iPhone6(PLUS)は「急速充電対応」している事を検証してみました

      2015/05/07

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

2.1A対応USBアダプター

 

スポンサーリンク

急速充電に対応したiPhone6

iPhone6が1.4A、iPhone6 Plusが2.0Aの急速充電にそれぞれ対応したといわれています。しかし、純正充電アダプターは5V/1Aと従来の電圧の仕様ですので急速充電する事はできません。

そこで、どの程度の急速充電に対応しているのかチェックしてみました。

今回テストに使用したのは2.1A出力対応のUSBマルチタップです(上画像右側)

10分間で充電できる容量を計測してみました

純正の電源USBアダプターで10分間充電

結果:77% → 81% 4パーセント充電

※ その後、長時間計測した結果4.8%~5.2%/hで平均5パーセント

10分間テスト

次に2.1A/5.2Vの高出力の電源USBアダプターで10分間充電

結果:81% → 90% 9パーセント充電

※ その後、長時間計測した結果10%~7%/10minで平均8.2パーセント程度でした

 

iPhone急速充電テスト

 

明らかに充電量がアップしており、急速充電に対応している事を体感できました

単純に計算すると0パーセントから満充電する時間を計算してみると

付属充電アダプター:10分4パーセント

100 割る 4 = 25  x  10分 = 250分

急速充電アダプター:10分9パーセント

100割る9 = 11.1  x 10分 = 111分

※ 警告が出てバッテリーアイコンが赤くなっている時ほど充電量が多く、満充電近くなると少なくなります。

 

実際の電力を計測してみました

c

電力((W))=電圧((V) × 電流((A))で求められるので、このUSBアダプターの場合5.2Vx2.1=10.92

最大10.92Wで充電できる事になります

実際に計測してみると純正USBアダプターは6W弱高出力のUSBアダプターだと7.8W~8.1W程度でした。

アンペアに逆算してみると1.4Aどころか実際には1.6Aの急速充電に対応していそうです
1.6A x 5.2 = 8.32W

付属のUSB電源アダプターですと高速充電できませんので、時短したいならiPad対応の2.1A充電器が必須ですね

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

 - iphone, 情報・裏技 , ,