LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【Googleフォト】あと1週間で容量15GB制限開始!!整理小ワザ・代わりのサービスの比較

2015年にGoogleフォトがリリースされて以来、「高品質」での無制限の量の写真をアップロードする機能を提供していました。
しかしながら突然、2021年 6月1日から、Googleアカウント全体のストレージ制限である15GBにカウントされることを発表しました。

発表当時は、世の中がパニック状態でしたね。15GBを超えて詰め込んでいる方は対策や引っ越しはお済みでしょうか?

過去に私は、ハードディスクが壊れたり、DVDデータの消失、ストレージ代わりに使っていたサービスの停止など、データが全てロストした経験が何度もあります。
その経験から大切なデータは、RAID機能付きのNASと複数のサービスに分けて保存しています。Googleの制限化も予想していましたので、メディアデータのオンラインストレージの分散は万全です。

しかしながら、Googleフォトを使ってデバイス間のデータを共有していたので、正直痛いです。メインのアカウントは、Googleサブスク(Google One)に加入するか整理の必要があります。

今回はGoogleフォトの制限化に備えた小技と、6月以降の代替サービスについてまとめてみました。

 

無制限撤廃

2020年11月12日の午前3:02に突然、Googleフォトの公式ツイッターアカウントより、容量の制限に関する内容をツイートで発表しました。

2021年6月1日以降、アップロードした新しい 写真や動画は、すべてのGoogleアカウント(Googleドライブ/Gmail)の無料の15 GBのストレージ、またはGoogleOneメンバーとして購入した追加のストレージにカウントされます。
Googleは、変更の理由はユーザーに高品質のエクスペリエンスを提供するためであるとしています。

 

アップロード済の高品質の写真とビデオ

2021年6月1日以降にアップロードされた写真のみが、すべてのGoogleアカウントに付属する15 GBの制限、またはGoogleOneを介して購入された追加のストレージ容量にカウントされます。

それ以前にアップロードした画像・動画については対象外となり、容量を使い切っている場合は6月以降は追加のアップロードができなくなります。

公式の記事はこちら➡Updating Google Photos’ storage policy to build for the future

 

小ワザ

制限化の前にアップロードした画像・動画については対象外となりますので、それまでに詰め込んでしまうというのもアリだと思います。

また普段使いのアカウントにアップロードしていた画像や動画は、倉庫用のアカウントを作って移してしまい、6月には 15GBまるまる使える状態にしておくという方法も使えますね。

データの一括移行方法はこちら▼

Googleの「高画質」画像の無料・無制限バックアップサービス「Googleフォト」では、サービス開始以来、「高品質」での無制限の量の写真をアップロードする機能を提供していました。しかしながら、2021年 5月31日をもって、無料・無制限のサービスを終了となります。2021年 6月1日からは、Googleアカウント全体のストレージ制限である15GBにカウントされることを発表しました。Googleフォトの容量をあてにしていたユーザーからは、Amazonフォトへの移行を考えているという意見も多く、「Amazonフォト」がトレンド入りしています。今回は...

注意点:Gmail、Googleドライブ、Googleフォト、それぞれのサービス利用が2年間なかった場合、利用がなかったサービスのみが削除されます。
倉庫として詰め込んでアクセスしないで放置していると、気が付いたら削除されている危険性がありますね。

 

代替サービスについて

 

Google One

そのままGoogleフォト、driveを使い続けたい場合、追加ストレージの容量は、Google Oneを介して追加のストレージを購入することができます。Google Oneは現在、100 GB が月額 250円からとなっています。

  月額料金(年払い)
15GB 無料
100GB 250円(2,500円)
200GB 380円(3,800円)
2TB 1,300(13,000円)

※ 有料プランは、  Google からの特別サポート、ファミリーとのプラン共有、メンバー向けのその他の特典が利用可能です

 

OneDrive

OneDriveとは、マイクロソフトが提供するオンラインストレージ。Windowsのバックアップ先としてもデフォルトで設定されています。
Microsoftアカウントには無料の 5GBの容量が付属していますが、月額 224円で100GBまで容量が増やせます。

今まで Microsoftオフィスの買い切り版や互換アプリを使っていた方は、この機会にMicrosoft 365 Personalに加入するというのも一興かもしれません。1TBのオンラインストレージ容量が使えて、さらにOffice365まで使えるようになります。

  月額料金(年払い)
5GB 無料
100GB ¥224/月
1TB
Microsoft 365 Personal
¥12,984 /年

Dropbox Plus

ネットストレージの定番のDropBoxは、色々なアプリやサービスと連携が可能です。引っ越し先の有力候補だと思います。
またDropBoxはWEB会議サービスのZoomと連携する事が可能なことから、昨今のテレワーク需要から加入が加速しています。

無料プランでは、デバイスの接続が3台まで、容量が2GBまでと窮屈で実用的ではありません。Googleフォトからの引っ越し先として使うには有料プランのPlus以上への加入が必須です。

またDropboxの有料プランは、直接Dropboxから契約するのではなく、ソースネクスト経由で有料プランへの契約 するのがお得です。
現在、無料プランを使い続けていて、有料プランへの変更を考えて居るユーザのみならず、有料プラン契約中の方も安く継続・期間の延長する事ができます。

Dropbox Plusをメーカー公式サイトでを契約すると 47,520円/3年 (毎月払い1,320円/月)。 ソースネクスト経由で購入すると31,680円/3年(毎月払い880円/月)になります。2年分の価格で3年間契約出来る事になります。

ソースネクストでDropbox Plusのライセンスを購入すると、今現在「Dropbox Basic(無料)」を使っている場合、そのアカウントをアップデートする事が可能です。
また、すでに「Dropbox Plus」を契約中の場合、継続用のライセンスとして利用する事も可能です。
※ライセンスの継続方法などの詳細は、ソースネクストの購入ページの下にQ&Aとして表記されています。

Dropboxユーザーは、常にソースネクスト経由で有料ライセンスを購入・継続すべきと覚えて置いて下さい。

→ ソースネクスト版 Dropbox Plus

 

Amazon Photos

写真のみであれば、Amazonのフォトストレージサービス「Amazon Photos」が手っ取り早いです。プライム会員なら無料で利用する事が可能で、無圧縮のオリジナル画像(RAWファイルにも対応)を容量無制限で保存する事ができます

動画も保存できますが、Amazon Driveの上限までとなっています。動画については他の方法を考える必要がありますね。

Amazonプライムフォトは、Webブラウザ上での管理はもちろん、PCやスマートホンのアプリでも同期・管理が可能となっています。

開発:AMZN Mobile LLC
評価:

icon-itunes

PC版Amazon Photosアプリ

 

対応RAWファイルについて

Amazonフォトでは、各種RAWデータに対応していますが、メーカーやファイル形式によっては注意が必要です。

以下のRAWファイルであれば、Amazon PhotosおよびAmazon Driveで写真ファイルとして認識されます。ただし、プレビューは閲覧できません。対応するファイルの種類は、変更される可能性があります。

Nikon(NEFファイル)-Nikon D1、Nikon D1X、Nikon D4、Nikon Coolpix A、Nikon E5700、Nikon AW1、Nikon D800、Nikon D50、Nikon D610
Canon(CR2ファイル**)-Canon 5D、Canon 1D、Canon 1D MarkIIN、Canon Rebel SL1、Canon 60D、Canon 5D MarkIII、Canon 1D MarkIV
現在のところ、ARW (Sony)、CRW(Canon RAW CIFFイメージ)、またはORF (Olympus) のファイルは、Amazon Photosで写真ファイルとして保存できます。ただし、プレビューは閲覧できません。この種類の写真を表示するには、アカウントから写真をダウンロードし、適切なプログラムを使用して開いてください。
ヒント: RAW写真ファイルが写真として認識されない場合は、ファイルをDNG (Adobe Digital Negative) に変換すると解決する場合があります。
**Amazon Driveでは、これらのファイルを写真と認識しますが、(撮影日や撮影時間などの)一部のファイル情報は読み込まれない場合があります。

デジタルサービス ヘルプ より

ARW (Sony)、CRW(Canon RAW CIFFイメージ)、またはORF (Olympus) のファイルは、写真ファイルとして保存はできますがプレビューサムネイルが表示されません。
公式には表記は表記されていない形式については、私はPanasonicのミラーレス一眼を使っていますが、パナソニック(RW2)ファイルが写真ファイルとして認識され、プレビュー画像も確認できています。口コミを読むと富士フイルム(RAF)や ペンタックス(PEF)も写真ファイルとして保存され、プレビュー画面も表示されるようです。

Amazon Photosの無課金アカウントでは、写真として認識されないファイルと動画は10GBの制限があります。

関連記事:Amazon Photosは超便利!プライム会員は無料の無圧縮・容量無制限のフォトストレージの使い方

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top