スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【Etoren】3眼カメラのSonyフラッグシップ端末「Xperia 1」発売開始!性能・カメラ・スペックレビュー

ECサイト大手の「Etroren」では、ソニーモバイルの次期フラグシップスマートフォン「Xperia 1」の 取り扱いを開始しました。

「Xperia 1」は、エクスペリア初の3眼カメラを採用し、現在最高峰のSoC「Snapdragon 855」を搭載したXperiaシリーズの最新フラッグシップモデルです。

ちなみにXperia 1の日本国内のキャリア3社での取り扱いは「夏モデル」となっており、発売は初夏(6月中旬以降)となっています。

Sony Xperia 1スペック

OS Android 9.0 (Pie)
SoC Qualcomm Snapdragon 855
GPU Adreno 640
ディスプレイ 6.5 インチ
1644 x 3840 Pixcels
AMOLED
RAM 6 GB
ROM 64GB /128 GB
カメラ フロント:8 MP
リア:12.0⁺12.0+12.0 MP
microSD
スロット
最大 1 TB
SIM NanoSIM
認証方式 指紋
Wi-Fi 802.11b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
バッテリー 3,200 mAh
対応バンド 3G HSDPA:
800 / 850 / 900 / 1700(AWS)
1900 / 2100
4G: FDD-LTE
BB1/2/3l/4/5/6/l7/8/12/13
17/19/20/21
TDD-LTE
B34/38/39/40/41/46/66
インターフェイス USB Type-C
 サイズ 167 x 72 x 8.2 mm
 重量 180 g
その他 NFC

 

筐体レビュー

ディスプレイのアスペクト比は、世界初となる21:9(映画で採用されているフォーマット)の縦長画面。ノッチを採用しない4K解像度で、6.5インチ極細ベゼルタイプを採用しています。上部フレーム部にセンサー、スピーカー、フロントカメラが配置されています。「Xperia 1」では、有機ELの4K画面を採用していますが、下位モデルの「Xperia 10 (Plus)」はIPS液晶ディスプレイのFHD+を採用しています。

筐体素材はCorning社のGorilla Glass 6を採用▼

Xperiaではじめて採用して、好評だった端末サイドの指紋認証が戻ってきました。端末を握っただけでロック解除が可能です防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)に対応しており、タッチ精度が高いので、手や画面が濡れたままでも快適に操作できます。

動画の音やゲームのアクションに合わせて振動する「ダイナミックバイブレーションシステム」にも対応しています。

カメラ性能

カメラ構成は、メイン1220万画素(F値1.6)/メモリー積層型イメージセンサーの標準カメラ、超広角カメラ1220万画素(F値2.4)、2倍望遠カメラ1220万画素(F値2.4)のトリプルレンズ仕様。ローライト撮影の性能も向上しており、現行モデル「Xperia XZ3」と比べ暗所撮影の感度が4倍アップしています。

内部スペック

Xperia 1のSoCには、現在最強クラスのクアルコムの新型高性能チップセット「Snapdragon 855」を搭載しています。スナドラ855は、GPUに独自コアの「Adreno 640」を採用しており、従来の845と比べゲーム性能が20%向上しました。また7nmプロセスとなったことで、演算性能が45%、AI性能が3倍向上しており、Antutuベンチマーク スコアは、約36万-38万と言われています。他社の7nmフラッグシップ SoC(Kirin 980、Apple A12 Bionic)と比較しても、最高のパフォーマンスを発揮します。現在最高クラスのチップセットです。
RAMは6GB。内部ストレージ(ROM)は、日本国内のキャリアで取り扱うモデルでは 64 GBとフラッグシップモデルとしては窮屈な容量です。Etorenで取り扱っているモデルは128 GBとなっています。

対応バンド

SIM1 , 2の両スロットが4G対応なので、デュアルVoLTE待ち受けが可能です(DSDV)

ドコモ:プラチナバンド4G帯のBand19に対応しており、都市部及び地方での使用に問題はありません。3G帯のプラスエリア(B6)への対応は不明です。

SoftBank:LTEバンド1,3,8 に対応していますので、日本国内での使用は問題はありません。

AU:LTEプラチナバンドB18(26)にVoLTE SIMに未対応です。また通話に3G帯 BC0(CDMA2000) を使用する非VoLTE SIMも対応していません。

【 対応バンド 】
3G HSDPA:
800 / 850 / 900 / 1700(AWS)
1900 / 2100
4G: FDD-LTE
B1/2/3/4/5/6/7/8/12/13
17/19/20/21
TDD-LTE
B34/38/39/40/41/46/66

Xperia 1まとめ

スマートホンにも10倍光学ズーム端末が登場しましたが、今回のXperia1は、光学2倍望遠に留まるなど、フラッグシップモデルとしては、あまり目を見張る機能はありません。しかしながら4K HDR対応有機ELディスプレイを搭載しており、復活が望まれていたサイド指紋認証や、ソニーの一眼カメラ「α(アルファ)」で定評のある「瞳オートフォーカス(AF)」に対応するなど、ソニーらしい端末に仕上がっています。ファーウェイ問題以来、Android端末ではXperiaに回帰するユーザーが急増しています。このXperia 1も人気の端末になりそうです。
価格はグローバルモデル「J9110」が10万3,900円となっています。

ミドルレンジXperia

また最新シリーズのミドルレンジ・エントリーモデルの「ソニー Xperia 10 / 10 Plus」の取り扱いも始まっています。こちらもミドルレンジクラスのXperiaが欲しいユーザーにはピッタリの端末に仕上がっていると思います。こちらの標準価格は、それぞれ349ユーロと429ユーロ。
Etorenでは「 Xperia 10」 4万 100円, 「Xperia 10 Plus」4万 9,300円で販売されています。

→ Sony Xperia 1 / 10 / 10 Plus【Etoren】

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top