【Instagram】モバイルデータ通信量を減らして節約する「パケ死予防」の設定方法

   

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

インスタグラムは非常に人気のあるSNSサービスですが、動画と画像を表示し続けるために激しくデータ通信量を消費してしまいます。

今回は、月末にパケットを追加購入しないために「Instagram」のパケット通信量を大幅に減らす設定方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

インスタのデータ通信量はどれくらい?

インスタは画像と動画を共有するSNSですが、観るつもりのない動画まで次々と自動再生されてしまいます。ちなみに、5分間インスタを利用したデータ通信量を計測すると57~83メガ使用していました。

この時には63MB使用▼
2016-10-13-10-04-15_r_r

※この数値は、私のアカウントのタイムラインと「発見」のタイムラインを流し読みした時の結果です

例えば5分間50メガ消費と計算しても1時間で600MBも消費してしまいます。7ギガコースの人が毎日1時間使えば、インスタだけで11日でパケ死してしまう計算になります。

 

モバイル通信時の動画自動再生オフ

Instagramアプリの右下のプロフィールボタン>>右上の歯車アイコンをタップ▼

2016-10-13-09-50-29_r_r

 

「携帯ネットワークデータの使用」を開き「データ使用量を軽減」をオン▼

2016-10-13-09-50-45_r_r

これでモバイルデータ通信時には、観るつもりのない動画が自動で再生される事がなくなります。
Wi-fi接続時には従来通りに動画が自動再生されますが、1テンポ遅れて再生が開始されます。

 

不要な通知をオフ

また、不要なプッシュ通知を切る事でもデータ通信量の節約になります。

動画の自動再生と同様に「プロフィール」から「設定」を開きます。

「プッシュ通知の設定」>>不要な通知を「オフ」に設定▼

2016-10-13-09-50-45_r1_r

これで不要な通知がオフになりました。

通知のデータ通信量は、ほんの僅かなものです。しかし、私はこれをオフにする事で、不要な通知に対して何度もアプリを開いてしまう事が無くなりましたので、結局は大きな節約になりました。プッシュ通知を全てオフにする場合、端末の設定からインスタの通知をオフにしても良いと思います。

Twitterアプリも同様の設定をする事で大幅にデータ通信量を減らす事ができます
関連エントリー▼
【iPhone/Android】Twitterアプリの画像設定でデータ通信料を節約するパケ死予防方法 | スマホLABOホンテン

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード 【Instagram】モバイルデータ通信量を減らして節約する「パケ死予防」の設定方法"

 - サービス, テクニック ,