LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【実機レビュー】映画館を家に!XGIMI HORIZON Pro 4K ホームプロジェクター[PR]

ホームプロジェクターメーカーのXGIMI(ジミー)より発売されている、ハイエンドプロジェクターの「HORIZON Pro 」が手元に来ましたので、使い倒してレビューしてみます。

HORIZON Pro は、高解像度のプロジェクターとAndroid TV端末、Chromecast、サウンドシステムの機能を併せ持つハイブリッドなホームプロジェクターです。2,200ANSIルーメンの輝度に対応しており、最大300インチの4K解像度画像を昼間の照度下でも快適に視聴できるのが特徴です。
更に、8W x 2基の内蔵スピーカーは、オーディオ機器のブランドHarman kardon製。迫力のある音響システムを構築しています。
また障害物を自動で避けて投影する機能や、斜めから投影しても長方形になる機能など、エントリーモデルには真似のできない機能が満載です。

XGIMI HORIZON Pro 4Kスペック

※メーカーさんから実機をお借りしてのレビューとなります

OS Android TV 10.0 OS
Chromecast Built-in
Google Assistant
チップ MT9629
GPU MAIL-G52
ディスプレイ DLP
 ディスプレイチップ 0.47インチDMD
画像サイズ 40-300インチ
標準解像度 3840 x 2160 (4K)
最大対応解像度 4096*2160 @ 60Hz
 輝度 2200 ANSI ルーメン
ランプタイプ  LED
ランプ寿命 25,000 時間
画像エンジン ・X- VUE 2.0画像エンジン
・MEMC
・HDR 10 x HLG
AIの明るさ調整
自動台形補正 垂直:±40°,水平:±40°
RAM 2 GB
ストレージ 32 GB
ポート ・DC x 1
・HDMI 2.0 x 2
・USB 2.0 x 2
・LAN x 1
Wi-fi 802.11a/b/g/n
Bluetooth  5.0
電力消費量 200W ≧
サウンドシステム ・Dual 8W Harman / Kardon Speakers
・DTS-HD & DTS Studio Sound
・Dolby
サイズ 208.4*218.4*136.2mm
重さ 2.9kg

 

開封レビュー / 同胞物

  • XGIMI HORIZON Pro 4K本体
  • リモコン
  • 取扱説明書
  • ACアダプター

取扱説明書はマルチ言語仕様。日本語でも詳しく解説されています。

筐体

筐体は艶消しブラックの箱型ボディ。ちょうど1人暮らし用の炊飯ジャーくらいの姿形・サイズです 🙂 ▼

 

投影用のレンズはかなり大きい口径、右側にはCMOSイメージセンサーモジュールが配置されています。
もう一つの孔は光センサーだと思います▼

 

 

インターフェースは豊富です。USB-Cポートがあれば完璧だったんだけどな

 

上部には簡単な操作パネルがついています▼

 

底面には、1/4インチのネジ穴がついていますので、汎用の三脚などに装着可能です▼

 

色々な三脚・一脚・マウントに付くので、あらゆる場所に設置できます▼

リモコン

付属のリモコンは、細身でシンプルなデザイン。Google アシスタント対応です。

 

必要な電池は単四電池2本▼

 

機能レビュー

第一インプレッション

電源を入れて一番驚いたのは、起動が早い。6秒で起動します。
また一般的にプロジェクターは、駆動音(排気音)がうるさいですが、Horizon pro の静穏設計はホントに静かで、視聴の邪魔になりません。公称値は30dBとなっています。

 

輝度・解像度

4Kのプロジェクターを初めて使ってみましたが、鮮やかで自然な画質で驚きました。オートフォーカス機能で、画面がピタッと気持ち良くフォーカスが合います。
普通に大画面テレビで視聴しているようで、プロジェクターで観ている事をスグに忘れてしまう程です。
プロジェクター特有の輪郭がモワンとした感じは一切ありません。

 

2,200ANSIルーメンの輝度まで対応しており、「X-VUE」画質システムを搭載し、ノイズを低減し色を忠実に再現します。
明るい部屋でも全く違和感なく視聴できました。明暗差をダイナミックに表現するHDR10対応しているので、暗部が潰れたり、明るい部分がハレーションで消えたりする事もありません。※ 「輝度」の設定から「環境適応」をオンにすると、環境光に合わせてコントラストなどを自動調整しながら明るく映し出してれます。

 

機能

OS

プロジェクター本体は、オペレーティングシステムがAndroid TVになっており、Amazon Fire TVのように単体でコンテンツを再生する事ができます。Google Playストアも入っているので、アプリをダウンロードして追加する事もできます▼

YouTube、Amazon Prime Video、NETFLIX、Hulu、dTV、Abema TV、DAZNなど、専用アプリが入っていますので、ログインするだけで視聴できます。

Chromecast 機能も内蔵しているので、PCやスマートホンをミラーリングしたり、キャストして視聴する事もできます▼

 

サウンド

オーディオ機器のブランドHarman kardon(ハーマン・カードン)製の8W x 2基のスピーカーを内蔵しています。
スピーカー2つの距離が近いですが、小さなボディから出る音が単方向からの音にならず広がりを感じる事ができます。またチャカついた音にもならず、音圧のある迫力のある音質です。さすがハーマン・カードンという音です。NETFLIXで試しに付けた映画は、ついつい最後まで観てしまいました。

側面のスピーカーには、「harman / kardon」のロゴがカッコいいですね。

 

障害物回避機能

HORIZON Proには投影先に障害物があると、避けて投影できる“障害物回避機能”が搭載されています。
障害物(カーテン)にかかるように投影してみると、それを避けて片側に一回り小さく投影されました▼

 

デジタルズーム機能

通常プロジェクターは、置く位置を買えて画面サイズを調整しますが、HORIZON Proは機械的にサイズを変更できる「デジタルズーム」が搭載されています。

サイズをデジタル的に変更できますが、さすがに可変できるサイズは限定的です▼

 

ちなみに最大300インチまでのサイズに対応していますが、300インチで投影するには7.95m離れる必要があります。

  • 60インチ:1.58 m
  • 80インチ:2.12 m
  • 100インチ:2.65 m
  • 300インチ:7.95 m

ゲームモードの応答速度

HORIZON Proには、HDMI入力時にのみゲームを快適にプレイできる低遅延入力のゲームモードが用意されています。ゲームモード時の応答速度30ms。映画モードとの差はあまりありませんが、FPSなどをプレイするとゲームモードの効果が分かりました。

 

台形補正機能

台形補正(キーストーン補正)機能とは、真正面から投影せずとも、斜めから投影した台形を長方形に補正してくれる機能です。
この機能により、HORIZON Proを好きな場所に置いて投影する事ができるようになります。部屋の真ん中に邪魔になる設置をせずとも、片隅に常設しておけるので結構便利な機能です。

斜めからの投影で台形に投影してみます▼

台形補正機能をオンにすると、正面から投影したように補正されます▼

また横方向だけではなく、縦方向にも台形補正が可能です。

台形補正(自動) 垂直 ±40°
水平 ±40°
台形補正(手動) 垂直 ±45°
水平 ±45°

また天井に逆さまに設置しても正常に投影されるような設定も可能なので、置き場所を選びません。

ただし、投影された台形の中に最大限に造れる16:9の長方形に投影します。指定したスクリーンに、大きく投影ししたい場合は出来るだけ正面(角度が付かない位置)から映すのがベターです。

 

まとめ・価格・販売サイト

XGIMIではモバイルプロジェクターを数多く販売していましたが、HORIZON Proは同社初のホームプロジェクターです。

XGIMI HORIZON Proは、「映画館を家に持って帰りたい」という創業時の想いが強く詰め込まれたXGIMI史上最高傑作となるリアル4Kホームプロジェクターです。

このコンセプトのとおり、高解像度と数々の補正機能により映画館にいるように自然に観れるので、没入感が違います。私も家で映画鑑賞したいと、今まで幾つもプロジェクターを買って来ました。しかしながら無理に引き延ばしたボヤーっとした画面に疲れてしまい、いつもスグに倉庫行きでした。

最新・ハイスペックのホームプロジェクターの使い易さと自然さは凄いとしか言いようがありません。
明るい部屋でも見れるので、普段使いのモニターとしても気軽に使えるレベルです。

ちなみにVGPアワード2021(VGP2021 SUMMER)においては、プロジェクター(15万円以上20万円未満)の部を「XGIMI HORIZON Pro」が受賞しています。

HORIZON Proの価格は、17万6,880円(税込)。さすがに高価ですが、4Kの機能モリモリのホームプロジェクターとしては安い方だから驚きです。
コロナで映画館に行けない分、家庭で大画面で映画を鑑賞したいですね。

販売サイト

HORIZON ProはAmazon、楽天の公式ショップで取り扱っております。

メーカーさんの方からセールの情報も頂いております。

楽天1日限りのブランドデーにXGIMI-SOTRE 登場
エントリー期間:
2021年10月26日(火)10:00~2021年10月30日(土)23:59
お買い物対象期間:
2021年10月30日(土)00:00~2021年10月30日(土)23:59
・HORIZON Pro/HORIZONが20,000円オフで購入できます。
・更に3Dメガネ(先着80位)をプレゼント。抽選で全額キャッシュバックのチャンスもあります。
エントリーはから
https://event.rakuten.co.jp/brand/campaign/

 

XGIMI Horizon Pro[リアル4K ホームプロジェクター ]
高輝度 2200ANSI ルーメン 4K UHD Android TV 10.0搭載 / 300インチ投影
 
The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top