LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【JamesDonkey RS4実機レビュー】有線、無線での接続が可能なリニア軸TKLゲーミングキーボード

キーボードメーカーの JamesDonkey(ジェームス・ドンキ―)から発売された、『JamesDonkey RS4』が手元に来ましたので、さっそくレビューしたいと思います。

『JamesDonkey RS4』は、TKLキーボード(テンキーレス)の87キーのゲーミングキーボード。Type-Cケーブルを用いた有線使用のほか、Bluetooth、2.4GHzワイヤレスによるワイヤレス接続も可能なモデルとなっています。

JamesDonkey RS4スペック

スイッチの押下圧:50g
キーストローク:4mm
アクチュエーションポイント:2.0mm
キーボードレイアウト:87キー英語配列
接続インターフェイス:USB-C
ケーブル長:1.8m
バッテリー容量:4,000mAh
重量:780g

 

開封レビュー

【パッケージ内容】
・JamesDonkey RS4本体x 1
・接続用USBケーブル
・キーキャッププーラー x 1
・USBType-Cコネクタケーブル
・USBType-C➡USBType-Aアダプター
・ワイヤレスUSB2.4GHzアダプター。
・ユーザーガイドx 1

 

筐体

このキーボードは、10キーレスタイプで余白も少ないのでコンパクトです。パームレストが無いタイプなので更に小さく感じます。
本体はアルミ合金フレームで、キートップは赤と黒の2色構成で赤の鮮やかさが印象的です▼

 

デザインはシンプルで十字キーの下に「JAMESDONKEY」のロゴが入っているだけ▼

 

物理的なボリュームコントローラーつまみが付いています。スイッチを押し込むと再生中のメディアがミュートされます。スイッチ付近についている↑では赤い▷のLEDは充電用。満充電になると緑になります。

 

有線接続はUSB Type-Cを採用しています▼

 

キーキャップは圧入されているだけなので、付属のキーキャッププーラーで簡単に取り外しが可能です▼

 

軸は独自のGateronPro2.0 Yellow という黄軸を採用▼

 

キートップ(キャップ)は、白と黒の2色形成

 

このタイプのキートップは、キーキャップの印刷が消えないのが良いですよね。
キーキャップはCherry MX互換なので、サードパーティー製のメカニカルスイッチ用キーキャップに換装が可能です。
もちろん、キーの形状は「シリンドリカル」でU字型に凹んでいます。

 

足を引き出すと角度を付ける事ができます▼

キーボードを真横から見ると、ステップ・キーボードになっていますし。スカルプチャー構造で、しっかりと内側に向かって凹レンズのようになっています▼

 

接続方法・バッテリーの持ち

キーボードの裏側には4つのスイッチが配置されており、接続方法やRGBライトの有無に使います。

KeyBord RGB LIGHT:キーボードのRGBライトのオンオフ切替
Side RGB Light Strip:キーボードの横のRGBライトのオンオフ切替
2.4Ghz / Bluetooth:ワイヤレス接続時の接続切替
KeyBord Power:キーボードの電源

バッテリー容量は4000mAhで、全てのバックライトがオフの状態で80時間使用できます。

RGB

RGBはJames Donkeyの設定ソフトウェアを使用してRGBとマクロをプログラム可能とありますが、記事執筆時には未だ公開されていません。RGB演出の設定はキーボードのFnキーと一緒にキーを押す事で色、パターン、速度などが変更可能です。

Capsロック状態の時だけは、どんな配色に設定していても「CAPS」キーのみ赤く光って分かりやすいです(SCRLKも同様)▼

  • Fn + Pause:RGBのパターン変更
  • Fn + →(←):キーボードの色変更
  • Fn + ↑(↓):LEDの輝度
  • Fn +-(+):点滅速度
  • Fn +Scr:キーボードサイドの配色・演出変更

賑やかなTHEゲーミングキーボード的な電飾ピカピカ▼

波紋効果にも設定できます▼

もちろん単色で点滅しないモードも用意されています。

 

キーボードは背面も含めてサイド一周にLEDのラインが走っています。

 

こちらもFn+SCRLKで光らせ方を設定できます▼

 

一番明るくするとPCモニターの光の下でも視認性が高いです▼

 

打鍵音・鍵打感

スイッチは4mmのキーストロークを持つGateronPro2.0 Yellow。Gateronはスイッチメーカーとして定評がありますが、私はこのブランドのスイッチを使用するのはこれが初めてです。

この黄軸は、リニアタイプでアクチュエーションポイントに到達しても「カチッ」という音やクリック感がないのが特徴で、キーを押し下げるごとに重さが増してゆきます。
Cherry MXキーで言えば赤軸、黒軸がリニア軸です。このスイッチは押下圧が50gで、赤軸45gより少し重く黒軸60gよりは軽いというところです。

そのためゲーミングキーボード独特のカチャカチャ音は弱いです。ノイズはクリックポイントでは無く、底を打った時に鳴ります。メカニカルキーボードは「うるさい」と言われていますが、リニア軸は中でも一番静かなスイッチなので、音が気になる環境では最適な軸です。
また本体はアルミ合金製ですが、メカニカルキーボード特有の、強く叩くと天板の反響でキーン・カーンという金属音は鳴りません。

このキーボードのアクチュエーションポイントは2.0mm。メカニカルキーボードの平均2.2mmより高めですが、スピード軸のように打鍵反応が良すぎるという印象はありませんでした。

GateronPro2.0 Yellow軸の打鍵音の動画をあげてみました▼


※ 動画を流しながらタイピングしていました。雑音が入るのはお許しください💦

ちなみに「Nキーロールオーバー」に関してのスペック表記はありませんが、複数のキーを同時に押してみた感じでは対応しています。10キーロールオーバーに対応しているんじゃないかな?ゲーミングキーボードとしては必須スペックですからね。また、ゲームでも遊んでみましたが、誤入力や変な動きをする事も無かったので、「アンチゴースト機能」も搭載されていると思われます。
だだし、これは私の個人的な感覚なので、これらの機能が搭載されていると断言はできません。

まとめ

私はリニア軸を長時間使ったのは初めてですが、静かで反応も良くクリック感が無くともメカニカルキーボードを使っている感覚は味わえます。メンブレンキーボードとは違いますね。
私はUS配列のキーボード派で、タクタイルのオレンジ軸のRazer BlackWidow Lite(US配列)を愛用しています。タクタイル軸はキー打鍵時に内部のスイッチがOFFからONへ切り換わるポイント(アクチュエーションポイント)で、「コクッ」とした感覚がありますが、リニア軸はヌルっと受け付ける感じです。

Razer BlackWidow Lite

慣れるまで2日ほど掛かりました。でも慣れてしまうと「メカニカルキーボードにクリック感は無くても良いんだな」と感じました。その分静かですし、ヌルっという打鍵感も意外と癖になります。
ボリューム調整スイッチは、特に使わないと思っていましたが、押すだけでミュートが電話の時に凄く役に立っています。

ゲームをプレイしない人や、今までメンブレンキーボードしか使った事の無い人でも静音でお勧めです。メカニカルキーボードの入門機としても良いと思います。

販売サイト・価格

JamesDonkey RS4は、キーボード専用の通販サイトMechkeysにて購入可能です。また今回は、こちらのサイトから提供頂いてのレビューとなります。
価格は99.00ドルで販売されています。

MECHKEYS➡JamesDonkey RS4

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top