LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

eMeetからマイクスピーカーの新モデル「M2 Max」2月27日発売

中国の電子機器メーカー  eMeet より、マイクスピーカーの最新モデルである『eMeet M2 Max』が発売されます。

M2 Maxは、いわゆるスピーカーフォンとも呼ばれ、360度全方位の参加者の声をクリアに拾い上げ、大人数での円滑なWEB会議を可能にするアイテムです。
M2 Maxには、周囲のノイズを除去しながらクリアな会話を実現する機能が満載されており、10~15人の音声を拾うので大規模な会議での集音が可能となります。

 

eMeet M2 Max Speakerphoneスペック

価格 34,000円
発売日 2021年2月 27日
接続方式 ・Bluetooth 接続
・USB接続
・AUX接続(オーディオ)
・Bluetoothアダプター(ドングル)
バッテリー 2600mAh
連続使用時間 最大12時間
マイク 4つのプロ専用マイク搭載
サンプリングレート 48kHz / 16-bit
スピーカー 5W / 83dB
ノイズキャンセリング
エコーキャンセリング
Duplex双方向通話
収音範囲 10-15人まで
収音方向 360°
DOA(指示ライト)
連結機能 2台まで可
VoiceIA雑音抑制 対応
USBポート USB Type C × 1
Bluetooth 5.0
オーディオ出力 ヘッドセット対応
対応OS Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP
Mac OS, Linux
カラー ブラック
インターフェース ・Voice IAボタン
・通話ボタン
・音量ボタン
・ミュートボタン
・Bluetoothボタン
・電源ボタン
本体サイズ 188×188×45mm
本体重量 約615g
USB ケーブル 300cm / USB Type C
Bluetoothアダプタ

 

性能

旧モデル(eMeet M2)のサンプリングレートは、16KHz / 16ビットでしたが、M2 Maxは48KHz / 16ビットの4つのØ10の指向性マイクが実装されています。

M2 MAXから新たに追加されたハード的な機能は、マイクの追加、スピーカー口径の大型化による音量の向上、イヤホン出力端子の追加など大幅なアップグレードされています。イヤホン出力は、プライベート通話に使えます。

旧モデルからの改善点
 スピーカー口径が3Wから5W
 3.5mmステレオジャック追加
 バッテリー持続時間が8時間から12時間に
 サンプリングレートの向上
 ゴム製防振装置の設置
 ノイズキャンセリング機能の改善
 参加人数が8人から10-15人に

 

拡張機能

1台での集音範囲は10~15人までとなっており、最大2台を連結して使用すると更に大人数での会議が可能です。

2大の端末は、デイジーチェーンケーブルを使用します。つなげる事で20人程度のメンバーを追加できます▼

 

キャンセリング機能が充実

搭載されている4つの直径10mmの指向性マイクには、独自に開発した voiceIA アルゴリズムテクノロジーが搭載されており、マウスのクリック音やタイピング音などの一般的なオフィスノイズを排除できます(ノイズキャンセリング機能)

またスピーカーとマイクが3層のハウジングで直接触れるのを防ぎ、振動を大幅に遮断し、音声品質を保護する防振装置が設置されています。さらにエコーキャンセリング機能が搭載されており、スピーカーの音をマイクが拾わないように防ぎます。

 

価格・発売日

発売日は2021年2月 27日、価格は34,000円となっています。

eMeet M2 Maxは、マイクスピーカーとしてはハイエンドの部類に入る高級モデルとなっています。
エントリーモデルと比べるとかなり高額ですが、ストレスないクリアな会議を実現するには、ある程度の上位モデルがお勧めです。

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top