SMSなしでも年齢認証付きLINEアカウントを作れる『LINEモバイル』でLINE新規登録・引き継ぎ・認証方法

   

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

LINEが手がける格安SIM(MVMO)「LINE MOBILE(LINEモバイル)」が2016年9月よりサービスを開始しました。

月額500円でLINEのデータ通信が無制限で使い放題の「LINEフリープラン」と、月額1100円からLINEに加えTwitter/Facebook/インスタグラムなどのSNSのデータ通信量が全てフリーになる「コミュニケーションフリープラン」がお得で人気が急上昇しています。

さらにLINEモバイルでは、電話番号やSMSの無いデータプランでもLINEアカウントを持つことが出来るので、タブレットやサブアカウント・裏アカウントとして利用する人が増えています。また、今までは三大携帯会社以外ではワイモバイル以外のMVNOではできなかったLINEアカウントの年齢認証も可能となっております。

今回はLINEモバイルでLINEアカウントを作成、引き継ぎする方法をご紹介します

 

スポンサーリンク

利用コードを確認する方法

LINEモバイルでLINEアカウント利用して年齢確認するには「利用コード」が必要となります。また、LINEアプリ内でLINEモバイル公式アカウントに登録する際にも同様に「利用コード」が必要となります。

利用コードの確認方法は、LINEモバイルの「マイページ」からログインし「契約情報」から「利用コード」をメモしておく▼

※初回ログイン時にはポップアップで「利用コード」が表示されます

 

LINEアカウントの新規作成方法

LINEモバイルでは、月額500円のSMSなしのデータSIMプランでもLINEアカウントを新規登録する事が可能です。

LINEアプリをインストール後「新規作成」をタップすると、SMS認証画面にSIM内の認証番号が自動的に表示されるので「次へ」をタップします※送られてきたSIMカード裏に記載されている番号と同じです。
「上記の電話番号にSMSで認証番号を送ります」と表示されるので「確認」をタップ
LINEモバイルのデータSIMの場合にはSMS認証画面がスキップされアカウントが作成される。

名前を入力して「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」を任意でチェックを入れ「登録」▼

SMS認証画面がスキップされないで認証番号の入力を求められる場合

LINEモバイルではLINEアカウントの作成時にSMS認証画面をカットする事ができますが、「認証番号」の入力画面が表示されてしまい認証スキップできない事があります。
これはWI-FIに接続した状態でアカウント作成すると表示されてしまいますので、Wi-FiをオフにしてLINEモバイルのモバイルデータ通信を使って認証する事でSMS認証を回避する事ができます。

 

年齢確認画面になるので最初にメモした「利用コード17桁」を張り付けて「次へ進む」▼

メールアドレスとパスワードを登録し「今すぐ登録する」▼
※これは後からでも登録可能です

登録したメールアドレスに「認証番号」が届くので入力して「登録する」
さらに「確認」をタップ▼

これで新規LINEアカウントが作成されました

LINEアカウントを引き継ぐ方法

既存のLINEアカウントをLINEモバイルに引き継ぎたい場合、通常の引き継ぎ方法と変わりません。最後に年齢認証時に「利用コード」を入力して引き継ぎ完了となります。
LINEの引き継ぎ方法に関しては下記エントリー参照:

【LINE】機種変更で「アカウント引き継ぎ設定」を忘れた!端末が壊れた時の対処方法
2016年2月から、LINEアカウントの引き継ぎ方法が変更になりました。もともと使っていた旧スマホ端末と、新たに購入したスマホの両方で引き継ぎ設定を行う必要があります...

端末を変えていないLINEアカウントでも年齢認証する事が可能ですので、SIMを挿入しモバイルデータ通信にした状態で設定から年齢認証を行います。

 

公式アカウントと契約者連携する

LINEモバイルではLINEアプリ内で契約者連携する事で「LINEモバイル管理機能」を利用する事が可能となります。
この契約者連携とは、他社のMVNOで用意されている専用管理アプリと同等の機能をLINEアプリに付加する機能と考えると理解しやすいと思います。

「LINEモバイル」公式アカウントの友だち追加

LINEアプリ右上の「…」より「公式アカウント」から「LINEモバイル」を検索して「追加」▼

「同意する」をタップ▼

 

契約者連携する方法

LINEアプリ内で「LINEモバイル」開き「契約者連携(マイページ)」をタップ

「新規ログインID連携」をタップしログインID/パスワードを入力し「連携する」をタップ▼

 

利用者連携をタップし「利用コード」を入力し「連携する」をタップ▼

これでLINEアプリ内からマイページを参照してデータ残量確認したり、データプレゼントなどが可能となります

「データ残量確認」をタップするとデータ履歴や残量などの詳細情報がLINEトークとして送られてきます▼

 

LINEモバイル通信速度テスト

LINEモバイルのモバイルデータ通信速度を計測してみました。

■計測エリア:池袋

■計測日時:2016年1月16日 平日朝10時

■端末:Xiaomi Redmi 3s

※ドコモ版iPhone7でも動作確認・速度チェックしてみましたが、ほぼ同様の結果でした

 

LINEモバイル裏ワザ・小技

テザリングでも使い放題

LINEモバイルの「LINEフリープラン」では、LINEで使用するデータ通信は全てカウントフリーとなりますが、モバイルルーターやテザリングで接続した端末のLINEデータ通信もフリーになります。
「コミニュケーションフリープラン」に契約した場合、LINEに加え各種SNSでのデータ通信が全てカウントフリーになりますので、SNSヘビーユーザーは使い放題状態になりますね。

iフィルターが無料で使える

LINEモバイルでは「iフィルター for マルチデバイス(年額4,320円)」を無料で利用できますので、子供にタブレットやスマートフォン・パソコンを持たせる場合のペアレンタル・コントロールには最適です。

この無料オプションはiフィルターのシリアル番号が発行されますので、LINEモバイルのSIMを使用していない端末にiフィルターをインストールしても利用する事ができます。LINEモバイルの月額500円のデータプランを契約すれば、iフィルターが使えた上に、タブレットやモバイルルーター用のデータSIMを実質月額140円で使えてしまう事になりますね。
昨年末に「Yahoo!あんしんねっと」の終了で、無料のWEBフィルタリングアプリが使えなくなって困っている方にとって、LINEモバイルは救世主になりそうです。

LINEモバイル

 

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

 - MVNO, サービス ,