LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【レビュー】百均ダイソーで千円の大容量10,000mAhモバイルバッテリーは使える?【出力・容量チェック】

百均のDAISO(ダイソー)で、税抜き1,000円の「大容量10,000mAh モバイルバッテリー」を買ってきました。

ダイソーでは、Bluetoothイヤホンや画面保護ガラス、ヘッドホンなど、次々と実用的なスマートホン用のアクセサリーが登場していますね。
いつものように巡回していると10,000mAhのモバイルバッテリーを見つけました。また使い捨ての1,000(千)mAhだと流していましたが、二度見すると1桁多い1万mAh!いちまん?!迷わず買ってきました。

またいつもの百均クオリティなのか?本当に使えるクオリティなのか?興味がありますね。
出力と容量を実測して性能をテストしてみる事にしました。

 

ダイソー10000mAhスマートフォン モバイルバッテリー

製品名:スマートフォン モバイルバッテリー(MOBILE BATTERY)

容量:10,000mAh
実容量:6,300mAh
バッテリータイプ:リチウムイオン電池
USB出力:1ポート最大:2.1A, 2ポート合計2.4A (5V)
出力ポート:USB-A x 2口
入力ポート:Micro-USB
本体充電時間:約 6時間
重量:約 224g
サイズ:137 x 67 x 15 mm
材質:ABS+PC・鉄+LCP・銅・マンガン
保護機能:あんしん自動認識充電, 安全回路設計
※ PSE認証済
※ 安全回路設計という説明に、過充電、過放電、過電流、短絡保護などの保護機能が包括されているのだと思われます。安い中華製品のような発火の心配は無さそうです。

【セット内容】
10,000mAh モバイルバッテリー
Micro USB ケーブル、取扱説明書

 

取説説明書は、ぺらっと一枚入っていました▼

 

製品レビュー

最近の超小型モバイルバッテリーには及びませんがコンパクトです▼

 

表面には小さい網目模様があり、質感はサラサラでチープ感はありません▼

 

サイズは小さくありませんが、薄いのでコンパクト感があります。
iPhone12 miniと並べると、ほんの一回り大きい程度です▼

 

サイズは、実寸で幅 約67 x 高さ140 x 厚さ15.6ミリ▼製品仕様では高さ150mmとありました。普通は小さい方に鯖を読むのですが、さすがダイソー大雑把ですね。

 

重さは215グラム▼こちらも仕様は重量 224gとありますので、重く申告していますね。不思議です。

 

製造元は「株式会社ECore」と書かれています▼

ECoreを調べてみると、携帯電話アクセサリー・LAN/USBケーブル・液晶パネル を低価格で提供する電子部品の会社のようです。
製品一覧を見ると、発売元は大創産業と書かれているので、主にダイソーに卸している会社のようです。

 

バッテリー残量は、LED4灯で表示されます▼

  • 1灯点滅: 0-25%
  • 2灯点滅: 25-50%
  • 3灯点滅: 50-75%
  • 4灯点滅: 75-100%
  • 充電時 100%満充電 4灯点灯

ちなみに取説には「最初は75%まで充電して出荷」と書かれていました。実際LEDは3個点滅していましたので、買ってすぐに使えますね。

 

筐体上部にはUSB-A出力ポートが2つ。1、2ポートとも 5V/2.1Aの出力に対応しています。合計出力は最大5V/2.4Aなので、実質スマホを2台同時充電すると片側1.2Aがマックス。スマートホンと+アクセサリー(BTイヤホン)的な使い方が実用的だと思います。

 

製品仕様には電池タイプが掛かれていませんが、Li-ion 10と書かれていました。

リチウムイオンのバッテリーパックが使われているようです▼

 

筐体右側面にはスイッチが1つ付いています。取説には書かれていませんが、バッテリー残量を確認する時に使うようです。またオートオフになってしまった時も、このボタンで通電再開されます。

このボタンを押すと数秒の間点灯します▼

※ 充電開始にはボタンを押す必要はありません

 

付属の充電用MicroUSBケーブルは約12センチ。手持ちで充電しながら使う時に便利なサイズですね▼

 

モバイルバッテリー本体への充電はMicroUSBポート。USB-Cが全盛の時代に、時代遅れのケーブルを使うのは余計な荷物になりますね。

 

充電性能テスト

製品の性能をチェックする比較対象は、出力ポート数や容量的に「Anker PowerCore 10000」あたりが丁度良さそうです。PowerCore 10000は 5V/2.4A(12W)と最大出力も同じです。
しかしPowerCore は約 2,750円しますので、結果次第では強烈に高いコストパフォーマンスのモバブーですね。

モバイルバッテリーのセル(バッテリー本体)の容量は、製品であまり差がありません。内部回路が重要で、性能によって実際に得られる電力に大きな差が出ます。

バッテリーを100% →0%になるまで放電して、使える電力量を計測してみる事にしました。USBに負荷をかけるだけの装置「USBローダー」を使ってみます。

USBローダーの負荷は、最大出力の5V/2.1Aより大き目に2.4Aにセットします▼

 

出力した電流量(Ah)は、USBテスターをリセットして計測スタートします。

ローダーのヒートシンクが熱を持つと、ファンが回りながら負荷をかけ続けます▼

 

平均で 4.9V / 2.37A程度。11.6W付近で出力され続けていました▼※ 5V / 2.1Aのマックスが10.5Wなので、スペックより出ていますね

 

2時間 48分後にバッテリーが空になり、ローダーが止まりました。

合計出力 5.891Ah(5,891mAh)という結果でした▼

 

出力結果について

10,000mAhとして販売されているモバイルバッテリーで、取り出せる容量が 約5,890mAhでは、6割しか容量が無いように感じますね。

しかしリチウムイオン電池は、充電する時の5Vで 10,000mAhと換算されます。しかし実際の容量はリチウムイオン電池の公称電圧である 3.7Vでの10,000mAhとなり、5V出力に換算すると 7,400mAhになります。

3.7V × 10,000mAh = 37,000mWh (37Wh)
37,000mWh (37Wh) ÷ 5V = 7,400mAh

さらに変換時にも電力を使うので、ロスを最小限に抑えても最終的には 6,500mAh くらいの容量が目安となります。
このバッテリーの仕様書にも、実容量が6,300mAhとあります。

5,891mAh取り出せれば、理論値7,400mAhの 79%は得られている計算です。一流メーカー製で、80%~90%弱が目安になります。変換効率が79パーセントという数値は良い結果ですね。

でもそれでは性能が分かり難いと思いますので、安定のAnker製品の 10,000mAhのモバイルバッテリーでも計測しています。

同じ条件で 6.028Ah(6,028mAh)。ちなみに新品では無く、半年間何度か使っているものです。
さすがにAnker製品には敵いませんが、ダイソーの1万mAhモバブーは優秀だと思います。

ちなみに実売価格1,400円のモバイルバッテリーの新品時のデータがあります。
5601mAh。ダイソーより下ですね▼

 

モバイルバッテリーの性能は、出力を 3.7V→5Vに昇圧する時に変換ロスが発生するので、DC-DC変換器の性能で決まります。
中華モバイルバッテリーでは、変換効率が理論値の60%以下という粗悪な製品もあります。

 

まとめ

ダイソーの製品は、当たりはずれが大きく、イヤホンやスピーカー、加湿器などはハズレると即ゴミ箱行きでした。
この大容量モバイルバッテリーは、間違いなく当たり!お買い得です。あと2,3個買っておこうと思います。

Quick Chargeなどの超急速充電規格には対応していません。しかしながら、iPadの純正アダプタ以上の出力があります。これだけの出力があれば、普段使い用として十分な性能です。
カラーバリエーションは、白と黒の2色展開。私の買った店では、ボディカラーはホワイトしか残っていませんでした。

デザインも悪くありませんし、外でスマートホンのバッテリー切れになった時、ダイソーに駆け込めば何とかなりますね。

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top