スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【掃除・修理】iPhoneが充電できない「このアクセサリは使用できない可能性があります」と表示された時の対処法

充電器に挿してしておいたiPhoneを持ち出そうとした時、全く充電ができていなかったという経験はありませんか?
またiPhoneでは「このアクセサリは使用できない可能性があります」と表示されてしまい充電が開始されないという事も珍しくありません。そんな時には最初にケーブルの品質や劣化を疑いますよね。私の身近な友人達は「ライトニングケーブルは消耗品」と諦めてジャンジャン買い換えていました。
しかしながらケーブルが断線していない時には、自分で洗浄するだけで簡単に復活できる可能性が高いのです。
そこで今回はiPhone / iPadが充電できない時の対処方法をご紹介します。

スポンサーリンク

最初のチェック項目

ケーブルが断線している(切れている)場合、テープなどで修理せず諦めて買い換えるようにして下さい。つい先日セロハンテープで補修して使っていた海外の女子高校生が感電して死亡したケースがありました。
またApple認証(Mfi認証)を受けていないライトニングケーブルの場合、最初は使えていてもiPhoneが受け付けてくれなくなる事が多いです。ケーブルを裏返して挿し直したりする事で一時的に使えるようになる事もありますが、頻繁に起こるようになりますのでMfi認証のケーブルのご使用をお勧めします。

ライトニングケーブルの洗浄

まず最初にライトニングケーブルの端子部分をチェックしてみて下さい。
汚れがついている場合、そこを掃除するだけで再度使用可能になります▼

この時、端子部分が欠けていたり剥がれている場合には買い替えが必要です。虫眼鏡やカメラのマクロ撮影などで拡大してチェックしてみて下さい。
端子が擦り減って寿命のケーブル▼

接点復活剤でクリーニング

洗浄には「接点復活剤」を使用します▼

【接点復活剤とは】
弱電を扱う電子機器の金属接点の防錆、潤滑、洗浄や状態の維持するための薬剤です。スプレー式の接点復活剤が主流になっています。
家電の調子悪い時、接点部をクリーニングするだけで復調する事が多いので一家に一本常備しておくと便利です。

接点復活スプレーをペットボトルのフタに少し出して溜めます▼

麺棒の先に復活剤を付けて、ライトニングケーブルの端子部分を拭き取ります。この時に掃除するのは端子部分のみで良いのですが、根元や他の金属部分が汚れているとiPhoneg側のポート(端子)が汚れる原因になりますので一緒に清掃しておきましょう。これで充電できなかったライトニングケーブルが復活していると思います。

見違えて綺麗になりました▼

端子が錆付いている時の対処法

ライトニングケーブルの端子が錆びている時には接点復活剤では掃除しきれません。この場合、細かいサンドペーパーで錆びを落とすのが基本ですが、私は削り過ぎが怖いので金属鏡面仕上げ用の定番「PiKAL」を使って時間を掛けて錆びを落としています。

ピカール金属磨 300g

iPhone側のライトニングポートの清掃

どのライトニングケーブルを使っても充電できない場合、iPhone側のライトニングポートが汚れている事が考えられます。

ライトニング端子は画面側のみ▼

最初にエアダスターなどでポート内の埃などを吹き飛ばします▼

次にiPhoneのポートを接点復活剤で清掃します。接点復活剤は液体なので故障の原因になります。直接iPhoneのポート内に噴射しないで下さい。
最新のiPhoneは防水なので大丈夫だとは思いますが、拭き取り忘れなどでショートの危険もあります。

ポートに麺棒は入りませんのでティッシュを爪楊枝などの先に巻きつけます▼

こよりの先に接点復活剤を付けて拭き取るように掃除します▼端子が汚れて充電トラブルが多かったiPhoneや iPad端末は、これだけで大幅に改善されると思います

iPhoneが充電出来ない時の対策まとめ

大手メディアではiPhoneが充電できない時には、再起動やiOSのアップデートなどソフト的な対処法ばかりを紹介しています。しかし実際には物理的な要因で充電できないケースがほとんどなので、何度再起動しても直らないものは直りません。
実は当ブログで「接点復活剤を使ったiPhoneのクリーニング記事」を書いたつもりでいました。最近、この記事の内容を知人に教える必要がありましたが、ブログ内の記事を幾ら探してもAndroid版の記事しか見当たらず慌てて記事に起こしました。

数日前に知人達との会話の中で「最近のライトニングケーブルは寿命短いですよね?」と数人が訴えていました。案の定、彼らのiPhoneポートを覗くと端子の色が見えない程に汚れている端末までありました。モバイルバッテリーと一緒に持ち歩いているライトニングケーブルの端子が汚れていた人も居ました。
その後、彼らは接点復活剤で掃除をして、今では快適に充電できるようになったようです。しかし彼らはここ数年でライトニングケーブルを大量に買い換えていたそうです。ほとんどが使えるケーブルだったのだと思います。もったいないですね。
接点復活剤はスマートホンのみならず、USBメモリやSDカードなどは端子を掃除すると読み書きが高速化します。端子の掃除は大切です。

KURE 接点復活スプレー #1424 220ml
The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top