【iPhone】APPスイッチャーやアプリを使わずメモリーを完全解放する方法

      2016/01/28

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

2015-05-16 09.08.30_R

iPhoneのメモリー開放やバッテリー温存方法に関する手法は、Apple社からの公式情報が無いため外部アプリを使用したり、様々な定説が何度も覆されてきました。そこで今回は、iPhoneのメモリーを解放して軽くする方法とバッテリーの関係を整理してご紹介します

スポンサーリンク

Appスイッチャーでアプリ終了は無意味

今まではアプリを使い終わったらホームボタンを素早く2度クリックして、Appスイッチャー(マルチタスクスイッチャー)からアプリを上にフリックして、明示的に終了するのが正しい使用法とされていました。

タスクキラー

しかし、このAppスイッチャーは、最近使用したアプリの間を移動するためだけの機能で、スワイプ終了作業は無意味なのです。

その証拠に、アプリを起動した状態で再起動してAPPスイッチャーを開くと、直前に使っていた起動していないはずのアプリが表示されます
試しに処理の重いアプリを起動したまま再起動してみると、再起動後にもAppスイッチャー内に表示され続けています

再起動してもそのまま

したがって、APPスイッチャーにアプリが入っている状態でも、電池消費することは基本的にありえません。Apple のiOSのプラットフォームのマルチタスキング機能がアプリを自動的に閉じ、その後、バックグラウンドでタスクを操作したり終了したりしているのです。

※バックグラウンドで常時動作し続ける「Background App Refresh」を有効にしているアプリに関しては有効です

良く使うアプリは残しておくとバッテリー節約

Appスイッチャーからの終了は、バッテリーの持ちを良くするという事に関しては無意味ですが、アプリ毎にメモリー領域を確保し続けています。したがって、一日中使うLINEなどのアプリを「Appスイッチャー」から毎回終了してしまうと、起動時にゼロベースからの起動となり、CPUに負担が掛かり逆にバッテリー消費が増えてしまいます。参考URL

メモリーを完全に開放する方法

「メモリーを解放するとバッテリーを消費してしまう」という事をご紹介しましたが、メモリーを解放する為に「Appスイッチャー」を使ってもアプリが使っていたメモリー領域を解放する事しかできません

一度に全てのメモリーを解放する方法をご紹介します。

iPhoneの電源を長押しして終了画面を表示

2016-01-06 10.34.36_R

終了画面が表示されたら「ホームボタン」を長押しし続けるとホーム画面に戻ります

2016-01-06 10.34.38_R

これでメモリーの解放が完了です

2016-01-06 10.34.04_R

解放後、試しに「Appスイッチャー」から直前に使用したアプリに切り替えてみてください。アプリの起動画面が表示され、ゼロベースからの起動になっていると思います。iPhoneが固まった時や動作が鈍い時には、このメモリー解放方法が非常に便利です

まとめ

「Appスイッチャーからアプリを終了する事でバッテリー消費が抑えられる」という定説は皮肉にも逆の結果でした。しかし、アプリが占有していたメモリー領域を開放する用途には使えますので、アプリがフリーズした場合にはAPPスイッチャーを開き、アプリを上にスワイプして明示的に終了・再起動する事で解消される場合があります。ソース:Appleinsider

Appスイッチャー内にアプリが残っていても、メモリーを消費して休眠状態に入っていたり完全開放されてサムネイルしか残っていない場合もありますので、少し判断し難い部分が多いです。

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード 【iPhone】APPスイッチャーやアプリを使わずメモリーを完全解放する方法"

 - iphone, iPhoneテクニック, 情報・裏技 , ,