LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【レビュー】最新の位置情報の変更アプリiAnyGoは浮気のアリバイ工作やLBSゲームに使えるか検証【iPhone】

以前は iSpooferなどのアプリを使って、スマートホンの位置情報を偽装する事ができました。
位置情報を偽装する事で、浮気のアリバイ工作や位置ゲームのチートなどに使われていましたが、ストアからのアプリの削除やOSのセキュリティ強化などで一時は使えない状態になっていました。

落とし物トラッカーの AirTag の登場から、位置情報によるストーキングや浮気監視などが話題になっていますね。
そこで最新の位置偽装方法を色々と調べているときに、メーカーさんの方から試してみないかとお声を掛けて頂いたので検証してみる事にしました。

結論から言えば、完全に位置偽装が可能です。自分で設定した速度とルートを、好きな速度で自由に移動させる事もできました。

iAnyGo

「スマートホン 位置偽装 アプリ」でググると、呆れるほど大量の有料アプリが引っ掛かりますね。
今回の検証するのは、Tenorshareという会社のiAnyGoというアプリです。

位置偽装アプリの多くは、買い切りではなくサブスクリプション契約なんですね。

接続方法

このアプリは、PC(Windows / Mac)にインストールして、iPhoneとライトニングケーブルを使って接続して使用します。ちなみにiPhoneは脱獄不要です。

最初 iPhoneが認証されるまで、少しまごつきましたが、ケーブルの抜き差ししたり、画面をオンオフにする事で使えるようになりました。毎回マゴマゴしますが、このデバイスを「信頼する」をクリックして、ごちゃごちゃしていると通ります。
「PCを再起動してみて下さい」とありますが、再起動しないと使えない状況は今のところありませんでした。

機能説明

機能は至ってシンプル。「位置情報の変更」「シングルスポット移動」「マルチスポット移動」の3種類だけ。

 

位置情報の変更

マップ上のピンを差した場所に瞬間移動します

 

シングルスポット移動

シングルスポット移動は、行き先にピンを差してスピードを指定した後「移動開始」をクリックします。

 

するとマップ上に自動的にルートが構築され、指定したスピードで歩き始めます▼

ただしナビ情報を元にルートを作成しているようで、徒歩にしていていも最短ルートが高速道路を利用する場合、歩きでハイウェイを利用してしまいます。また、車を想定しているので一方通行を逆走せず、強烈な遠回りなルートを設定する事も多いです。
車でのアリバイ偽装などの場合は良いのですが、ポケモンGOやドラクエウォークなどの位置ゲームでは、不自然さが気になります。

 

マルチスポット移動

この機能は、自分で指定したルートを指定した速度で移動するモード。シングルスポット移動より自由度が高いですが、拡大して丁寧にルート設定しないと道から微妙にズレて移動します。

 

位置偽装の精度と機能について

浮気・アリバイ偽装に使える?

このアプリはパソコンと接続して位置を偽装しますが、PCとの接続を解除してもiPhoneを再起動するまでは位置は偽装されたままです。

iPhone位置自体が偽装されるので「探す」アプリでも位置は偽装されます。ファミリー共有などで位置情報を共有していても、位置情報は偽装されます。

一度パソコンで位置を偽装してしまえば「今日は1日中自宅に居る」「会社で夜中まで残業」など、一か所に居続けるので使えると思います。
またノートPCがあれば、出先で位置を何回も偽装・移動するなども出来てしまいますね。

 

LBS(位置情報サービス)ゲーム

このアプリは、アプリの位置情報ではなく端末の位置情報を偽装するので、全てのアプリで位置情報が偽装されます。

もちろんポケモンGOやドラクエウォークなど、位置情報ゲームでも使えました。
色々と問題がありそうなので画像・動画はアップしませんが、普通に外を歩いてゲームをプレイしている状況と変わりません。
実際、ポケモンGOとドラクエウォークをヘビーに遊んでいる知り合いに見てもらいました。最初は「へーそういうのあるんだ」程度で興味がありませんでした。実は、時間を掛けて育てあげたアカウントが、BANされるのが怖いので手を出していなかった(興味が無かった)ようです。

実際に見てもらうと、かなりリアルに外を移動するので、これなら不自然に毎日何十キロも歩いたり、ワープしない限りBANの心配はなさそうとの事でした。

公式動画でパソコンとスマートホンのリンク状況が確認できます。ポケモンGO、ドラクエウォークでも、この状況とほぼ同じです▼

ちなみに歩行距離は伸びますので、ポケモンGOはタマゴが孵化します。ドラクエウォークでも「マイレージ」は普通にたまります。

 

ゲームで使う時の注意点

位置偽装アプリを使う事は、規約違反に当たる可能性があるのでアカウントの抹消(垢BAN)の危険性があります。
偽装アプリは巧妙で自然に偽装するので、無理な使い方をしなければ安全だと思います。

ただし不自然にワープするような事が何度もあると、垢バンの危険もあると思います。
しかしながら中華振り子(中華スイング)を使いまくって、歩行距離を伸ばしているが多いですが、垢バンされたという話は聞きませんね。
知り合いの看護師さんに聞いた話だと、枕元で中華振り子を揺らしている中高年の患者さんを良く見かけるそうです。

このように歩行距離の観点からは、不自然に距離が増えてもバンされないようですね。ポケモンGOでは、「ソフトBAN」と呼ばれて、ポケモンが逃げられるペナルティが稀にあるようです。

位置偽装アプリを使うのであれば、前回ゲームを起動した時からの時間を換算して、移動不可能な位置に現れないようにすべきでしょう。
自宅で起動した10分後に、20キロ離れた渋谷に出現したら監視対象になりそうです。

欲張らず、あくまで自然に使えれば家で楽しめると思います。

ちなみにドラクエウォークでは、レベル上げが大変で苦行なようです。知り合いは「一気にレベル上げしたい時、数か月間だけ使ってみようかな?」との事でした。

アカウント停止の危険もありますので、ご利用は自己責任でお願いします。

今回ご紹介したソフト:iAnyGo

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

最新記事 by タカシ (全て見る)

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top