【iPhone裏ワザ】電波が弱い時にアンテナを数値に替えて受信デシベル表示する方法

      2016/01/28

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

デシベル表示

全開で電波アイコンが付いているのに途切れたり、電波無いハズなのに速度が出たりと、iPhoneの5段階の電波アイコンは正確なのか?と思えるような状況多いですよね。

そこで今回は電波を数値で表示するiPhone裏ワザをご紹介します。

スポンサーリンク

フィールドテストモードを表示

電話アプリからダイヤル画面を開き「*3001#12345#*」と打ち込み通話ボタンをタップ

ダイヤル画面で表示

すると「フィールドテストモード」に代わりアンテナピクトがデシベル(dBm)表示に変わります

フィールドテストモード

数値が0に近いほどシグナルが強いという事を表しています。筆者の仕事場は電波が悪く常に丸三つ「●●●○○」状態です。

ちなみにデシベルをアンテナマークに逆算すると下記のようになります

5本:-51~-100dBm

4本:-101~-105dBm

3本:-106~-110dBm

2本:-111~-113dBm

1本:-114~-120dBm

※キャリアによって若干違いがあります

表示を元に戻す方法

ホームボタンを押すだけで元のアンテナ表示に戻ります。「フィールドテストモード」の時にホームと電源長押しで再起動する事で常にそのままデシベル表示する事も可能です

アップル強制起動

タップすると「アンテナ」「デシベル」を交互に切り替える事が可能です

2015-08-04 13.57.32_R

 

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

 - iphone, iPhoneテクニック, 情報・裏技 ,