Evernoteが無料で同期できる端末が2台に制限..OneNoteは代わりになるか?機能比較とインポート方法

      2016/07/08

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

4666_R

米Evernoteは現地時間6月28日、一般ユーザー向けの料金プランの値上げと無料版「ベーシック」の機能縮小を発表しました。今回の機能縮小の内容は、無料版「ベーシックプラン」では、従来はノートを複数の端末で同期できましたが、今後は同期できる端末が2台だけに制限されます。
その発表を受けて、Evernoteの代替アプリとしてOneNoteに乗り換えるライトユーザが多数でている模様です。今回は、無料のOneNoteがEvernoteの代わりになるのか機能を比較レビューして、乗り換え方法を解説してみようと思います。

 

スポンサーリンク

Evernoteの課金圧力

筆者は仕事用のアカウントは「プレミアム」プランを利用していますが、プライベートで使用してるベーシックプランのアカウントには下記のような警告のメールが届きました。

Evernote は、ユーザの生産性を最大限高めるためのお手伝いをすることだけではなく、弊社のビジネスを可能な限り透明に運営していくことをお約束します。本日は、無料版の Evernote ベーシックに関する、重要な仕様変更についてご連絡差し上げました。

今後、Evernote ベーシックで利用可能な端末の数を 2 台までに変更させていただくことになりました。例えばパソコン 1 台とスマートフォン 1 台、パソコン 2 台、あるいはスマートフォン 1 台とタブレット 1 台といった具合です。お客様は現在、2 台よりも多い端末で Evernote をお使いいただいております。この仕様変更には 30 日の移行期間を設けさせていただきますので、お手数をおかけいたしますが、ご利用端末数の調整をお願いいたします。なお、Evernote プラスまたは Evernote プレミアムの場合、引き続き端末数の上限なくご利用いただくことができますのでご検討ください。

無料の「ベーシックプラン」の転送量は月60Mと極端に絞られており、ノートのオフライン利用もできません。もともとEvernoteは、無料で使うには肩身が狭く、課金圧力の強いアプリでしたが、今回の機能縮小で「ベーシック」は更に利用価値が少なくなってしまいました。
先日は、Evernoteの有用アプリであったPC版のSkitchとChrome拡張のClearlyのサポートも打ち切りを行い、ユーザー達からは大ブーイングを受けたばかりですので、Evernoteの台所事情が厳しい事が伺えます。

 

Microsoft OneNoteに乗り換え

私はプライベートではテキストメモとWEBページをクリップしていた程度ですので、最低限の機能しか必要としません。しかし、同期を取っている端末はPC3台・スマホ2台・タブレット1台・Kindle1台の合計7台。2台に絞り込む事は到底できません。課金する程でもないので、今までインストールして放置していたMicrosoft「OneNote」に乗り換えてみる事にしました。

※以前のOneNoteは、フル機能を使用するにはOffice365を購入する必要がありましたが、昨年2月制限を撤廃し、全て無料で使えるようになりました。

Windows版とiOSアプリをダウンロードして使ってみます

公式サイト:http://www.onenote.com/

 

Windows版

00_R

OneNoteは「ノートブック」>「セクション」>「ページ」の三層構造になっています▼

002_R

 

 

タグ機能(タスクノートシール)

OneNoteにはタグ管理機能と同等の「タスク ノートシール」という機能があります

「ホーム」メニューで表示▼

003

チェックリスト形式でページ内に埋め込まれる形です▼

004_R

検索も同様に「ホーム」>「ノートシールを検索」▼
005_Rノートブック/セクション/ページ単位で検索する事が可能で、チェックの有無でも絞り込む事ができます

Excel文書を挿入

OneNoteはスプレッドシートをファイルから挿入する事ができます。Officeドキュメントをシームレスで使えて編集・連携できる事が最大のメリットでしょう

008

Evernoteではテキスト形式でしか挿入できなかったExcel文書もデザインを保持した状態で貼り付け可能▼

007_R

この機能は非常に嬉しい♪

 

画像注釈アプリ

アプリ単体での配布を中止した画像注釈ソフトの「Skitch」ですが、引き続きEvernote内では使用する事ができます。OneNoteでは、画像では無くページ内に注釈を描き込む事ができます。画像編集に関しては移動・回転・サイズ変更のみとなっています

009_R

画像の注釈を入れたい場合、PCなら「Screenpresso(スクリーンプレッソ)」の機能が特出しており、全てにおいて「Skitch」以上でオススメです

iOSアプリでは「Annotable 」▼
※無料で使える色は赤のみですが優秀です

010_R
Annotable — Ultimate Image Annotation Tool
開発: Ling Wang

無料

アプリ版OneNote

0000_R開発: Microsoft Corporation

無料
icon-itunes

Google playからダウンロード

アプリ版(iOS)のOneNoteも使ってみました。

直観的に使えるので特に不便は感じませんでした▼

2016-06-29 11.48.06_R

ページ表示▼

2016-06-29 08.40.26_R_R

Evernote同様にWebページをクリップも可能▼2016-06-29 11.40.55_R

 

OneNoteが無料でできる事

筆者を含め、やはり使い慣れたEvernoteがを使い続けたい方が多いと思いますが、今回の機能縮小に加えて無料で出来る内容を比較すると、差の大きさに愕然としてしまいます。

OneNoteEverNote
モバイルのメモにオフラインでアクセスX
無料アップロード容量無制限60M
メモにメールを保存X
名刺のデジタル化X

OneNoteで名刺をスキャンして管理する方法の記事を公開しました▼
OneNoteにスマホカメラで名刺をスキャンして管理する方法 | スマホLABOホンテン

EverNoteからノートのインポート方法

Windows版のインポートソフトは、こちらのページから無料でダウンロードできます▼

00000_R

画面の指示に従って、Evernote/OneNoteにログインして「インポート」をクリックして完了。階層が違う事もありますので、ノートが少ない方はコピペで移動した方が早く綺麗に整理できると思います。

※Mac版も近日中にリリース予定です

少し使った感想は、リマインダーが無い程度でそれほど不便は感じていません。しかし、使い慣れたインターフェイスを他のソフトに変えると、しばらくの間は非常に手間がかかってしまい仕事に支障が出てしまいますね。

追記:ソースネクストの「EVERNOTE(エバーノート) プレミアムパック」は、3年間で8,900円(税抜)の格安価格で発表後も販売されています。

後記

Evernoteの課金圧力に対して厳しい意見を書きましたが、それでも私は「Evernote」が嫌いにはなれません。ただ、広告収益を考えず、サービスのみでビジネスを成立させるという形では、ビジネスモデルが成立していない気がします。Evernoteではライトユーザーの取り込みの為に「プラス」プランを開始していましたが、それでも思うように取り込む事ができなかった結果、今回の値上げ+機能縮小の発表になったようです。ノートは半永久的に残したいものですが、会社の体力も考えて、このまま管理を任せ続けて良いのか、少し疑問を感じましたので一部アカウントをOneNoteに移動しました。使い勝手が良ければ仕事で使っている有料プランも、次回の更新時に継続しない予定です。

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

 - アプリ情報・レビュー, ニュース , ,