LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【レビュー】百均ダイソーのUSB Type-Cケーブル4本性能チェック

百均のDAISO(ダイソー)で、USB-Cケーブルをまとめて買ってきました。

百均の製品は、価格の割に高品質な製品も多いですが、中には粗悪な商品が混ざっているのも事実です。
USBケーブルは、電流を流すので基準を満たしていないケーブルを使うと、ショートてスマートホンが壊れてしまったり、最悪の場合火災につながるという事もあり得ます。
ケーブルチェッカーを使って、抵抗値と対応規格を調べてみました。

1, Type-Cアルミブラック

  • ケーブルの長さ:1m (39.37インチ)
  • 5V/2.4A(12W)
  • コネクタ形状:USB-Aオス- Type-Cオス
  • USB-2.0準拠
  • 通信速度:最大480 Mbps
  • メッシュケーブル
  • 材質:熱可塑性エラストマー、ナイロン、アルミ合金、銅

断線しにくいナイロン製です▼

 

 

コネクタはUSB-A to Type-C▼

 

USB2.0規格対応で通電しています。データ転送にも対応しています(D-/D+)。抵抗は 222mΩと悪くありません。

また[UP56K/SOURCE 0.5A]と表示されていますので、56Kの抵抗(56kレジスタ) を内蔵されている事が分かります。USB-AやBからUSB-Cのケーブルでは、この仕様に適合する必要があるため、必ず56kΩの抵抗を使用しなければなりません。

GND+VBUSの合計抵抗は 100~250mΩの範囲内なら優秀。充電速度が期待できます。これが500を超えると厳しい。品質が怪しいので使用しない事をお勧めします。

 

2,高速充電・通信ケーブル USB>>Type-C

  • ケーブルの長さ:50センチ(19.7インチ)
  • 5V/3A(15W)
  • コネクタ形状:USB-Aオス- Type-Cオス
  • 材質:塩化ビニル樹脂、銅

ケーブルは昔ながらの塩化ビニル製。長さが50cmなので、モバイルバッテリーの手持ち充電など色々な使い道がありあそうです▼

 

コネクタはUSB-A to Type-C▼

 

USB2.0規格対応で通電しています。データ転送にも対応しています(D-/D+)。抵抗は 198mΩ。

このケーブルも[UP56K/SOURCE 0.5A]と表示されていますので、56Kの抵抗(56kレジスタ) を内蔵されている事が分かります。規定に準拠していますね。このケーブルも問題ありません。

 

3,高速充電・通信ケーブル Type-C>>Type-C

  • ケーブルの長さ:100センチ(39.3インチ)
  • 5V/2.4A(12W)
  • コネクタ形状:USB-Cオス- Type-Cオス
  • 材質:PVC、銅

ケーブルはポリ塩化ビニル(PVC)製▼

 

コネクタはUSB Type-C to Type-C▼

 

USB2.0規格対応で通電しています。データ転送にも対応しています(D-/D+)。抵抗は 220mΩ。

このケーブルは、USB-AやMicro-BからCに変換しているのでは無いので、56Kの抵抗を内蔵している必要はありません。
代わりにCCのLEDが点灯しているので、コンフィグレーションチャンネル(Configuration Channel)対応という事が分かります。

コンフィグレーションチャンネルは、USB-PD規格(USB Power Delivery)のケーブルでは必須の項目となっています。
USB Type-Cのケーブルに対して、7つのステップ (5つがUSB Type-C規格、2つがUSB PD規格で規定)でチェックします。
PD規格では大電流を流しますので、CCが点灯しないケーブルを使うと危険です。

このケーブルはUSB PD充電に対応とは書かれていませんが対応しているようです。

ケーブルの長さは 3.4mm。PD充電には少し細いかな

 

4,ダイソー USB-A to Type-C

このケーブルは昨年買って使っていたもので、パッケージは不明です。まだ売っているようでしたら、ケーブルの長さと見た目で同定して下さい。

ナイロン編みされていて強度が強そうで、長さ55cmとあまり見かけない長さ。取り回しに便利で、何かと使えるので重宝しているケーブルです。

 

USB2.0規格対応で通電しています。データ転送にも対応しています(D-/D+)。抵抗は 178mΩと優秀です。

このケーブルも[UP56K/SOURCE 0.5A]と表示されていますので、56Kの抵抗(56kレジスタ) を内蔵されていました。

 

まとめ

以前の百均のケーブルは、薄い塩ビ製の細くて弱弱しい製品ばかりでした。しかし最近では、ナイロンのメッシュケーブルなども税抜き100円で販売されており、メーカー製に近いクオリティになっていますね。

当ブログではダイソーのガジェット・アクセサリーを幾つもレビューして来ました。その製品の3分の1はハズレ!買って来てパッケージから出してゴミ箱に直行したものも少なくありません。

ケーブルは、出先で急に必要になった時など、良く百均にお世話になります。しかしケーブルでハズレ製品を引いてしまったら、デバイスにダメージを受ける危険もありますので大変な事になりますね。今回調べた4本のケーブルは、どれも必要規格に準拠しています。

最近の百均のケーブルは安心して使って大丈夫そうです。後は強度の問題ですね。

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top