LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【実機レビュー】マツコの知らない世界で寝フォンとして話題のTWS!入眠に特化した超小型イヤホン1MORE ComfoBudsZ

中国のオーディオ機器ブランド「1MORE」の完全ワイヤレスイヤホン 『 ComfoBuds Z(コンフォバズ ゼット)』が手元に来ましたのでご紹介します。

『 ComfoBudsZ』は、「マツコの知らない世界」で寝落ち・寝転びながら使える睡眠用 “寝ホン” として紹介されて話題になったイヤホンです。
寝転びながら使っても邪魔にならないように、ギリギリまで小型化しており、優しい音のチューニングで眠りを妨げる事が無いのが特徴です。

 

ComfoBuds Zスペック

型番 30F3A5
イヤホンタイプ カナル型
チップセット
Bluetootthプロファイル なし
対応コーデック AAC / SBC 
再生周波数帯域 20Hz – 40KHz
音楽再生時間 音楽モード:約 2.5 時間
落ち着くモード:約 3.5 時間
Bluetoothバージョン  5.0
防水等級
ドライバーユニット
インビーダンス 不明
ノイズキャンセリング パッシブノイズキャンセリング
通話マイク なし
バッテリー容量
非公開

開封の儀

【パッケージ内容】

  •  ComfoBuds Zイヤホン x 1ペア
  • 収納充電ケース x 1
  • イヤーピース 4種類
  • USB-C充電ケーブル x 1
  • 収納用巾着
  • 取扱説明書などの紙類
  • 1Moreステッカー

 

取扱説明書は今主流のマルチ言語形式。日本語でも詳しく解説されています▼

 

製品レビュー

イヤホン本体

ComfoBuds Zは、イヤホンとデバイス間がワイヤレスで接続し、なおかつ左右が完全に独立した Bluetooth 接続のカナル型のTWSです。

イヤホン本体は、いわゆる「お団子」タイプ。楕円形で小さくて豆のように見えます▼

 

ハウジング部は、艶消しホワイトで1MOREのロゴが薄っすらと見えます▼

 

イヤーピースは円形で耳の穴にフィットします▼

 

イヤーピースは、 XS / S / M / L の 4 種類のサイズが用意されています▼

 

重さは実測で片側 約 2.7グラムの超軽量!一般的なTWSの半分の重さです▼

 

チャージケース

充電ケースは小型で、ケースに入った目薬くらいのサイズ。ポケットに入れても嵩張りません▼

 

ケースのサイズは、実測で 幅60.3 x 高さ 38.6x 厚さ30ミリ▼

 

いつものようにリップクリームと並べてみます。サイズ感が伝わるかな▼

 

ケースの裏には、滑り止めゴムが付いています。技適マークはココについていました▼

 

イヤホンを格納したケースの重さは約 40グラム▼

 

充電ポートはUSB-C。ケースにはバッテリーのインジケーターは付いていませんが、1灯ついているLEDの色で残量を確認できます。

緑点灯:100-70% /  オレンジ点灯:69-30% / 赤点灯:29%以下

 

バッテリーについて

1回の充電で音楽モード約 2.5時間、リラックスモードで3.5時間。ケースに戻しての充電を含めると最大14時間。
装着したまま寝落ちする事などを考えると、使う前に毎日充電が必要かもしれません。

 

 

使い方

ケースを開けてイヤホンを取り出すと、接続済みのデバイスとペアリングされます。初回はペアリングモードで起動します。

後はスマートホンの 設定を開き、Bluetoothから選択するだけで完了▼

 

 

操作・装着感

操作性について

充電ケースからイヤホンを取り出すと電源が入り、ペアリング済みのデバイスに接続する「自動ペアリング」機能が搭載されています。

ペアリングが完了するとパコンとイヤホンから音が聴こえます。私のタイミングだと耳に入れた時に、ペアリングが完了するタイミングでした。

またケースに戻すと自動的に充電が開始され、ペアリングが解除されます。デバイスとの接続に関しては、余計なプロセスは必要ありません。イヤホンからの曲・音量操作には対応していません。
寝ながらの使用に特化しているので、耳を下にした時の誤操作防止、筐体の小型化の為に削ったのでしょう。

 

装着感

私が使ったイヤホンの中では最小・最軽量のTWSです。寝る時に装着して、毎晩ネトフリ動画を視聴しました。耳を枕に押し付けて下になっていても、違和感や痛みはありませんでした。
補聴器並みのサイズなので「耳の穴から抜けなくなるのでは?」と恐怖を覚える程に小さいです。

イヤホンを装着していると言うより、耳の中に白い豆が入り込んでいるように見えます▼

 

斜め正面から見た様子。街で装着していたら小さくて2度見されるレベル▼

正面から見ると、人によっては全く見えないんじゃないかな?▼

 

 

音質

バランスド・アーマチュアドライバ(BA)型のドライバを採用しています。
BA型はもともと補聴器に使われていたドライバーで、イヤホンの小型化にも向いています。振動板に連結した金属片を振動させる方式で、応答性が良く微細な音の再現性に優れているとされています。

音質は、透明感のある中高域が特徴でボーカルとの相性が良い抜群と言われていますが、確かにきれいな高音が出ていました。
「寝フォン」とネーミングするだけあって、全音域に尖った音が全く感じられず、リラクゼーションを意識したチューニングだと感じました。低音に関してもズンズンというよりコンコンに近いですが、安っぽい音ではありません。

ちなみにANC, ノイズキャンセリング機能は搭載されていませんが、物理的なノイズキャンセリング(パッシブノイズキャンセリング)デザインとなっています。
要は耳栓を兼ねたイヤホンのデザインという事です。小さくて耳の形にフィットして入り込むので、確かにエントリーモデルのTWS並みに外音を遮断してくれます。

 

専用アプリ

1MORE MUSIC

開発:
1MORE Acoustic Technology(Shenzhen) Co., Ltd
評価(4.3/5)
無料

icon-itunes
 

 

専用アプリ「1More music」からは、モードの切替えが可能で、落ち着くモードサウンド(ヒーリングサウンド)のライブラリも用意されています。落ち着くモードサウンドは、波の音、雨の音、風の音、サンダーストームなど、入眠・リラックス用途に使える音源です。

落ち着くモードサウンドは、あらかじめ6曲用意されており、1曲削ると約30種類の中から選んでダウンロード可能です。

 

オフタイマー機能が搭載とありますが、イヤホンの機能ではなくアプリから設定します▼

まとめ・価格

1more Evoを使い続けた印象は、やはり音質の高さが際立っています。ノイズリダクション機能に関しては、強烈にカットしてくれる訳ではありませんが、ノイズを除去した後に漏れ聞こえる音に違和感がないのが気に入りました。
また、ノイズリダクション、トランスペアレント機能ともに、風切り音カットの性能は秀逸だと思います。綺麗に風切り音が消えます。

1more Evoの価格は¥9,990。発売当初はAmazon、楽天で取り扱っています。Amazonでは、販売ページにて3,000円引きのクーポンを発行していますので、6,990円(税込)にて購入可能です。

 

1MORE ComfoBudsZ
寝ホン 完全ワイヤレスイヤホン
 
※ メーカーさんの方からサンプル品をご提供頂いてのレビューとなります。金銭の授受などはありませんので、公正な視点で製品をレビューしています。
The following two tabs change content below.
Avatar photo

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top