LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

「Xiaomi POCO X3」低価格でゲーミング要件を満たすコスパ追求モデル!スペックレビュー

中国メーカーXiaomiのサブブランドPOCOより、ミドルアッパーレンジのゲーミング端末「POCO X3」が発売されました。

X3は、コスパ追求スマートホンの「POCOシリーズ」からリリースされたモデルで、ハイエンドモデルPOCO F2 Proの下位モデルとなります。

POCO X3 スペック

OS MIUI 12 for POCO
Android 10ベース
SoC Snapdragon 732G
ディスプレイ 6.67 インチ
1080 x 2400 Pix
RAM 6 GB
ROM 64 GB / 128GB
外部ストレージ 最大 256 GB
MicroSD
リアカメラ 6,400万画素(F/1.79):広角
1300万画素(F/2.2):超広角
200万画素(F/2.4):マクロ
200万画素(F/2.4):被写界深度用
フロントカメラ 約 2,000万画素(F/2.4)
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋 / 顔
防水 IP53(日常防水)
NFC 対応
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac 
Bluetooth 5.1
バッテリー 5,160 mAh
対応バンド 3G WCDMA:
B1/B2/B4/B5/B8
4G LTE FDD:
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B20
4G: LTE TDD:
B38/40/41
GPS GPS/ A-GPS / Beidou /GLONASS
インターフェイス USB-C
 重量 215 g
 サイズ 幅76.8mm
高さ165.3mm
厚さ9.4mm

 

筐体レビュー

ディスプレイは、6.67インチの大画面。解像度は2,400×1,080のFHD+のIPS液晶画面。アスペクト比20:9。
HDR10+規格に準拠する高ダイナミックレンジの再生に対応しています。
画面はGorilla Glass 5でコーティング保護されています

 

画面占有率は91.25パーセントと非常に高く、フロントカメラは、画面中央上に配置されたパンチホール内に格納されています。リフレッシュレート120Hz駆動。240Hzのタッチサンプリングレートに対応した「DynamicSwitch」機能を備えており、繊細なタッチレスポンスを必要とするゲームにおいて、抜群の操作性を可能にします。

 

カラーバリエーションは、コバルトブルー, シャドーグレーの2色展開。背面にはPOCOのロゴが入っています

 

生体認証は、端末側面の電源ボタンによる指紋認証システム。端末サイド認証は、認証率の悪い画面内認証や邪魔な背面認証と比べ、効率的という事で人気がありますね。また簡易的な顔認証にも対応しています。

 

機能

バッテリー

バッテリー容量は5,160mAh。動画再生は最大で17時間、ゲームプレイ10時間が可能としています。
最大で33Wの急速充電に対応しており、30分で62%の充電が可能。フル充電は65分で完了します。

 

冷却システム

Pocoシリーズは、端末冷却システムに力を入れており、「LiquidCool Technology 1.0 Plus」では、熱伝導性ゲルを多層グラフェン、グラファイト素材、ベイパーチャンバー(VC)の3層構造により冷却しています。

 

バイブレーション機能

バイブレーションは、Z軸リニア駆動するモーターを搭載しており、ゲーム機並みの繊細な振動パターンの再現が可能です

ステレオスピーカー

デュアルステレオスピーカーを搭載しており、端末を横にした時に左右から再生されるので、ゲームの没入感がアップします。またハイレゾオーデオに対応しています。

 

カメラ性能

リアカメラの構成は、SonyのフラッグシップイメージセンサーIMX 686を採用した6,400万画素(F/1.75)のメインカメラ。 1,300万画素、視野角123度(F/2.4)のウルトラワイドレンズ。200万画素(F/1.8)のマクロレンズ、被写界深度用の200万画素のTofレンズが搭載されたクアッドカメラ。動画撮影に関しては4K/30fpsまで

超広角レンズの視野角は119°

 

フロントカメラは、2000万画素(F/2.2)

 

プロセッサー/メモリー

プロセッサーには、クアルコムのミドルレンジ向けチップセット「Snapdragon 732G」を搭載しています。2020年9月にリリースされたばかりです。
Xiaomiから発表されているAnTuTuスコアの総合は 301,581ポイント。前モデルの730Gと比べCPUのグラフィックレンダリング性能が15%、CPUのクロックスピードは2.2GHzから2.3GHzに上がっています。
また快適なゲームプレイを提供するという「Snapdragon Elite Gaming」にも対応しています。
型番末尾にゲームのG(732G)がつくSoCを採用した製品だけあって、高付加が掛かるゲームでもサクサク動きます。

メモリ/ストレージの組み合わせは、(RAM / ROM )6 GB + 64 GB / 6GB + 128 GB の2種類の構成のモデルが用意されています。

 

対応バンド

SIM1 , 2の両スロットが4G対応なので、デュアルVoLTE待ち受けが可能です(DSDV)

ドコモ:4G帯(LTE)主要バンドであるB1、東名阪の高速通信バンドB3に対応していますので、都市部での使用は問題ありません。しかしながら 高い建物の影や地下、郊外に強いプラチナバンドB19には非対応です。また3G帯のプラスエリアB6には未対応なので、僻地や山間部で若干電波が掴みにくくなります。

SoftBank(Y!モバイル):LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8の全てに対応していますので、日本国内での使用は問題はありません。

AU:主要バンドのB1に対応していますが、プラチナバンドB26(18を内包) に未対応なので、ごくごく狭いエリアでの使用に限られます。また通話に3G帯 BC0(CDMA2000) を使用する非VoLTE SIMには未対応となります。

【 対応バンド 】
3G WCDMA:
B1/B2/B4/B5/B8
4G LTE FDD:
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B20
4G: LTE TDD:
B38/40/41

Poco X3まとめ

ざっくりまとめ
 とにかく高コスパ
 低価格でゲーミング要件は満たしている
 120Hzの高リフレッシュレート対応
 Wifi-6(ax)非対応
 冷却機構によりプロセッサーの性能を最大限利用可能
 Qiワイヤレス充電非対応

 

Antutuベンチマークスコア約30万のSoC(SD 732G)を搭載し、画面はリフレッシュレート120Hz駆動+240Hzのタッチサンプリングレートに対応。更には低遅延のBluetooth5.1を採用しており、大容量バッテリー、デュアルステレオスピーカーを搭載、端末の過熱対策もしっかりしています。欲を言えばWifi6(ax)に対応して欲しかったですが、低価格にも関わらずゲーミング要件は十分に満たしていますね。

上位モデルの「POCO F2 Pro」は、ハイエンド向けSoCの SD865 を搭載し、メモリは新世代LPDDR5規格、ストレージはUFS 3.1規格を採用するなど、高性能で高コスパを目指していました。
しかしながらリフレッシュレート60Hzに絞っており、ゲーム用途には不向きなコストカットをしていました。逆にX3は、SoCをミドルレンジモデルとし、メモリは旧規格(LPDDR4x)を採用するなど、F2 Proと好対照の方向にコストを抑えていますね。

POCO X3は、「10万円をこえる強烈なゲーミングスマホまでは不要」という人には丁度良いゲーム向け端末です。

 

 価格・販売

  • RAM 6GB+容量 68GBモデル:299.99ドル(約31,600円)
  • RAM 6GB+容量 128GBモデル:329.99ドル(約34,850円)

海外ECサイトでもグローバルモデルの取り扱いを開始されており、発売記念のプリセール価格で販売されています。

商品名 クーポン 価格 期間
Xiaomi POCO X3 
6+128 GB
プリセール $ 329.99
$ 249.00
~9/20
Xiaomi POCO X3
6 GB + 64 GB
プリセール
250台のみ
$ 299.99
$ 199.00
~9/30
Xiaomi POCO X3
6 GB + 128 GB
プリセール $ 329.99
$ 249.00
~9/30

 

ECサイト/割引クーポン

今回ご紹介した端末は、セール対象になっている事が多く、割引クーポンが発行されている場合があります。
下記ページからチェックしてみて下さい

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top