LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

「Xiaomi POCO M3」1万円台のお手頃スペック端末!スペックレビュー

中国メーカーXiaomiのサブブランドPOCO(ポコ)より、ミドルアッパーレンジのゲーミング端末「POCO M3」が発売されました。

POCO M3は、コスパ追求スマートホンの「POCOシリーズ」からリリースされたモデルです。販売価格は1万円台と手頃ですが、処理性能はミドルレンジに少し及ばない程度。ディスプレイはフルHD+画面、ステレオスピーカー搭載など、相変わらずコストパフォーマンスの高さは健在です。

 

POCO M3スペック

 

OS MIUI 12 for POCO
Android 10ベース
SoC Qualcomm Snapdragon 662
ディスプレイ 6.53 インチ
1080 x 2340 FHD+
RAM 4 GB
ROM 64 GB / 128 GB
外部ストレージ 最大 512 GB
MicroSD
リアカメラ 4,800万画素(F/1.8):メイン
200万画素(F/2.4):マクロ
200万画素(F/2.4):被写界深度用
フロントカメラ 約 800万画素(F/2.1)
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋
防水 非対応
NFC 対応
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac
Bluetooth 5.0
バッテリー 6,000 mAh
対応バンド GSM:
B2/3/5/8
3G WCDMA:
B1/2/4/5/8
4G LTE FDD:
B1/2/3/4/5/7/8/20/28
4G: LTE TDD:
B38/40/41
GPS GPS/ A-GPS / BeiDou /GLONASS
インターフェイス USB-C
 重量 198 g
 サイズ 幅:77.3mm
高さ:162.3mm
厚さ:9.6mm

 

筐体レビュー

ディスプレイは、6.53インチの大画面。解像度は1080 x 2340 FHD+のIPS液晶画面。アスペクト比19.5:9で画面占有率は90.34%

フロントカメラは、画面中央上に配置されたパンチホール内に格納されています▼

 

背面は「POCO」のロゴマークが入っています。POCOシリーズは、可愛らしいデザインの端末が多いですね。

 

カラーバリエーションは、パワーブラック, ポコイエロー, クールブルーの3色展開

 

生体認証は、端末側面の電源ボタンによる指紋認証システム。端末サイド認証は、認証率の悪い画面内認証や邪魔な背面認証と比べ、効率的という事で人気がありますね。また簡易的な顔認証にも対応しています▼

 

機能

バッテリー

バッテリー容量は6,000mAhで、充電速度は18Wの急速充電に対応しており、動画再生は最大で17時間可能としています。

 

カメラ性能

リアカメラの構成は、4,800万画素(F/1.8)のメインの広角カメラ。200万画素(F/1.8)のマクロレンズ、被写界深度用の200万画素のTofレンズが搭載されたトリプルカメラ。フロントカメラは800万画素(F2.1)のシングルカメラを採用しています。

 

ステレオスピーカー

デュアルステレオスピーカーを搭載しており、端末を横にした時に左右から再生されるので、ゲームの没入感がアップします。またハイレゾオーデオに対応しています。
エントリーモデルのスマホに搭載される事は少ないので、動画を良く見る方には嬉しい仕様です。

 

プロセッサー/メモリー

プロセッサーには、Qualcomm のエントリーモデル向けSoCのSnapdragon 662を搭載。ISP「Spectra 340T」を採用したことにより、600シリーズ初の3眼カメラが利用可能となり、画像フォーマット「HEIF」サポートしています。スナドラ662のAnTuTu ベンチマーク(v8)スコアは総合性能が182,000ポイント。
最上級のエントリーモデルといった処理性能です。ヘビーなゲームで遊ぶには向きませんが、一般アプリやSNSではモタつきや不満を感じる事が無いレベルです。

メモリ/ストレージの組み合わせは、(RAM / ROM )4 GB + 64 GB /  4GB + 128 GB の2種類の構成のモデルが用意されており、512 GBまでの外部ストレージ(MicroSD)に対応してます。

 

対応バンド

SIM1 , 2の両スロットが4G対応なので、デュアルVoLTE待ち受けが可能です(DSDV)

ドコモ:4G帯(LTE)主要バンドであるB1、東名阪の高速通信バンドB3に対応していますので、都市部での使用は問題ありません。しかしながら 高い建物の影や地下、郊外に強いプラチナバンドB19には非対応です。また3G帯のプラスエリアB6には未対応なので、僻地や山間部で若干電波が掴みにくくなります。

SoftBank(Y!モバイル):LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8の全てに対応していますので、日本国内での使用は問題はありません。

AU:主要バンドのB1に対応していますが、プラチナバンドB26(18を内包) に未対応なので、ごくごく狭いエリアでの使用に限られます。また通話に3G帯 BC0(CDMA2000) を使用する非VoLTE SIMには未対応となります。

【 対応バンド 】
GSM:
B2/3/5/8
3G WCDMA:
B1/2/4/5/8
4G LTE FDD:
B1/2/3/4/5/7/8/20/28
4G: LTE TDD:
B38/40/41

 

 価格・販売

  • RAM 4GB+容量 64GBモデル:149ドル(約15,500円)
  • RAM 4GB+容量 128GBモデル:169ドル(約17,600円)

Poco M3  は、発売直後からブラックフライデーのセール対象品となって登場です。

商品名 クーポン 価格 販売サイト 有効期限
Xiaomi Poco M3  New!
4+128GB /ブラック
フラッシュセール 17,600円
15,943円
GearBest 12/4
Xiaomi Poco M3  New!
4+128GB / ブルー
フラッシュセール 17,600円
15,943円
GearBest 12/4
Xiaomi Poco M3  New!
4+64GB / ブラック
フラッシュセール 15,500円
13,083円
GearBest 12/4
Xiaomi Poco M3  New!
4+64GB / ブルー
フラッシュセール 15,500円
13,083円
GearBest 12/4
The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top