LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【レビュー】Amazonベーシック手の平サイズPCスピーカー「 V620ダイナミックサウンドスピーカー 」

Amazon Basicsブランドから発売されている、コンパクトな USB電源式PCスピーカー「ダイナミックサウンドスピーカーV620 」を購入してみました。

V620は、テレワーク需要から口コミで大人気の商品で、Amazonでは慢性的な品薄状態が続いています。

さっそく実機をレビューしてみます。

Amazon Basics V620

型番:V620BLACK / V620SILVER
スピーカー構成:左右セパレート型 ステレオ スピーカー
外形寸法:各サテライト スピーカー 約100×66×71 mm
重量:合計 約 649 g
出力 ::RMS 1.2W × 2(2.4W)
インピーダンス:4 Ω
ドライバー:不明
周波数特性:80Hz-20KHz
出力端子:φ3.5mmステレオライン出力
電源:USBバスパワー
ボリュームコントロール(右スピーカー側コード)

開封の儀

V620本体、取扱説明書

 

筐体レビュー

サイズは予想以上に小さく、ズッシリと重さを感じます。デザイン・質感に高級感があり、1800円スピーカーには見えません

 

スピーカーグリルはメタル製で、前方向にのみ被さっています

 

スピーカーと台座の間に底部ラジエーター(BASS振動板)が見えます

 

カラーバリエーションは、ブラックとシルバーの2色展開

 

本体(右側スピーカー)から伸びているケーブルは3.5mmステレオジャックと、USBからのバスパワー給電用のMicroUSBコネクタ

 

右側スピーカーとイヤホンジャックの間には、ボリューム調整のスライダーが付いています。
このスライダーは音量のみで、電源を切る事はできません。
取扱説明書には「電源はUSBコネクタを抜き差しして下さい」と乱暴な事が書かれています。

 

重さは約 645グラム

 

ちなみにケーブルの長さは、実測で左右サテライト スピーカー間で 約80センチ。ライン入力ケーブル / 電源用USBケーブル 約110センチ。
左右のスピーカーの間隔を離して置きたい人にとっては、少し短いです。

 

USBを挿し込むと青色LEDが幻想的に光ります

 

しかしながら電源スイッチが無いので、付けっぱなしだと目障りかもしれません

 

音質

超小型ですが最大音量にしても音割れなどもなく、チャカつきも抑えたチューニングです。

音質は、中高音域がクリアに綺麗に鳴ります。ドライバが小径で出力・音圧も弱めで、さすがに低音は苦手です。
EDMを聴くと、本来ズンズン聞こえるはずのキックが、コンコンと軽く鳴りますが、低音が響いてくる振動は感じます。

サイズの割には、音の解像度があります。しかしながら、やはり低音方向の情報量に関して物足りなく、音の軽さで神経質な音質に聴こえ、ライブ音源では、アーチストの息遣いや、楽器の聞き分けが厳しいです。

音の定位は、正確でボーカルの声が目の前に感じる事ができます。しかしながら、ジャンルによっては定位感が少し曖昧で、精度を要求されるち密なFPSゲームなどには不向きでしょう。

音質チェックの動画をYouTubeに上げておきました。ノートパソコンやスマートホンをお使いの場合、イヤホン、ヘッドホンで聴いてみて下さい。

少し辛口なレビューとなりましたが、左右それぞれが人の拳大しかありません。このサイズとしては、最大限に頑張っていると思います。
モニター付属のスピーカーや、ノートパソコンで物足りない人には丁度良いスペックに仕上がっています。

追記:その後、数日使ってみて音質を再評価しました。

 

ざっくり感想

お勧めポイント
 安くて高コスパ
 デザイン・質感に高級感がある
 綺麗なイルミネーション
 コンパクトで邪魔にならない
 音質が安っぽくない

 

残念な点
 ボリューム調整の位置が悪い
 ボリュームつまみがチープ
 電源スイッチがない
 青LEDが目障り
 スピーカー間のケーブルが短い

 

まとめ

コンパクトを追求して、尚且つ音質が安っぽくならないよう、設計された完成度の高いPCスピーカーだと思います。

しかしながら以前レビューした「Creative Pebble V2 」と比べると、あるはずの音が聞こえません。同じ低価格スピーカーとしては、音の解像度的に不満が残ります。▲ 右がCreative Pebble V2

Pebble V2は2,980円するので比較の対象外ですが、ほぼ同価格の下位モデル「Pebble」でも、比べものにならない程に音質が見劣りします。
ちなみに「Pebble」の出力は4.4W (RMS)、「Pebble V2」は8Wありますので、差がでるのは当然ですが、小ささを求めないのであればPebbleシリーズをお勧めします。

しかしながら机のスペースが無い環境や、出張などに持ち歩く場合は、V620の方がコンパクトで便利ですね。

AmazonベーシックV620の価格は1,880円。何故か4個まとめ買いセットばかりが在庫があり、単品の購入は品切れで予約待ち状態が続いています。

Amazonベーシック ダイナミックサウンドスピーカー USB電源式 PC コンピュータ
V620BLACK(ブラック)/V620SILVER(シルバー)

 

 

高出力モデルPebble V2▼

Creative Pebble V2
Type-C給電採用アクティブ スピーカー 8W RMS ピーク出力16W パワフル出力 45°上向きドライバー 重低音 パッシブ ドライバー SP-PBLV2-BK

 

通常モデル▼

Creative Pebble ブラック
USB電源採用アクティブ スピーカー 4.4W パワフル出力 45°上向きドライバー 重低音 パッシブ ドライバー SP-PBL-BK

 

通常モデルはホワイトもあります▼

Creative Pebble ホワイト
USB電源採用アクティブ スピーカー 4.4W パワフル出力 45°上向きドライバー 重低音 パッシブ ドライバー SP-PBL-WH
The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top