LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【クーポンあり】ポップアップカメラの4G対応Androidスマートウォッチ「kospet optimus2」

スマートウォッチメーカーのKospet から「optimus2(オプティマス・ツー)」が発売となりました。

optimus2は、OSにスマートウォッチ用のWearOSではなく、Android10.7を搭載したガッツリ機能のスマートウォッチです。
またスマートウォッチとして求められる、心拍数や血中酸素濃度、アクティビティログ、スマートホンと同期しての通知などの基本機能はもちろん搭載しています。更には1,300万画素のフラッシュライト付きのカメラも搭載しています。カメラはポップアップ式で90°回転して飛び出してくるギミック。通常時には隠れて収納されています。

現在、メーカー公式サイトでは、ワールドプレミアと題してセールを開催しています。

kospet optimus2スペック

 OS  Android 10.07
SoC MediaTek Helio P22
ディスプレイ 16インチ
400 x 400 pix
RAM 4 GB
ROM 64 GB
 カメラ 1300万画素 
Bluetooth 5.0
バッテリー 1,260mAh
対応バンド   GSM:
B2(1900),B3(1800) ,B5(850),B8(900)
WCDMA:
B1(2100),B5(850),B2(1900)
TD-SCDMA:
B34(2100),B39(1900)
FDD LTE:
B1,B2,B3,B5,B7,B8,B12
B17,B20
TDD LTE:
B38,B39,B40,B41
サイズ 52.5*56*17mm
重さ 75 g

 

筐体レビュー

フェイスは丸型で、上側にポップアップ式のカメラが配置されています。

 

カメラは90° 回転する起き上がるタイプ▼

 

機能もりもりなので、筐体は大き目ですね

 

裏側には心拍センサーが配置されています▼

 

バッテリーは1260mAh。Androidを動かすには少し頼りない容量ですが、Liteモードとの併用で快適に運用できるとの事です。

 

 

性能

プロセッサー

プロセッサーは、スマートホン用に開発されたMediaTek Helio P22を搭載。3年落ちのモデルですが、Antutuベンチマークスコア総合で7万超えです。スマートウォッチには十分ですね。

またHelio P22に加えて、PixArt PAR2822チップを搭載したデュアルチップ構成となっており、モードの切替時にチップを使い分ける仕様となっています。

スマートウォッチモードの時は、PixArt PAR2822チップが稼働する事で、消費電力を抑える仕様のようです。

 

モード切替

前述したように、Androidモードと低電力のLiteモードの切替が可能です。通常時にはライトモードで腕に装着しておき、必要に応じてアンドロイドモードを起動するという使い方を推奨しています。

 

Playストアも当然使用可能なので、ブラウザ、Googleマップ、Youtube動画の視聴まで可能です。

Apple WatchのWatchOSと比べて、WearOSはパッとしないですね。WearOSを搭載するくらいなら、独自OSとAndroid搭載の方が活用方法が多いですね。

 

アクティビティログ

心拍センサーや血中酸素濃度、睡眠ログなど、スマートウォッチに求められる機能は搭載されています。
更に31種ものスポーツに対応したアクティビティログ機能も搭載しています。

ただし端末が大きいので、実用的ではないスポーツもありそうです。しかしながら、スマートホンを持ってジョギングするくらいなら、ワンコインのデータSIMを挿して腕に巻いて走った方が良いですね。

 

カメラ

カメラはSonyのイメージセンサーIMX214を搭載しており、1080P/30fpsの動画まで撮影可能です。このサイズでオートフォーカスに対応しているので、被写体に向けるだけでピントが合ってしまいます。IMX214は決して高性能とは言えませんが、暗所や画像の鮮明度に定評があり、ドライブレコーダーに良く採用されるイメージセンサーです。

また面白い機能は、フラッシュ撮影。スマートウォッチにフラッシュがついているのは珍しですね

カメラの向きですが、自撮りやチャット、配信などではポップアップして内側を撮影。カメラを立てないで前向き(横向き)にも撮影が可能です。
※ 盗撮などの悪用は禁止ですよ

 

販売サイト・価格

kospet optimus2は、多機能ですがサイズ的に使う人を選びそうです。しかしながら、カメラ機能や手に巻けるAndroid端末として、色々な使い道がありそうです。

常にカメラが手元に欲しい人や、Androidアプリを素早く使いたい人、ゲームのレベル上げ用など、活用方法は無限大ですね。
LTE(通話)に関しては、FDD LTEのB1 、B3に対応しているので、東名阪をはじめとして都市部では使えますね。ソフトバンクに関しては、B8にも対応しているので、キャリア対応スマートフォンと変わらないバンドの掴みだと思います。

現在、Kospetのメーカー公式サイトでは、ワールドプレミアと題してセールを開催しています。

クーポンコード: 333OPTIMUS2
クーポン価格: $176.99
グローバルローンチギフト:
①先着50名にストラップ1本無料でプレゼント(黒と茶色選択可)
②〜7月28日の間にご注文した方は、ストラップまたは充電台を半額でご購入できます
(ストラップの元価格は9.99ドル、充電スタンドの元価格は19.99ドル)

kospet optimus2[公式ショップ]

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top