iPhone含めSIMロック解除の義務化の各キャリアの最悪対応

   

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SIMロック解除義務化

スポンサーリンク

SIMロックとは?

基本的に通信方式の同じスマートフォンであれば、違う会社のSIMカードでも挿し込むだけで世界中どこでも使うことができるのが統一規格のSIMカードの長所です。しかし、今まで日本の携帯キャリアはコレにロックをかけてしまい他社のSIMカードでは使えなくして販売していました。

これにより海外旅行で渡航先のレンタルSIMカードを使えない、NMP(ナンバーポータビリティ)を使ってキャリアや格安SIMにスマートフォンを変更する事ができないなど問題があり、総務省がキャリアにSIMロック解除のガイドラインを提示しました。

 

総務省のSIMロック解除の義務化ガイドラインに改悪対応

2015年5月以降、SIMロック解除を義務化することを盛り込んだ「SIMロック解除に関するガイドライン」の改正案を発表しました。その適応端末も「販売した全機種」と明記されています。

当然2015年5月以降に販売する端末についてはSIMフリーと期待されていましたが、実際に各キャリアの発表した対応の内容が酷すぎると問題になっています

 

SIMロック解除の各キャリアの対応

DocomoのSIMロック解除の対応

docomo

今までは docomoは買ったその場でも3,240円払うと、Android端末はその場でSIMロック解除してくれていました。それが改定後は、、、

2015年5月1日(金)以降に発売される機種は、機種購入日から6か月間の解除制限期間(SIMロック解除を行わない期間)を設けております。

つまり、最新の機種でも購入して半年間が経過した端末のみSIMロック解除に応じるという、改悪しただけの対応措置を取った事になります。

ガイドライン改正に伴うSIMロック解除手続き方法の変更について

 

KDDI(au)のSIMロック解除の対応

auのSIMロック解除の対応はとにかく最悪で、Galaxy S6一機種のみしか解除しないとの事です。しかも、Docomo同様に購入後6か月経たないとSIMロック解除にも応じられないとの内容。

店頭でSIMロック解除する場合3,240円でネット申し込みは無料。

AUの対応

SIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧

 

ソフトバンクのSIMロック解除の対応

ソフトバンクの消極的な対応は特に酷く、ロック解除対応機種という意味不明な発表。その機種がBLADE Q+、301F、201HW、009Z、008Zという何とも聞いたことのないマイナーモデルのみ対応。

ソフトバンクのSIMロック解除

ソフトバンクモバイルの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除

 

ちなみに総務省のSIMロック解除義務化のガイドラインは以下の内容

このガイドラインの改正を受け、2015年5月以降に発売されるスマホは基本的にSIMロック解除に応じる義務が生じます。今回のガイドライン改正の狙いには、私たち利用者の利便性の向上はもちろんですが、MNPによる新規利用契約者と長期利用契約者の間に生じている不公平感を是正する目的も含まれています。これ以前にも、2014年2月頃より高額なMNPキャッシュバックに対しては、総務省が指導するということもありました。具体的なSIMロック解除の方法についてもガイドラインでは示されています。まず、対象となる端末は「原則として自ら販売した全ての端末」とし、可能な場合は利用者がインターネットや電話から手続きを行えるようにするなど、迅速な対応が求められており、解除料金についても「無料で行うものとする」と定めています。

結局の所、キャリア各社は総務省の義務化には応じないというハッキリとした意思表示をした事になります。これに対してお咎めなし「政府の指導は無視して構わない」、、反抗期の中学生と親の関係のような無意味なお小言。

 

SIMロック解除義務化のまとめ

SIMロック義務化は無意味

iPhoneはSimロック解除できない?

アップルストアで販売しているSIMフリー版iPhone以外はSIMロック解除できないという事になります。脱獄して設定するか、AmazonなどでSIMロック解除アダプターを購入して試してみるしかなさそうです。

 

各社のSIMロック解除のまとめ

ドコモは今まで有料で受けていたSIMロック解除サービスを購入後180日後に伸ばして無料にしただけの改悪

auはGalaxy S6のみ購入後180日後にSIMロック解除可能。超消極的

SOFTBANKは無名機種のみSIMロック解除に応じる。超超消極的。というよりヤル気なし状態

 

キャリアのテザリングAPNロック

現在、携帯キャリアから販売されている端末は、テザリングのAPNがロックされています。そのため、MVNOでの利用時にも、MVNOのSIMカードからもテザリング時にキャリアAPNへ強制接続、当然使えませんのでテザリングを利用できません。今回の総務省のガイドラインではAPNロックはお咎めなしなので、今後もキャリアのスマホではテザリングAPNロックの解除は期待できません

※ただし、ドコモ版のiPhone(iOS8以降)はMVNOが用意している「iOS APN構成プロファイル」を使うことでテザリングする事が可能です

 

キャリアの海外ローミングを強制?

5月1日以降発売のスマホは180日後に一部の端末のみSIMロック解除してもらえます。逆を返せば新機種をもって海外で使用したいならキャリアのバカ高い海外ローミングサービスをつかえという事になります。海外でレンタルSIMカードを使いたい場合、結局は古いスマホを持ち込んでSIMロック解除してもらうか、SIMフリー端末を購入しないと海外SIMを使うことができないという事になります。

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード iPhone含めSIMロック解除の義務化の各キャリアの最悪対応"

 - ニュース ,