スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【Etorenなど】コンデジを超えた三眼レンズスマホ「Huawei P20 Pro」が6万円台!

海外ECサイトEtorenにて「HUAWEI P20 Pro」の取り扱いが開始されました。
P20 Proは2018年夏モデルではありますが、4,000万画素のカラーセンサーを搭載したライカレンズ採用のトリプルカメラが秀逸で、今現在でもスマートホンカメラの最高峰の端末として人気です。
P20 Proは、コンパクトデジタルカメラをも凌駕する程のカメラ性能を誇っており、逆にP20 Proと同等に美しい夜景を撮影できるコンデジを探している人が居る程です。
当初10万円を越えていた端末価格ですが、発売から半年が経過した事で6万円台まで降りて来ています。
カメラ性能優先でスマートホンを選ぶ人にとっては、とても食べ頃な美味しい端末になっていると思います。

Huawei P20 Proスペック

OS EMUI 8.1
(Android 8.1ベース)
SoC  HUAWEI Kirin 970
RAM 6 GB
ROM 128 GB
FaceID
(顔認証)
あり
ディスプレイ 6.1 インチ
2240 x 1080 pixels
有機EL
カメラ フロント:24 MP
リア:40 + 20 + 8 MP
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
SDカード なし
バッテリー 4,000mAh
対応バンド 3G: UMTS(WCDMA)
B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA
B34/39
4G: FDD-LTE:
B1/2/3/4/5/6/7/8/9/12
17/18/19/20
TD-LTE:
34/38/39/40/41
サイズ 155 x 73.9 x 7.8 mm
重量 約 180 g

筐体画像

ディスプレイは6.1 インチ。2240 x 1080 pixelsの有機EL(AMOLED )画面。
小型のノッチを採用しています▼

HUAWEI P20 Proと言えばトワイライトカラー↓ですね。この端末の登場以降、トワイライトカラーのAndroid端末が定番化しています。
端末は防水防塵(IPX7・IP6X)仕様です。

 

処理性能

搭載される HUAWEI Kirin 970はHuawei Mate10 Proにも搭載されているハイエンド端末向けのSocで、Antutuのベンチマークのスコアは20万越えの処理能力を誇っています。
「Kirin 970」はAI処理専用のプロセスユニット「NPU」を積載しています。通常AIサービスは、高速な演算処理が可能なクラウドベースで処理されますが、Kirin 970に組み込まれたNPUは端末単体でディープラーニング処理され、CPU比で最大25倍のAI演算が可能で電力効率も最大50倍と公表されています。

RAMは6GB、内蔵ストレージは128GB。外部MicroSDカードには未対応です。
最大の特徴は「GPU Turbo (ターボ)機能」により、ゲームプレイ時にGPUをブーストされ、旧モデルのプロセッサー(Kirin 960)と比較すると、グラフィック性能を最大60%まで向上し、さらに消費電力が最大30%低減されます。これにより3Dをグリグリに使った高負荷なモバイル向けゲームでも快適に遊ぶ事が可能です。
HUAWEI Mate 20 Proに搭載されている、ファーウェイの次世代フラッグシップSoC「Kirin 980」ではAntutuスコア31万、ソニーモバイルの次期フラッグシップモデルといわれる「Xperia XZ4」などは、Antutuスコア約40万といわれており、P20 Proは今となればありきたりのハイエンドモデルです。だが、これだけの性能があれば動かないゲームは無いでしょう。

P20 Proは4,000mAhのバッテリーを搭載しており、端末を使い倒したとしても丸一日持つ長い駆動時間も魅力の一つです。

カメラ性能

P20 Proは とにかくカメラ性能が際立っており、リアカメラにLeica(ライカ)レンズを採用した業界初のトリプルカメラを搭載した事で有名です。

4,000万画素のカラーレンズ+2,000万画素のモノクロレンズに加え 800万画素ズームレンズの構成。800万画素のズームレンズは光学3倍ズーム相当▼

高品質で明るいレンズ(カラー:f/1.8 + モノクロ:f/1.6 + ズーム:f/2.4)と、大きなイメージセンサー(7.76 mm x 5.82 mm)が暗い場所でも、鮮やかで高精彩な写真撮影を可能にします(ISO 102400の感度)
P20 ProのカメラはAI(人工知能)で、現在のシーンを自動的に解析。それに合わせて最適なモードに自動で調整してくれます。更に960fpsのスーパースローモーション撮影が可能、と呆れる程の高性能ぶりです。

フロントには2400万画素カメラを搭載。

Huawei P20 Proまとめ

Huawei P20 Proの発売後、Google Pixel 3が発売されカメラ性能に関しても良く比較されます。またファーウェイの新フラッグシップ端末「HUAWEI Mate 20 Pro」も三眼レンズ搭載となっています。
しかしながら Pixel 3の実売価格が9万 5,000円、Mate 20 Proは10万 5,500円という事を考えるとP20 Proはそろそろ買い頃な気がします。

※ Etorenで取り扱われているP20 Proは海外モデルのためFeliCa(フェリカ)機能がついていません。

国内モデルのフェリカマーク▼おサイフケータイ機能を使いたい方は国内モデルの購入をお勧めします。Amazonなどで販売されている日本国内(docomo)モデルは6万円台で購入可能となっています。

【Etoren販売ページ】 Huawei P20 Pro(6+128GB / トワイライト)7万 3,400円

Amazon.co.jp▼

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top