スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

低価格でドコモB19と4G+4GのDSDSに対応した中華スマホ「UMIDIGI A1 Pro」【スペックレビュー】

中国のスマートホンメーカーUMIDIGI ブランドより新端末『UMIDIGI A1 Pro』が発売になりました。

こちらの端末はドコモのプラチナバンドB19対応で、1.5万円の価格にも関わらず顔認証Face ID、インターフェイスにUSB Type-Cを採用しています。またデュアルVoLTEをサポートした新SoC「MT6739」を搭載していますので4G+4GのデュアルSIM,デュアルスタンバイに対応しているのが最大の特徴です。

スポンサーリンク

UMIDIGI A1 Pro スペック

UMIDIGI A1 Pro仕様

CPU MT6739 Quad Core 1.5GHz
GPU IMG 8XE 1PPC 570MHz
OS Android 8.1
RAM 3GB
 ROM 16GB
画面サイズ 5..5インチ
720×1440 pixels
 カメラ画質 リア:13MP+5MP
フロント:5MP
microSD
スロット
最大 256GB
SIMカード nanoSIM+nanoSIM
DSDS
Bluetooth  v4.0
Wi-Fi Wi-Fi 802.11b/g/n
 バッテリー 3,150mAh
 入出力端子 USB-C
 サイズ 145.3*69.1*8.5mm
 重量 173g
ネットワーク 3G: WCDMA
B1/2/4/5/8
4G LTE: FDD
B1/2/3/4/5/7/8
12/17/19/20
LTE TDD
B38 / 40/41
その他 GLONASS対応

 

筐体レビュー

筐体はiPhone8以降と同様のガラスボディを採用し、美しい4Dカーブデザインとなっています▼マルチレイヤープロテクションとしていますので、アルミフレームなどで淵を保護している感じです

ディスプレイは5.5インチ、上下のベゼルを削ることで5インチ端末と同じ程度の端末サイズで5.5インチを実現しています。アスペクト比18:9.の今流行りの縦長画面です。

またホームボタンを含めナビゲーションは全て画面内のオンスクリーンキーのようです▼

認証は背面の指紋認証に加えFaceID対応▼

端末下面にはUSB-Cと3.5インチステレオジャック▼

内部レビュー

SoCはMediatec社製の新SoC「MT6739」を搭載しています。ベンチマークスコアは発売済みの他の端末を参考にするとantutuベンチマーク36,000前後のエントリーモデルと予想されます。
RAM3GB, ROM容量16MBと少し物足りないですが、外部SDカードが最大256GBまで挿す事が可能です。またディスプレイサイズが720×1440 pixels止まりなのが少し残念です。

インターフェイスにUSB Type-Cを採用しており5V / 2Aの急速チャージが可能です▼

OSはAndroid8.1を採用▼

対応バンド、SIM

SIMカードスロットは端末上部についており、1つのスロットはMicroSDカードとの共用となっています▼

UMIDIGI A1 Pro の最大の特徴は、4G+4GのDSDSデュアルスタンバイに対応している事と、ドコモのプラチナバンドB19に対応している点。キャリアSIMと格安SIMの2枚挿しでデータ通信料の節約に活躍しそうです。欲を言えばドコモのFOMAプラスエリア(WCDMA B6)に対応していれば最高でしたね。

 

対応バンド

3G: WCDMA:B1/2/4/5/8
4G LTE: FDD:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20
LTE TDD:B38 / 40/41

 

カメラ性能

フロントカメラ: 5.0MP(f / 2.4)、フロントフラッシュライト
リアカメラ: 13.0MP + 5MPのデュアルカメラ(5素子レンズ、f / 2.0)。F2.0のサムソン社製のセンサーを採用しておりボケ効果のある撮影が可能です。

まとめ

カラーはブラック(Pitch Dark), ブルー(Icy Blue), シルバー(Moonlight Silver)の3色

日本での使用に魅力的なエントリー端末が販売されましたね。他の端末はハイエンドでも3G+4GのDSDSにしか対応していないので、デュアル4GのDSDSは嬉しい仕様です。それに加えドコモのB19対応、FaceID, USB Type-Cまで搭載した低価格端末は初めてではないでしょうか。中華スマホも日本を意識したスペックの商品が増えてきていますが、最近ようやくエントリーモデルでも使える端末がでてきましたね。激しいゲームをプレイしないユーザーには十分なスペックだと思います。

現在「UMIDIGI A1 Pro」の取り扱いは、海外通販サイトのBanggoodとAliExpressの2社のみで、Banggoodでは4月9日に予約販売が開始されます。

 

Banggood売り場:UMIDIGI A1 Pro

Banggoodとは

Banggood』とは、主に中国・台湾メーカーのスマートホン・PC・タブレット・ガジェット中心の通販サイトで、ホビーや衣料品まで幅広く扱っている海外最大級の通販サイトです。
ほとんどの物が送料無料で買う事ができてしまいます。

Banggoodで買い物した事が無い方は下記エントリーを参考にしてください

今回は人気の海外通販サイト『Banggood』での買い物方法をご紹介します。『Banggood』はGearBest、Geekbuyingと並んで人気の中華系通販サイトです。中国系のスマホ・タ…

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top