LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【11月5日に発売】FeliCa対応の日本国内モデル「Xiaomi 11T Pro」|5,000円OFFクーポンあり

Xiaomiはフラッグシップ端末のXiaomi 11T Proの国内発売を発表しました。11月5日に発売です。

Xiaomi 11T Proは、プロセッサーにクアルコムのハイエンド向けチップセット「Snapdragon 888」を搭載したハイエンド端末です。ディスプレイは120Hzの高リフレッシュレート画面を採用、デュアルスピーカー搭載、5000mAh大容量バッテリー、大型ベイパーチャンバーを搭載し、効率的な熱拡散を実現。ゲーミング用途も想定した端末となっています。
11T Proの贅沢部分をそぎ落とした高コスパモデルとなります。

 

Xiaomi 11T スペック

OS MIUI 12.5 
Android 11ベース
SoC Snapdragon 888
ディスプレイ 6.67 インチ
2400x1080px
RAM 8 GB
(LPDDR5)
ROM 128 GB / 256 GB
(UFS3.1)
外部ストレージ 非対応
リアカメラ 10,800万画素(F/1.75):メイン
800万画素(F/2.2):超広角
500万画素(F/2.4):マクロ
フロントカメラ 1,600万画素(F/2.45)
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋 / 顔
防水
NFC 対応
FeliCa
対応
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac / ax
Bluetooth 5.2
バッテリー 5,000 mAh
対応バンド 3G WCDMA:
B1/2/4/5/8/19
4G LTE FDD:
B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18
19/20/26/28/32/66
4G: LTE TDD:
B38/B40/B41/B42
5G:
n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38
n40/n41/n66/n77/n78
GPS GPS/Beidou/ GALILEO/GLONASS/ 
インターフェイス USB-C
 重量 204 g
 サイズ 幅: 79.9mm
高さ:164.1mm
厚さ:8.8mm

 

筐体

画面は6.67 インチFHD+ (2400 x 1080)、アスペクト比(縦横比)が20:9の有機ELディスプレイ。前面のセルフィカメラは、画面上部のパンチホールノッチ内に格納されています。
リフレッシュレートは120Hzに対応しており、ゲームをプレイしてもカクつく事なく描画できます。また240Hzのタッチサンプリングレート対応の高速ディスプレイで、HDR10 +をサポート。ディスプレイの品質を評価する機関「DisplayMate」によってA+の評価を受けています。

 

ディスプレイは、Gorilla victusで保護されています。カラーバリエーションは、ホワイト(Moonlight White)、ブルー(Celestial Blue)、グレー(Meteorite Gray)の3色展開

インターフェイスに関しては、指紋認証は端末サイドに配置されており、3.5インチのミニステレオジャックはありません。

バッテリー

最大120W のXiaomi ハイパーチャージ急速有線充電に対応しており、5000mAhの内蔵バッテリーを17分で100%まで充電可能としています。

 

スピーカー

内蔵スピーカーは、オーディオ機器のブランドHarman Kardonのチューニングです。DolbyATMOS対応のデュアルスピーカーを搭載。端末の上下に配置されているので、横向きでのビデオ視聴やゲームプレイでは、臨場感のあるサウンドが体験できます。スマートフォンを横にして持った時に、指で塞いでしまうことがないよう配置しています。

 

カメラ

リアカメラは、1億800万画素(f/1.75)メインカメラ、サブカメラには800万画素(F/2.2)120° の超広角カメラ、200万画素(F/2.4)のマクロカメラのトリプルレンズとなっています。
最大8K/30fps, 4K/60fpsの動画撮影に対応しています。録画モードでは『ワンクリックAIシネマ』や各種フィルタなど、現行世代となるMi 10Tシリーズでの評価を引き継ぎます。

前面のノッチ部には 1,600万画素(F/2.45)のポートレートレンズを採用。暗所でも美しく撮影できる「セルフィ・ナイト・モード」やAi美肌・美顔モードを搭載しています。

 

内部性能

搭載するプロセッサーはQualcommのフラッグシップSoC「Snapdragon 888」を採用。TSMCの7nmプロセスからSamsungの5nmプロセスに移行しています。
CPUコアのKryo 680は前モデル(SD865)と比較して最大パフォーマンスで25%、電力効率で25%の向上が図られています。Antutuベンチマークスコアは 74万ポイント程度です。

メモリは新世代LPDDR5規格を採用しており、旧世代と比べて29%高速化されています。ストレージも高速なUFS 3.1規格を採用しています。
メモリ/ストレージの組み合わせは、(RAM / ROM )8 GB + 128 GB  / 8 GB + 256 GBの2種類バリエーションのモデルが用意されています。

対応バンド

SIM1 , 2の両スロットが4G対応なので、デュアルVoLTE待ち受けが可能です(DSDV)。またデュアル5Gにも対応しています。
Wi-Fiは、ax (Sub-6)対応の機種となります。

ドコモ:4G帯(LTE)主要バンドであるB1、東名阪の高速通信バンドB3に対応していますので、都市部での使用は問題ありません。またプラチナバンドB19に対応しているので、高い建物の影や地下、郊外での通信にも強いです。また3G帯のプラスエリアB6にも対応しているので、僻地や山間部での電波もバッチリ掴みます。5G帯に対しては、Sub6のn77、n78に対応しています。ミリ波は非対応です。

SoftBank:バンド(LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8)にも対応していますので、日本国内でも快適に使えます。
5G帯に対しては、Sub6のn77に対応しています。ミリ波は非対応です。

AU:LTEバンドB1とプラチナバンドB26(18を内包)に対応しており、 VoLTE SIMが利用可能となっています。また通話に3G帯 BC0(CDMA2000) を使用する非VoLTE SIMには未対応です。5G帯に対しては、Sub6のn77/n78対応しています。ミリ波は非対応です。

楽天モバイル:主要バンドLTEのB3、パートナー回線のプラチナバンドB18ともに対応しています。5G帯に対しては、Sub6のn77対応しています。ミリ波は非対応です。

【 対応バンド 】
3G WCDMA:
B1/2/4/5/6/8/19
4G LTE FDD:
B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18
19/20/26/28/32/66
4G: LTE TDD:
B38/B40/B41/B42
5G:
n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38
n40/n41/n66/n77/n78

まとめ・ 価格・販売サイト

【Xiaomi 11T Proの価格】

  • Xiaomi 11T Pro(8+128GBモデル):6万9800円
  • Xiaomi 11T Pro(8+256GBモデル):7万9800円

Amazonではストレージが、128GBモデル5000円オフのクーポンが数量限定で発行されています。
2021年10月21日木曜日(木) から 2021年10月25日月曜日(月)まで。

Xiaomi 11T Pro Meteorite Gray 8GB + 128GB
シャオミ(Xiaomi)ストア【日本正規代理店品】
 

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top