LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

1型イメージセンサーの本格カメラ搭載スマホXperia PRO-I予約販売開始!スペックレビュー

ソニーが発表した新型スマホ「Xperia PRO-I」(エクスペリア プロ アイ)の予約販売が開始されました。

「Xperia PRO-I」は、1.0インチの大型センサーを搭載するなど、カメラ機能を大幅に強化したモデルです。「Xperia PRO」シリーズの最上位モデルとなっており、製品名の「I」(アイ)はイメージング(Imaging)の頭文字から取っています。

1インチセンサーは、ソニーの高級コンデジ「RX100 VII」のセンサーをカスタムしたもので、サイズやピクセルピッチも同等。
一般的なスマートフォンでは、ソフトウェア処理で擬似的なボケ撮影を実現していますが、1インチの大型のイメージセンサーを搭載したPRO-Iでは、光学的な本当のボケを楽しむ事ができます。

 

Xperia PRO-I スペック

OS Android 11
SoC Snapdragon 888
ディスプレイ 6.5 インチ
3840×1644
RAM 12 GB
ROM 512GB
外部ストレージ 最大 1TB
microSD/microSDHC/microSDXC
リアカメラ 16mm(超広角):1220万画素/F値2.2
24mm(広角):1220万画素/1.0型 Exmor RS CMOSセンサー/F値2.0・4.0
50mm(標準):1220万画素/F値2.4
3D iToFセンサー
フロントカメラ 800万画素(F/2.0)
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋 / 顔
防水/防塵 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
NFC 対応
FeliCa
対応
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac / ax
Bluetooth 5.2
バッテリー 4,800 mAh
対応バンド 3G WCDMA:
B1/5/6/8/19
4G LTE FDD:
B1/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B18
B19/B21/B26/B28/
4G: LTE TDD:
B38/B40/B41/B42
5G:
n3/n28/n77/n78/n79
インターフェイス USB-C
 重量 211 g
 サイズ 幅: 72mm
高さ:166mm
厚さ:8.9mm

 

筐体

画面は6.5 インチ4k (3840×1644)、アスペクト比(縦横比)が21:9の有機ELのXperia 1シリーズと同様のディスプレイを採用。
リフレッシュレートは120Hzに対応しており、ゲームをプレイしてもカクつく事なく描画できます。また240Hzのタッチサンプリングレート対応の高速ディスプレイで、HDR10 リマスターをサポート、標準規格(SDR)の映像をHDR相当の美しさに変換します。

 

Xperiaシリーズ特有のボタンが右側面に集中しているという特徴も踏襲しています。配置されているのは「音量キー」「電源キー兼指紋センサー」「ショートカットキー」「シャッターボタン」の4つ。

 

バッテリー

搭載しているバッテリーは4500mAh。30Wの急速充電(USB PD)にも対応しているので、最短30分で約50%の急速充電が可能です。ワイヤレス充電は最大15Wまで。
またQi規格のワイヤレス充電に対応している他のスマートフォンなどにバッテリーのおすそわけが可能です。

カメラ

画素数は3レンズ全て1,220万画素。カメラ構成は、4つのレンズを搭載するクアッドカメラですが、正確には「1つのセンサーに3つのレンズ」という仕組みになっています

  •  16mm(超広角):1220万画素/F値2.2
  • 24mm(広角):1220万画素/1.0型 Exmor RS CMOSセンサー/F値2.0・4.0
  • 50mm(標準):1220万画素/F値2.4
  • 3D iToFセンサー

 Xperia PRO-I最大の特徴はリアカメラの存在感。これは、1.0型イメージセンサーの採用のために、背面上部の中央に搭載しています。1インチセンサーは、ソニーの高級コンデジ「RX100 VII」のセンサーをカスタムしたもので、サイズやピクセルピッチも同等です。

24mm広角レンズは、ZEISS Tessar(ツァイス テッサー)レンズを採用しており、画像周辺部の歪みが少なく、高コントラストでシャープな質感を再現しています。

24mm広角レンズには可変絞りを搭載しており、F2.0/4.0の2段階でF値の切り替えが可能となります。
シーンに応じてぼけや光の量を調整し表現の幅が広がります。

ソニーのデジタル一眼カメラα(アルファ)シリーズおなじみの瞳AFは健在です。

標準・望遠・超広角、全てのレンズで、被写体の瞳を自動で検出し、正確にピントを合わせる「瞳AF」に対応しており、さまざまなシーンの人物を美しく描写します。
さらに「リアルタイム瞳AF」では、カメラキーを半押しすると、AIによって被写体の瞳を瞬時に検出してリアルタイムに追従します。
動画は、世界初の4KHDR 120fpsでビデオ撮影に対応しています。ソニー独自のアルゴリズムを使い、光学式手ブレ補正を強化した「FlawlessEye対応のハイブリッド手ブレ補正」を搭載しています。
高速読み出しが可能な1.0型イメージセンサーと組み合わせることで、動画撮影時の手ブレを抑えて鮮明な撮影が可能としています。

 

内部性能

搭載するプロセッサーはQualcommのフラッグシップSoC「Snapdragon 888」を採用。TSMCの7nmプロセスからSamsungの5nmプロセスに移行しています。
CPUコアのKryo 680は前モデル(SD865)と比較して最大パフォーマンスで25%、電力効率で25%の向上が図られています。Antutuベンチマークスコアは 74万ポイント程度です。

メモリ/ストレージの組み合わせは、(RAM / ROM )12GB + 512GB のゆとりのある構成。1TBまでの外部SDカードにも対応しています。

まとめ・ 価格・発売日

Xperia PRO-Iの価格は198,000 円(税込)。SONYの公式サイトでは予約販売を開始しており、2021年12月15日頃お届けとなっています。

>>> SONY Xperia PRO-I公式サイト

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top