スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

Mi Mix 2がマイナーモデルチェンジ!「Xiaomi Mi Mix 2S」の性能・カメラ・スペックレビュー

中国の家電メーカーXiaomi (小米)より新端末『Xiaomi Mi Mix 2S』が発売となりました。

Xiaomi Mi Mix 2Sは『Xiaomi Mi Mix 』のマイナーモデルチェンジ端末ですが、SoCがSnapdragon 835 → Snapdragon 845と大きく処理性能が上がっており、さらにリアカメラがシングルからデュアルレンズに変更、Qi充電に対応するなど魅力的な進化をしたAndroidスマホに仕上がっていいます。

スポンサーリンク

Xiaomi Mi Mix 2S スペック

【Xiaomi Mi Mix 2S 仕様】

OS MIUI 9
(Android 8.1ベース)
SoC Snapdragon 845
2.8GHz,Octa Core
ディスプレイ 5.99インチ
2160 x 1080 Pixcels
( FHD+)
RAM  6GB
ROM 64G
カメラ フロント:5MP
リア:12MP+12MP
microSD
スロット
x
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋
Wi-Fi Wi-Fi 802.11b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
バッテリー 3,400mAh
対応バンド 3G WCDMA: B1/B2/B3/B4/B5/B6/B8/B9/B19
CDMA: CDMA EVDO

BC0 / BC1 / BC6 / BC10
TD-SCDMA: 
B34 / B39
TDD/TD-LTE: TDD-LTE:
B34 / 38 / B39 / B40 / B41
4G LTE: FDD
FDD-LTE B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 /B13 / B17 / B18 / B19 / B20 / B25
B26 /B27 /B 28 / B29 / B30
インターフェイス USB Type-C
 サイズ 15.86 x 7.49 x 0.81 cm
 重量 189g
その他 NFC

 

筐体レビュー

アスペクト比 18:9の縦長ディスプレイですが、最近流行のiPhoneX風ノッチは採用していません▼

フレームはアルミ製で丸みを帯びたセラミックボディを採用▼

旧モデルのXiaomi Mi Mix 2とのデザイン差はデュアルカメラ程度です▼

カラーはホワイト、ブラックの2色▼

インターフェイスはUSB Type-Cを採用し、新たにQuick Charge3.0 対応しました▼

Qiワイヤレス充電に対応しています▼

ロック解除は指紋認証。顔認証(face unlock)については発売前の公式動画ではありましたが、スペック上では確認できませんでした▼

発売前の顔認証オフィシャル動画▼

旧モデルの「Xiaomi Mi Mix 2」同様にアップデートで顔認証機能が実装されるのかもしれません。

内部性能レビュー

SoCにSnapdragon 845を採用しており、AnTuTuベンチマークスコア(v7.0)は約26万超えの超ハイエンド端末です。RAM 6GB+ROM 64GB、処理能力に関しては、超ハイスペックを要求する3D処理ゲームでもモタ付く事なく遊ぶ事ができるモンスター機です。

カメラ性能

リアに搭載されているカメラはSony IMX363の12MP + 12MPのデュアルカメラを採用。ピクセルサイズ1.4um加え、2つのレンズがそれぞれ位相差検出に使えるデュアルPD Focusを採用しています。
高画質デュアルカメラを搭載しており、夜間の撮影にも強いf値 1.8の大口径レンズを採用しています。

フロントには5.0MPのカメラを採用し背景をボかしたエフェクトを掛ける事が可能です▼

ただしベゼル幅を削る為にフロントカメラを端末の右下に配置しています。これは自撮り時に逆さにする必要があったり意外と不評です。
ノッチを採用した場合には、凹(切り掛け)部分にフロントカメラを搭載しますのでノッチ無しで上部ベゼルを削ったツケだと思います。

対応バンド / SIM

Xiaomi Mi Mix 2S はDSDS(デュアルSIM / デュアルスタンバイ)に対応しており、SIMカード2枚挿しでの運用が可能です。

ドコモ:プラチナバンド4G帯のBand19、3G帯のプラスエリアにも対応しています。Docomo端末は国産スマホと同等に使えます。
SoftBank:バンド(LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8)にも対応していますので、日本国内での使用は問題はありません。
AU:3G回線 BC0 / BC6及びLTEプラチナバンドB18、B26、B28対応しています。ただしAUに関しては実働報告を聞くまでは判断できません。

3G WCDMA:
B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B8 / B9 / B19
CDMA: CDMA EVDO

BC0 / BC1 / BC6 / BC10
TD-SCDMA: 
B34 / B39
TDD/TD-LTE: TDD-LTE:
B34 / 38 / B39 / B40 / B41
4G LTE: FDD
B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 /B13 / B17 / B18 / B19 / B20 / B25
B26 /B27 /B 28 / B29 / B30

まとめ / 価格

Xiaomi Mi Mix 2Sはマイナーモデルチェンジのためかノッチディスプレイを採用していません。しかしながらQi充電対応、デュアルカメラ採用など、魅力的な進化を遂げています。Mi Mix 2Sは現在、海外通販サイトGearBestとGeeekbuyingでプリセールが開始されており、約6.6万円で入手可能となっています。
また新モデル発売にあたり型落ちになった旧モデル「Xiaomi Mi Mix 2」は、現在通販各社で大々的に在庫一掃セールを開催しています。型落ちになったとは言えMi Mix 2は、かなりのスペックで国内携帯キャリア各社のバンドに対応しています。今が狙い目かもしれません。

【GearBest】Xiaomi Mi Mix 2S

【Geekbuying】Xiaomi Mi Mix 2S

 

旧モデル「Mi Mix 2」割引クーポンは下記から探してみて下さい

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top