スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

広角動画撮影がウリのモトローラースマホ「Moto G8 Plus 」性能・カメラ・スペックレビュー

モトローラー・モビリティ・ジャパンより、moto gファミリーの最新モデル「moto g8 plus」が3月16日に発売予定です。

 

スペック

OS Android 9.0
Android 10アップデート予定
SoC Qualcomm Snapdragon 665
GPU Adreno 610
ディスプレイ 6.3 インチ
1080 x 2280px
IPS液晶
RAM 4 GB
ROM 64 GB
MicroSDカード 最大 512 GB対応
リアカメラ 4,800万画素(F/1.7)
1,600万画素(F/2.0):広角
500万画素:深度センサー
フロントカメラ 約2,500万画素(F/2.0)
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac 
Bluetooth 5.0
GPS A-GPS, GLONASS, BDS, GALILEO
バッテリー 4,000 mAh
対応バンド 2G:GSM:
850MHz/900MHz/1,800MHz/1,900MHz
3G:WCDMA:
B1/B2/B4/B5/B8/B19(B6含む)
4G:LTE FDD:
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18
B19/B20/B26/B28
TD-LTE:
B38/B40/B41
インターフェイス USB-C
 サイズ 75.8×158.4×8.27mm
 重量 188 g
その他 NFC

バンドは国内3大キャリア(ドコモ, AU, ソフトバンク)の帯域をカバーしており、2枚のSIMカードを同時に使用できるDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応しています

筐体

ディスプレイは水滴型ノッチを採用した1080 x 2280px解像度の6.3インチのIPS液晶画面。

 

背面のモトローラ―ロゴの「M」が指紋認証部となっています▼

 

最近省略されがちな3.5mmステレオジャックは上部についてます▼

 

インターフェイスはUSB-Cを採用▼

 

カラーバリエーションはコズミックブルー、ポイズンベリーの2色▼

 

内部性能

プロセッサー/メモリー

SoCにはクアルコムのチップセット「Snapdragon 665」を搭載したミドルレンジクラスの端末です。
スナドラ665は、 Kryo 260 Gold x2 + Kryo 260 Silver x6 を採用した8コアCPU、GPUにAdreno 610を搭載しており、第3世代のAI Engineを採用し、旧モデルの「Snapdragon 660」と比べAI性能が2倍にアップしています。
AnTuTuスコア(v8)は約17万ポイント。高付加のゲームを長時間プレイしない限りは、大抵のゲームやアプリはサクサク動くレべルです。

 

カメラ

水滴ノッチ部に格納されたフロントカメラは2,500万画素(F/2.0)のセルフィカメラを採用。
リアカメラには、4800万画素(F / 1.7)のメインカメラと、1,600万画素(F/2.4)の超広角カメラ、被写界深度用の500万画素のToFカメラのトリプルレンズ仕様。1,600万画素の聴覚カメラは117度で、動画撮影のみ有効です。
8倍デジタルズームに対応しており、ナイトビジョンモードで美しい暗所撮影を可能にしています。
画像で確認すると3眼レンズ+フラッシュより1つ穴が多いですが、調べてみるとフラッシュの上はレーザーオートフォーカスとなります。

 

価格・販売サイト

価格はモトローラ―公式サイトで 3万8800円(税込)となっており、Amazonでも取り扱っています。

➡ メーカー公式ショップ:moto g8 plus

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top