LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

ハイエンドSnapdragonシリーズキラー?Dimensity 2000が今年末発表

台湾の半導体メーカー「MediaTek」が、同社が製造するスマホ向け5Gフラッグシップチップを今年末に発売すると発表しました。
Gizchinaのリーク情報によるとチップの名称は「Dimensity 2000」となるとの事。

Dimensity 2000の性能

Dimensity 2000はTSMCの4nmプロセスで製造され、CPUにARM Cortex-X2およびA9、GPUにG79を採用。CPU性能はQualcommの次期フラッグシップSoC「Snapdragon 898」と同等としています。
GPU性能は、Snapdragon 888よりも消費電力を抑えつつ、高い処理性能を実現しています。

Dimensity 2000搭載スマホの価格

当初は、このプロセッサを搭載したスマートフォンは600ドルと700ドルになると予想されていました。
しかしながら、アナリストによると、性能的にはQualcommの次期フラッグシップSoC「Snapdragon 898」と競合しますが、価格は遥かに安価に提供できるとしています。
今回のリーク情報では、搭載スマートフォンの価格は$450(約49,000円)と大幅に安く提供されると予想しています。

クアルコムの市場に大ダメージを与える可能性がでてきたようです。

source:Gizchina

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top