スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【Etoren】ハイブリッド10倍ズーム搭載スマホ「Huawei P30 Pro」取り扱い開始!性能・カメラ・スペックレビュー

ECサイト大手の「Etroren」では、SIMフリー端末の「Huawei P30 Pro」の 取り扱いを開始しています。

Huawei P30 Proの最大の特徴は、Leica(ライカ)製の4眼カメラを採用した5倍の光学ズームに加え、画質の劣化を抑えた「10倍ハイブリッドズーム」を実現しています。

Huawei P30 Pro

【Huawei P30 Pro仕様】

OS EMUI 9.1
Android 9.0ベース
SoC HiSilicon Kirin 980
GPU Adreno 630
ディスプレイ 6.47 インチ
1080 x 2340 Pixcels
有機EL
RAM 6 GB / 8 GB
ROM 128GB / 256GB / 512GB
カメラ フロント: 32.0MP
リア: 40 + 20 + 8MP + ToF
microSD
スロット
最大 256 GB
Nano Memory
SIM NanoSIM + NanoSIM
認証方式 指紋 / 顔
Wi-Fi 802.11b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
バッテリー 4,200 mAh
対応バンド 3G WCDMA:
B1/2/4/5/6/8/19
4G: FDD-LTE
B1/B2/B3/B4/B5/B6/B7
B8/B9/B12/B17/B18/B19
B20/B26/B/B28
TDD-LTE
B32/B34/B38/B39/B40
インターフェイス USB Type-C
 サイズ 158 x 73.4 x 8.4 mm
 重量 192 g
その他 NFC / GLONASS / BEIDOU
IRブラスター

型番:
VOG-L29,  VOG-L09 (グローバルモデル)
VOG-AL00,  VOG-TL00 (チャイナモデル)

筐体レビュー

画面は6.47インチ有機EL画面。アスペクト比は19.5:9で、解像度は1080×2340ピクセル。水滴型ノッチ部にフロントカメラが格納されています▼

P20 ProではM字型ノッチ部にトップスピーカーが内臓されていましたが、P30では「HUAWEIアコースティックディスプレイ技術」により画面が振動するシステムを採用しています▼

IPX68の防水防塵規格(水面下での使用が可能)に準拠しています。カラーは光による偏光ボディを採用しており、レッド基調の「バラ色の夜明け」、水色から紫基調の「真昼の空」、ブルー基調の「神秘的なオーロラ」、ブラックの「夜の闇の美しさ」をそれぞれ表現しています。ただし、販売地域によりカラーのラインナップが異なるようです▼

6.47 インチもあるのでハンズオン画像を見ると結構なサイズです▼

画面内の指紋認証を採用(インディスプレイ指紋認証)。顔を使った認証(フェイスID)にも対応していますが、簡易的な2D認証なのでセキュリティ的には甘いです▼

インターフェイスはUSB Type-C。40Wの有線充電と15WのQiワイヤレス充電に対応しています。

内部スペック

搭載されるSoCは、Hisilicon Kirin 980。ファーウェイのハイエンド端末のMate 20/20 Pro/20Xにも採用されている高性能プロセッサーです。公表されているAntutu(v7.1)でのベンチマークスコアは約31万。これだけの処理性能があれば、重い3D処理を行うゲームでもストレスなくプレイすることが可能です。

メモリ周りはRAM 6GB / 8GB 、ストレージ(ROM)128GB / 256GB /512GBの構成で、SIMカードスロット2を使用した 256 GBまでの外部Nano Memoryカードに対応しています。

カメラ性能

P30 Proのカメラは、Leica(ライカ)製を採用しており、フロントカメラには背景を自然にボカす事が可能な32MPのセルフィカメラが配置されています。

このスマホの最大の特徴であるクアッド(4眼)リアカメラの構成は、メインに4000万画素(F1.6)の広角レンズ、2000万画素(F2.2)の超広角レンズ、800万画素(F3.4)の望遠レンズ、被写体の3D情報を収集する深度センサー「ToFレンズ」となっています。
前モデルのP20 Proでは、光学3倍ズームに加えて画質の劣化を抑えた「5倍ハイブリッドズーム」を実現していましたが、30 Proでは光学ズームは5倍、ハイブリッドズームは10倍へと更にパワーアップしています。最大50倍のデジタルズームに対応していますが、デジタル域でのズームはさすがに粗くなります。

P30 Proからは被写体に2.5cmまで接写できる「スーパーマクロ」機能を搭載しています▼

「HUAWEI Dual-View Video.5」機能を使う事で、2台のリアカメラを別々に起動して2種類のシーンを映し出すことも可能です▼

対応バンド

対応バンドは、モデルによって若干異りますが、VOG-L29、 VOG-L09 (グローバル版)の対応バンドで解説します。
SIM1 , 2の両スロットが4G対応なので、デュアルVoLTE待ち受けが可能です(DSDV)

ドコモ:プラチナバンド4G帯のBand19、及び3G帯のプラスエリア(B6)に対応しており、都市部及び地方での使用に問題はありません。

SoftBank:LTEバンド1,3,8 に対応していますので、日本国内での使用は問題はありません。

AU:LTEバンドB1,18(26)に対応しており、VoLTE SIMでの利用は可能です。通話に3G帯 BC0(CDMA2000) を使用する非VoLTE SIMには未対応です。

 

【 対応バンド 】
(プライマリーSIMスロット)
4G FDD LTE: Bands 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32
4G TDD LTE: Bands 34/38/39/40
3G WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
3G TDS: Bands 34/39
2G GSM: Bands 2/3/5/8(850/900/1800/1900 MHz)

(セカンダリーSIMスロット)
4G FDD LTE: Bands 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28
4G TDD LTE: Bands 34/38/39/40
3G WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
2G GSM: Bands 2/3/5/8(850/900/1800/1900 MHz)

 

Huawei P30 Pro まとめ / 価格

スマートホンではどうしても厚みを出すことができないので、明るいレンズの搭載とズーム域が問題でした。
これまでのスマートホンでは、目視以下の光学2倍ズームが精一杯でした。2倍ズームではイベントなどでの撮影シーン対応できずに、コンデジを持ち出す必要がありました。しかしながら10倍ズームまで実現してしまうと、旅行やイベントが全てスマホのカメラだけで賄えてしまいそうです。

「Huawei P30 Pro」の販売価格は、RAM 8GB + ROM 256GBモデルで約12万 5,000円と、iPhone XSなみの価格設定となっています。「Huawei Pシリーズ」の下位モデル、「Huawei P30」と搭載SoCは同じKirin 980を積んでいます。カメラにこだわらなければ無印P30(約8万 5,900円)というチョイスもありだと思います。

Etorenでの取り扱いはVOG-L29グローバルモデルとなっており、価格は RAM 8GB + ROM 256GBが12万 3,400円。RAM 8GB + ROM 512GBモデル12万 9,400円(記事掲載時には売り切れ)。少し上乗せするだけでROMが倍になるので ROM512 GBモデルの方が断然コスパが良さそうです。

【Etoren】
Huawei P30 Pro VOG-L29 (8+512GB / Aurora)
Huawei P30 Pro VOG-L29 (8+256GB / Black)
Huawei P30 Pro VOG-L29 (8+256GB / Aurora)
Huawei P30 Pro VOG-L29 (8+256GB / Crystal )

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top