FIRE TV STICKの発熱で止まる問題が解決!ヒートシンクで激冷え空冷式に改造【レポート】

      2017/07/18

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Amazonビデオをはじめ、YouTube,Hulu,Dtvなど動画鑑賞に非常に便利な『Amazon Fire Stick TV』ですが、常に本体があつあつで熱が限界に達するとフリーズ問題が発生します。
動画再生中に画面に温度計が表示されてしまうと、Fire TVを一旦テレビから外して本体を冷やす必要があり、しばらく動画鑑賞はおあずけになってしまいます。
そこで今回は急速冷却する方法と、ヒートシンクを付けて空冷式Fire TVに改造すると熱問題が解決するのか検証してみましたのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

Fire TV Stickを急速冷却する方法

Fire Stickで動画鑑賞している時に、発熱問題で観れなくなった時の応急処置をご紹介します。
以前は扇風機やサーキュレーターの前に置いて冷やしていましたが、色々やってみた結果、冷やすより熱を吸い取る方法が圧倒的に冷却時間が速かったです。

大きめの凍らせていない保冷剤2つでギュっと挟んで1分~3分間待つだけ▼

保冷剤はTV Stickが当たっている部分が熱くなりますので、裏返したり場所を移動しながら冷やします。この時、凍らせた保冷剤を使うと内部に結露ができて水没故障してしまう危険性がありますので、保冷剤は常温のものを使用して下さい。保冷剤を扇風機で冷やして置く方法も効果的です。

今回使った保冷剤のサイズは12cmx15cmです。近所の百均で見当たらない場合、ロゴスから同じくらいのサイズの保冷剤が販売されています▼

 

ヒートシンクで空冷Fire Stick TV

Amazonでは熱を持つ機器の改造用に小型のヒートシンクが多数販売されています。
以前、当ブログで空冷式のiPhoneケースを造った時のアルミ製ヒートシンクが余っていましたのでコレを使ってみました。

 

当然ヒートシンクは空気に触れる面積が広いほど冷却効果を発揮しますので、Fire TV Stickより長めにカットしました。

貼りつける方法は、文房具の両面テープを使うと接着剤がベタベタになり 取り返しがつかなくなります。熱伝導両面テープを使って貼り付けるのがオススメです。
さらにSTICK TVの付いている場所は少し熱が篭る空間でしたので、テレビの位置と角度を変更し、空気清浄器から出る空気を利用してエアフローを改善してみました。

空冷式Fire TV Stick の効果

4月の終わり頃から暑い日に何度か、温度計が表示されて再生が止まる事がありました。GW中にヒートシンクを付けて以降、今のところ一度も発熱問題は発生していません。今後、気温が高くなる夏に向けて熱問題で止まる事があれば追記して報告したいと思います。

私のTV Stickは旧型ですが、実家に購入した新型TV Stickも常に熱々です。新型はクアッドコアプロセッサが搭載され処理はサクサク早くなっていますが、熱を持つ問題は対策されていないようですね。

今回は持っていたアルミ製のヒートシンクを使いましたが、最近では銅製の小型ヒートシンクも販売されています▼

ヒートシンクは小さいモノを幾つも貼り付けても良いと思います。最近ではFire Stick TVやChromecast用のヒートシンクも多数販売されています。

今回使用したヒートシンクは品切れのようです▼

熱伝導両面テープ

熱問題が頻繁に発生する環境ではボックス型がお薦めです▼

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード FIRE

 - 工作・実験