【iPhone8・iOS11対応】アプリの管理機能(AppStore)が消えた新iTunesでAppストアから消されたアプリを復元する方法

   

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

iPhone8の発売でiCloudやiTunesを使ってアプリをバックアップ・復元した方も多いと思います。それに伴い、iTunesがv12.7に大型アップデートされましたが、その事によりAppストアから消された(リジェクト)アプリが復元できないという状態になっています。

しかしながらパソコンの中にバックアップしてあるiOSアプリは、新iTunesでも復元できる事が判明しました。そこで今回は、最新iTunesを使ってバックアップしたアプリを復元する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

iTunesからアプリ管理が消滅

iTunesの大型アップデートにより、v12.7からはApp(App Store)の項目が消滅しました。これによりiTunesを使ったパソコンでのアプリ管理ができなくなりました

旧バージョンのiTunes▼

 

iTunes v12.7からはAppの項目が消えています▼

これにより、旧端末で入っていたAppストアからリジェクト(消された)アプリは実質復元不可能になってしまいました。
写真袋、動画コンテナ、MusicFMなどのリジェクトされたアプリを使っている方は、新iPhoneに乗り換える時には注意が必要ですね。

PCに保存したアプリをiPhoneに復元する方法

旧iTunesでAppイメージを保存したアプリは、パソコン内に保存されています。

 

Mac: /Users/username/Music/iTunes/iTunes Media

Windows 7以降: C:\Users\username\My Music\iTunes\iTunes Media

 

「.ipa」としてアプリイメージが保存されています▼

【アプリイメージの保存について】

iTunesを使ってバックアップしただけではPC内にアプリは保存されていません。
アップデート前の旧iTunesを使える場合、App欄を開くとこれまでに購入したアプリがリストで表示されるので、保存したいアプリのダウンロードアイコンをクリックして保存しておく必要があります。

 

iTunesを開きipaファイルを「自分のデバイス」上にドロップ▼

 

iTunesに同期中:xxxiPhone「変更が適用されるのを待っています」と表示され、iPhoneに転送されます▼

 

iPhone側の更新マークが消えたら完了▼

これで同期が完了です。iPhoneにアプリが復元され起動する事が可能になります。

※ipaファイルが残っていてもiOS11以降に対応していないアプリが多いので、動かないアプリは諦めるしかありませんね

ソース:lifehacker

まとめ

iOS11より32bitアプリも動かなくなりました。まだOSをアップデートしていない人は動かなくなるアプリをチェックしてみて下さい。

設定アプリを開き「一般」⇒「情報」を開くと一覧で表示されます▼

また今日現在、iOS11では動作が不安定なアプリが非常に多いです。日常に欠かせないアプリの公式ページをチェックしてからアップデートするのが得策でしょう。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード 【iPhone8・iOS11対応】アプリの管理機能(AppStore)が消えた新iTunesでAppストアから消されたアプリを復元する方法"

 - iphone, 情報・裏技 , , ,