LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【実機レビュー】Ryzen5-4500U搭載15インチノートPC「DELL Inspiron 15 5000 (5505) プレミアム」

Dellのノートパソコン Inspiron(インスパイロン)シリーズ「Inspiron 15 5000 (5505)-プレミアムAMD搭載モデル」を購入しました。

プロセッサーにAMD Ryzen 5 4500U を搭載しており、処理性能はインテルのCore i5相当のミドルレンジクラスのCPUを搭載しています。内部ストレージはPCIe SSDを採用しメモリーは8GB、どんな作業でもストレス無くこなせる性能があります。

Ryzen 5 4500U 搭載のノートPCは、高コストパフォーマンスの端末が多い事で注目されています。今回の Inspiron 15 5000 (5505)も、約5万円から買える超高コストパフォーマンスのノートパソコンです。

手元に届きましたので、数日間使ってみたレポート記事を投稿したいと思います。

 

ザックリ紹介

お勧めポイント
 実測 1.5キロの軽量ボディ
 コストパフォーマンスの高さが凄い
 実用に耐え得るスピーカー
 USB PD対応で汎用充電器が使える
 スベスベのタッチパッドがストレスフリー
 サクサク動く処理性能の高さ
 

 

イマイチなところ
 バックスペースキーが小さい
 キーボードが見難い
 モニターの発色が寂しい
 Thunderbolt 3 に非対応
 Wi-Fi 6に非対応

 

Inspiron 15 5000 (5505)スペック

 

  15 5000 (5505)
OS Windows 10 Home
CPU AMD Ryzen 5 4500U
ディスプレイ 15.6インチ
1920×1280
FHD/IPS液晶
RAM 8 GB
DDR4, 3200MHz
ROM 256 GB
PCIe SSD
キーボード バックライト
指紋認証 オプション
MSオフィスアプリ オプション
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac
Bluetooth 5.0
バッテリー 3セル 40Whr
※駆動時間は非公開
インターフェイス 3.5mmヘッドセットジャック
USB 3.2 Gen 1 x 2
USB-C x 1
HDMI x 1
SDスロット
サイズ 356.1 x 17.9 x 234.5 mm
 重量 1.714 kg~

 

セット内容

  • Inspiron 15 5000 (5505)本体
  • ACアダプタ
  • 取扱説明書などの紙類

 

端末レビュー

ディスプレイ

ディスプレイは、15.6インチの1920×1280(FHD)IPS液晶。上と左右のベゼル幅を削りまくる事で、コンパクトなボディに収まっています。

 

ベゼル幅は左右の幅は約6 ミリ、上部が 9ミリ▼

 

カメラの解像度 720p。ディスプレイ上のベゼル部に配置することで、自然なビデオチャットなどが可能です▼

 

視野角が広く、ほぼ真横や真上から見ても画面が確認できます▼

 

画面はノングレア加工(艶消し)なので、光の映り込みが少なく目が疲れ難いです。▼

 

筐体レビュー

本体のカラーバリエーションは、「プラチナシルバー」「リバーロック」の2色展開。リバーロックの色味は、艶消しガンメタリック的なカラーです。

レビューに使用している筐体は「プラチナシルバー」。アルミ筐体のまんまのカラーリングで、DELLのマークが真ん中に描かれています▼

 

ボディはアルミ外装シェル。表面は指紋が付きにくくサラッとした肌触りです。

 

筐体背面にはファンの取り込み用の通気口があいており、足ゴムは前後に配置されています。

 

スピーカーは底面の左右に配置されています▼

動画を何本か鑑賞してみましたが、音割れや安っぽいチャカチャカ音にもならず、音質は思いの外良好です。

 

ヒンジにゴムのキャップが被せてあり、画面を開くと後ろ側がせり上がるギミックになっています▼

 

ヒンジを開けた最大角度はこれくらい▼

 

ヒンジ部を開けた画面側にファンの排気口が配置されています▼

 

重量は実測で約1581グラム。15.6型ノートとしては超軽量級▼スペックでは1.714 kg~となっていますが、2種類のキッチンスケールで量ったので、ほぼ間違いないと思います。
もしかしたら、ACアダプタ込みの重さを計上してるのかもしれません。

 

本体は薄型で、底の脚を含めた一番厚い部分で約 18.9ミリの薄型デザインです▼

 

インターフェイス

インターフェイスは、本体右側に3.5mmステレオジャックとMicroUSBカードリーダー、USB-Cポートが1口配置されています▼

 

本体左側面には、ACジャックとHDMIポート、USB-Aポート、USB-Cポートがそれぞれ1口。充電確認用のLEDもあります▼

USB-Cポート
USB Type-Cポートは、USB PD充電(USB Power Delivery)と呼ばれる急速充電に対応していますが、Thunderbolt 3には非対応です

 

キーボード右上に配置された電源ボタンは、指紋による生体認証に対応しています。
デフォルトでは電源ボタン部の指紋認証なしになっていますが、1,300円でオプションで付ける事ができます。レビュー機は生体認証オプションを付けませんでした。

 

拡張性

中を開けてみるとM.2 (Type2280)のSSDスロットに1つ空きがありました。ご自分でSSDを増設する事が可能です▼

 

メモリは、DDR4-3200の8GBが1枚挿さっていますが、もう1枚分空きスロットがあります▼

 

性能レビュー

バッテリー

40Whのバッテリーを搭載しており、付属している充電アダプターとケーブルを使うと 45Wの急速充電が可能です。

 

付属のACアダプタの重さは約277グラム。ノーパソのアダプタとしては一般的なサイズですが、持ち歩くには邪魔なサイズです▼

 

PD充電対応のACアダプターとUSB-Cケーブル(画面➡)を持ち歩くと、コンパクトでスマートホンなどにも使えるので実用的だと思います。

 

USB PD(Power Delivery)充電は最低 30Wの出力が必要です▼

 

最大 65 Wまで出力できるPD充電器で充電してみます。

平均で51ワット(20.4 V / 2.5A)程度、目視では最大 59.9ワット(20.4 V / 2.94 A)を確認できました。

 

入力装置

キーボード

キーボードは、一般的なJIS配列で不可解な独自仕様はありません▼

 

バックスペースのキーが小さく、右側にテンキーがあるので、文字修正時に打ち難い。慣れるまで何度も打ち間違いをしました▼

 

キーピッチは約 20ミリあるので、タイピングが窮屈という事はありません▼

 

ホームポジションに手を置くとこんな感じです▼

 

キーストロークは 薄型ノートなので浅いですが、”コクッ”とした心地よい打鍵感がある事で、ストロークの短さをとカバーできています。鍵打音は非常に静かで、カフェや職場でも他人に迷惑になるような事がありません。ただしキーを指から離して叩くと、乾いた音が大きいのでエンターキーなどを叩くタイプの人は注意が必要かもしれません。

 

キーボードにはバックライトが実装されており、2段階の光度調整が可能です。真っ暗な中での作業には可視性が良く便利ですが、キーボードがシルバーという事もあり、明るい部屋だと逆に見難いです

 

明るい部屋では、むしろバックライトオフの方が文字の可視性が高いです▼

 

タッチパッド

実測で幅 115ミリx高さ80ミリと広めにとっています▼

手汗などで濡れていてもベタつく事もなく、常にサラサラした肌触りで全くストレス無く使う事ができます。
左右クリックの他、タッチパッド全体が沈み込んで左クリックとして反応します。
クリック感がしっかりあって反応も良いですが、クリック音がカチカチと大きいので、公共の場などではタップを多用した方が良さそうです。

 

処理性能

搭載しているプロセッサーは、AMD Ryzen 5 4500Uを搭載しています。Ryzen 5 4500Uは、6コア/6スレッドのノート向けの CPUです。

手元にあるレビュー用の端末はメモリー8GB / 内部ストレージ256GBのSSD(M.2 PCIe)となります。
各種ベンチマークを計測してみます。

「ドラゴンクエストX」でのベンチマークテスト
標準品質1920×1080で「11,245」で評価:凄く快適

ちなみに標準品質 (1920 x 1080)でチェックしてみると、スコア「 6164」評価:「快適」でした。

 

CINEBENCH R23:SIngle Core(シングルコア):1126 pts

 

CINEBENCH R23:Multi Core(マルチコア):4621 ptsマルチコアの結果を見ると、第11世代 Core-i7 1165G7に迫る処理性能があります。

PassMarkのスコアを見ても、インテルのCore-i7 8750Hと 9750Hの中間の数値を叩き出しています。Ryzen 5 4500U のパフォーマンスの高さが伺えますね。

気になるファンの音ですが、通常時は耳を澄ましても全く聞こえません。CPUに負荷が掛かると、ホワイトノイズのようなシャーっというファンの音が軽く聞こえる程度です。

通常使用(Web閲覧、オフィスアプリでの作業、全画面で動画を視聴)程度では、ファンの音は全く鳴りません。

 

ストレージ性能

ストレージは、M.2スロットPCIe-NVMe SSDを採用しているので、サクサク快適です。

定番の「CyristalDiskMark」で計測してみます▼

 

メモリ

メモリはDDR4-3200に対応しているので高速ですが、シングルチャンネルのメモリしか選択できません。
8GBあれば困る事は無いと思いますが、メモリスロットに空きがありますので、デュアルチャンネルにメモリを換装することも可能です。

 

Inspiron 15 5000(5505)ファーストインプレッションまとめ

コスパCPUの「Ryzen 5 4500U」搭載ノートだけあって、Inspiron 15 5000(5505)のパフォーマンスには驚きました。

数日間使ってみましたが、処理性能やスペックについては大満足です。キーボードの可視性の悪さと、バックスペースの打ち難さに慣れが必要でした。
バックライトの見難さは、DELL製の白やシルバー系のノートパソコンの多くに共通していますね。

Inspiron 15 5000 (5505)は、メーカー直販サイトで購入が可能です。即納モデルでは無いので、納品まで1ヶ月近く掛かると書かれていましたが、10日程度で届きました。
直販サイトでは、クーポンコードがありますので、適用すると諸々込みで5万円程度で購入が可能です。

Dell直販サイト: Inspiron 15 5000 (5505) プレミアム

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top