スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【体験レポート】2019年版iPhone バッテリー交換「持ち込み修理」の方法と注意点まとめ

2018年一杯で「iPhoneのバッテリー交換3,200円」の期間が終了してしまいました。とは言え 2019年1月1日以降も、以前と比べて割安でバッテリー交換を受ける事が可能です。

しかしながら依然として、持ち込みバッテリー交換の予約が取り難い状態が続いています。
そんな中、キャンセルか何かで1時間半後にポツンと空きを見つけたので、慌ててiPhone7のバッテリー交換に行ってきました。
今回は実際にApple正規サービスプロバイダで、バッテリー交換する際の流れと注意点について解説します

バッテリーの劣化状態のチェック

iPhoneのバッテリー容量が80%未満に劣化した場合、バッテリーを交換することでパフォーマンスが良くなる可能性があります。
バッテリーの劣化状態は、端末内で確認する事ができます。

設定アプリを開き「バッテリー」>>「バッテリーの状態」をタップ▼

最大容量の項目を確認します。ここが80%以下の場合、バッテリー交換を推奨されています▼ちなみに私の交換前の最大容量は78%でした。体感的には数値より遥かに劣化を感じていて、モバイルバッテリーにつなぎっぱなしで使っている状態でした。電車で音楽を聴きながら調べ物をして移動しているだけで、現地に到着する頃には100% →40%以下という酷い状況でした。

バッテリー交換料金

iPhone のモデル Apple 製品限定保証
AppleCare+ の保証対象
保証対象外
iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 0円 7,800 円
iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus 0円 5,400円

バッテリー交換方法

バッテリー交換は、AppleストアやApple正規サービスプロバイダに持ち込む方法と配送修理の2通りあります。

今回はWEB予約を取っての「持ち込み修理」に行ってきました。

予約方法

バッテリー交換の予約は、Apple公式サポートサイトと、Appleサービスアプリのどちらからでも可能です。

WEBページ予約

→ Appleサポートサイト

「バッテリー交換を申し込む」を選択▼

「持ち込み修理」をクリック▼

Apple IDでログイン後、場所の検索で「現在地」や行きたい地域を入力して検索▼

予約に空きがある日は ↓ のように青○で表示されるので、時間をクリックして予約します▼
上画像のように、毎朝1週間後の予約を一斉に受け付けるAppleストアが多いようです。

※ 空き時刻をタップしただけで予約が受け付けられてしまいますので注意!

Appleサポートアプリ


Apple サポート

 無料

サポートを受けたい端末を選んで、「バッテリーと充電」>>「バッテリー交換」>>「持ち込み修理」から予約を入れます▼

予約が受理されるとAppleから「お客様の Apple正規サービスプロバイダの予約について」という件名の確認メールが届きます▼

持ち込み修理でのバッテリー交換の注意点

データのバックアップ

万が一データが飛んでしまった場合に供え、iTunesやiCloudにバックアップを取っておく事が推奨されています。
私は予約を取れたのが現時刻から1時間半後でしたので、身支度しながら慌ててiTunesにバックアップして出かけました。
ここではバックアップ方法は割愛します。

iPhoneを探すをオフ

バッテリーの交換修理を受ける際、iPhoneを探すをオフにする必要があります。

設定アプリを開き名前をタップ、さらにプロフィールアイコンから「iPhoneを探す」をオフにする▼

ガラス割れの可能性

修理の受付時に担当の方から「保護ガラスが割れる可能性があります」と確認をとられます。
バッテリー交換後に「やはり割れてしまいました。申し訳ございません」と渡されました。

バッテリー残量が…モバイルバッテリーを持って行くべし!

バッテリーを新品に交換するので、たっぷり残量があると考えていてモバイルバッテリーを持って出かけませんでした。
しかしながら受け取った端末のバッテリー残量は「17%」...
この日はそのまま 運転免許の更新と、仕事に出かける予定ありましたので慌てました。モバイルSUICAとApple Payが使えないと厳しい1日になります。
すると担当してくださった店員さんから「よろしければ、充電しておきましょうか?」と嬉しい申し出を頂きました。
「1分1%とお考え下さい」と言われたので、ラーメンを食べてショッピングをして1時間くらい街で時間を潰して充電してもらいました。

モバイルバッテリーは必携です!

実際かかった時間

私はスムースに受付けができましたので、30~40分で全てが済みました。端末を渡してから戻ってくるまでは「約15分くらいでできます」と言われます。私はその後、1時間バッテリーの充電をしましたが..
しかしながら同時間帯に、数人のバッテリー交換予約が入っています。順番が後になると少し時間が掛かる事がありそうです。
当日、ややこしいクレームを付けているお客さんと長々と説明をリピートしている中年の方が居ました。そのため、私の後に並んだ方は結構後回しになっていました。予約時間の20分前にショップに行っていて正解でした。
ちなみに身分証明書などの提示は求められませんでしたが、一応持っていった方が良さそうです。

年末に比べて、そろそろ予約が入り易くなってきているようです。
iPhoneのバッテリーの持ちが悪い方は、持ち込み修理してみては如何でしょう?
生まれ変わったiPhoneは、新品のように元気です。満充電してでかければモバイルバッテリーが不要になりました。

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top