で買えるコストパフォーマンスが高いミドルハイ~ハイレンジ端末
  3. 「OnePluis 6」「Xiaomi MI MIX 2S 」など、定番のドコモプラチナバンド対応のハイエンド端末

 

今回はこの中の「2」の「低価格にも関わらず、プロセッサーの性能が高いお勧めの端末」を5 機種ピックアップしてみます。

※ 「Antutuベンチマーク( ver7 )」は、同プロセッサー搭載の端末のスコアを参考にした値です

スポンサーリンク

Xiaomi Redmi Note 6 Pro グローバル・バージョン

価格:2万1,000円~
Antutuベンチマークスコア:約143,000

  Xiaomiの廉価レーベル「Redmi」の中の大画面シリーズ「Redmi Note」の最新モデル。今年2月に発売された前モデルの「Redmi Note 5」は 処理能力が高い低価格端末ということで 、日本では大ヒット端末になりました。新モデルの 「Redmi note 6 Pro」は、旧モデルと同じSoCのSnapdragon 636ですが、 ディスプレイサイズを拡大したノッチ画面を採用したミドルハイクラスの高コスパ端末になっています。最新のXiaomi機は、同社の独自OSのAndroidをベースとした「MIUI 9」のグローバル・バージョンが正式に日本語に対応し、格段に使いやすくなっている事も高ポイントです。

【 Redmi Note 6 Pro 仕様 】

OS MIUI 9
Android 8.1ベース
SoC Snapdragon 636
octa-core
RAM 3 GB / 4 GB
ROM 32 GB / 64 GB
MicroSD 最大 256 GB
ディスプレイ 6.26 インチ
2280 x 1080 pixels
カメラ フロント:20 + 2.0 MP
リア:12.0 + 5.0 MP
認証形式 指紋 / 顔
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
インターフェイス microUSB
バッテリー 4,000 mAh
対応バンド WCDMA:
B1 / 2 / 4 / 5 / 8
 FDD-LTE:
B1 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 20
TDD-LTE:
B38 / 40
サイズ 157.9 x 76.4 x 8.2 mm
重さ 160 g
その他 GLONASS, Beidou

【 販売価格の目安 】
32GBモデル -標準価格:2万7,000円 / セール価格:約2万1,000円 。64GBモデル-標準価格:約3万600円 / セール価格 約 2万6,000円

【GearBest販売ページ】(クーポン情報

Xiaomi Redmi Note 6 Pro (32GB / Global版)

Xiaomi Redmi Note 6 Pro (64GB / Global版)

Xiaomi Pocophone F1 グローバル・バージョン

価格:3万5,000円~
Antutuベンチマークスコア:約260,000

  Xiaomiのサブブランド「POCO」から発表されたコストパフォーマンスのみを追及した端末です。SocにSnapdragon 845、内部ストレージにはUFS 2.1を採用し、RAMは 6GB / 8GB( LPDDR4x)、Antutuベンチマークスコアは26万超え!ハイエンドクラスの処理能力を備えています。
ディスプレイは 6.18 インチ の2Kノッチ画面、更にQuick Charge3.0対応で、液冷システムを搭載、Bluetooth v5.0を採用するなど、ゲーミングスマホ並みの性能も搭載しています。それで3万円台で買えるという脅威の高コスパ端末です。しかしながら筐体がプラスチックボディである事など、コストカットのための残念な点はありますが、セカンド端末やゲーム専用機として1台欲しい端末です。

 

【 Xiaomi Pocophone F1 仕様 】

OS MIUI 9
Android 8.1ベース
SoC Snapdragon 845
Octa Core
RAM 6GB
ROM 64GB / 128GB
MicroSD 最大 128 GB
ディスプレイ 6.18インチ
2246*1080 Pixel
カメラ フロント:20MP
リア:12MP + 5MP
認証形式 指紋 / 顔
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
インターフェイス USB-C
バッテリー 4,000 mAh
対応バンド 3G: WCDMA:
B1/B2/B5/B8
4G: FDD-LTE
B1/B3/B5/B7/B8/B20
TDD-LTE
B38/B40/B41
サイズ 155.5*75.2*8.8mm
重さ 182 g
その他 GLONASS, Beidou

【 販売価格の目安 】
64GBモデル -標準価格:4万5,000円 / セール価格:約3万6,000円 。128GBモデル-標準価格:約 5万円 / セール価格 約 3万9,000円

【GearBest販売ページ】(クーポン情報

→ Xiaomi Pocophone F1(128 GB版)

→ Xiaomi Pocophone F1(64GB版)

【GeekBuying 販売ページ】(クーポン情報

→ Xiaomi Pocophone F1(128GB版)

HUAWEI Honor Play

価格:3万 7,000円~
Antutuベンチマークスコア:200,000 以上

ミドルクラス並みの価格設定で、SoCに同社のフラッグシップ機「HUAWEI P20 Pro」と同じ「Kirin 970」を採用したハイエンド端末。最大の特徴は「GPU Turbo (ターボ)機能」により、ゲームプレイ時にGPUをブーストされ、旧モデルのプロセッサー(Kirin 960)と比較すると、グラフィック性能を最大60%まで向上し、さらに消費電力が最大30%低減されます。これにより3Dをグリグリに使った高負荷なモバイル向けゲームでも快適に遊ぶ事が可能です。
3万円台で買えるトップクラスの処理能力を備えたSIMフリースマホです。

 

【 HUAWEI Honor Play 仕様 】

OS EMUI 8.2
Android 8.1 Oreoベース
SoC Kirin 970 Octa Core
GPU Mali-G72 MP12
RAM 4 GB / 6 GB
ROM 64 GB
MicroSD 最大 256 GB
ディスプレイ 6.3 インチ
1080 x 2340 pixels
(フルHD+)
カメラ フロント:16 MP
リア:16.0 + 2.0 MP
認証形式 指紋 / 顔
Wi-Fi 802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth 4.2
インターフェイス USB-C
バッテリー 3,750 mAh
対応バンド 3G: WCDMA
B1 / B5 / B8
TD-SCDMA:
B34 / 39
4G: FDD-LTE
B1 / B3 / B5 / B8
TD-LTE
B34 / B38 / B39 / B40 / B41
サイズ 157.91 x 74.27 × 7.48 mm
重さ 176 g
その他

【 販売価格の目安 】
RAM 4 GBモデル標準価格: 4.5万円 、セール価格: 約 3 万7,000円 。RAM 6GB モデル標準価格:5 .5万円 /セール価格: 約4 万円

【GearBest販売ページ】(クーポン情報
HUAWEI Honor Play (64 GB / Global Ver)

【ETOREN(イートレン)販売ページ】→ HUAWEI Honor Play

【Banggood 販売ページ】(クーポン情報

HUAWEI Honor Play

【GeekBuying 販売ページ】(クーポン情報

HUAWEI Honor Play

Huawei Honor 10 Global Version

価格:4万 2,000円~
Antutuベンチマークスコア:200,000 以上

SoCにHUAWEI Kirin 970を採用したハイエンド端末。リアカメラに20.0MP  + 16.0MPの高画質デュアルカメラを搭載していおり光学2倍相当のズーム、人物をキレイに撮れるポートレートモード、背景・前景ぼかしモードも備えています。またフロントカメラには26MPの超高画質レンズを採用し美しいセルフィー写真を撮影できるのが特徴です。
基本性能も高く4万円台で手に入るKirin 970搭載のハイエンドスマホなので、総合的なコストパフォーマンスが非常に高い端末です。
OS  EMUI 8.1
(Android 8.1ベース)
SoC HUAWEI Kirin 970
Octa-core
RAM 4 GB
ROM 128 GB
カメラ フロント: 26.0MP
リア: 20.0MP + 5.0MP
ディスプレイ 5.84インチ
2280*1080 Pixel
バッテリー 3,200mAh
対応バンド 3G: WCDMA
B1/B2/B5/B6/B8/B19
TD-SCDMA
B34/39
4G: FDD-LTE
FDD-LTE B1/B3/B5/B7/B8/B19/B20
TD-LTE
B38/39/40/41

【 販売価格の目安 】
標準価格: 6.5万円 、セール価格: 約4万 3,000円

【GearBest販売ページ】(クーポン情報

→ HUAWEI Honor 10 Globalモデル / ブラック・ブルー

Nokia X6 2018 ( 6.1 Plus )

価格:2万4,000円~
Antutuベンチマークスコア:約143,000

中国で5月に発売され、現地では売り切れ状態が続いた人気の高コスパ端末です。現在、Globalバージョンの発売はされていませんが、Google Playがインストールされたインターナショナル・バージョンが販売されています。
あまり話題になりませんが、プロセッサーにSnapdragon 636を搭載した高コスパ端末という事で 日本でもコンスタントに売れ続けている端末です。

【 Nokia X6 仕様 】

OS Android 8.1(Oreo)
SoC Qualcomm Snapdragon 636
GPU Adreno 509
ディスプレイ  5.8 インチ
2280 x 1080 Pixcels
FHD+
RAM 4 GB/ 6 GB
ROM 32 GB / 64 GB
カメラ フロント: 16.0MP
リア: 16.0MP + 5.0MP
microSD
スロット
最大 256 GB
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋 / 顔
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac
Bluetooth 5.0
バッテリー 3,060 mAh
対応バンド 3G  WCDMA:
B1 / 2 / 5 / 8
TD-SCDMA:
B34 / 39
4G  FDD-LTE:
B1 / 3 / 7 / 8 / 20
TDD-LTE:
B37 / 38 / 40
インターフェイス USB Type-C
 サイズ 14.72 x 7.10 x 0.80 cm
 重量 155 g
その他 GLONASS, GorillaGlass 3.0

【 販売価格の目安 】
4GB + 64GBモデル標準価格: 3万円 、セール価格: 約2万4,000円 。6GB + 64GBモデル標準価格:3万20,000円 /セール価格: 2万7,000円

【GearBest販売ページ】(クーポン情報

Nokia X6 (4GB + 64GB / インターナショナル版)

Nokia X6 (6GB +64GB / インターナショナル版)

高コスパの中華スマホ まとめ

「Xiaomi Redmi Note 6 Pro 」「Nokia X6」は共に、プロセッサーに 「Snapdragon 636」を載せているにも関わらず、2万円強で買えてしまうのは凄いですね。
スナドラ636はAsusの最新機「ZENFONE 5」にも採用されている、ミドルハイ端末向けに開発されたプロセッサーです。Zenfone 5の 標準価格が 5万2,000円なので、コストパフォーマンスの高さが際立ちます。今回ご紹介していませんが、6.9インチの巨大ディスプレイ端末「Xiaomi Mi Max 3」も同じSoCを積んで3万強で買える事から地味に人気です。

一方「HUAWEI Honor Play」は、この処理性能で3.7万から買えるので、文句なしの高コスパ中華スマホでしょう。しかしながら同プロセッサーに加えて、ドコモプラチナバンドに対応した「 HUAWEI Honor 10 」もセール価格で4.2万円程度まで下がってきており、OnePlus 6より売れている総合でナンバー1人気の機種になっています。

ちなみに「HUAWEI Honor Play」「Xiaomi Redmi Note 6 Pro 」は、発売されたばかりですが、日本での滑り出しは好調です。

割引クーポンが発行されている場合があります。下記ページからチェックしてみて下さい

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top