【iPhone】パスコード10回失敗でデータが全消去される究極セキュリティ

   

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

iPhone究極セキュリティ

 

iPhoneの認証はTouchIDで指紋認証を使っている方がほとんどだと思います。パスコード無しに設定する事もできますが、手が汗ばんでる時などTouchIDで認証されず仕方なくパスコード認証する事も多いですよね。

そこで、仕事の書類や絶対に守りたい内部データーを守る鉄壁のiPhoneセキュリティをご紹介します。

スポンサーリンク

10回ミスでデータを消す設定

iPhoneには、10回間違えると内部データが消えてしまう究極のセキュリティ設定があります。やりすぎな気もしますが、iCloudにアプリデータもバックアップされていますし、今ではGoogleフォトやDropboxに画像・動画も自動同期している方も多いのではないでしょうか?

端末が見つかったら「復元」するだけですので、業務情報漏えいなどのリスクを考えると、それほど危険な設定でもないのかもしれません。

端末設定方法

設定アプリから「Touch IDとパスコード」を選択

 

設定アプリ

 

 

一番下の「データ消去」にチェック

v

すると・・「パスコードの入力に10回失敗すると、このiPhone上のすべてのデータが消去されます。」と恐ろしい警告

恐ろしい警告

「使用」をタップして完了です。

 

番外:誕生日パスコードがダメな意外な理由

「0000」「1234」などの単純パスコードは問題外ですが、生年月日パスコードは避けて下さいとされています。これは運転免許と一緒に落とした場合などに、一発で誕生日からキャッシュカードなどが悪用されてしまう事が理由とされています。

しかし、好きなアイドルの生年月日で登録しているので関係ない、バレない。と安易に考えて生年月日パスコードを使っていませんか?

iPhoneの認証パスコードは4桁なので0000~9999まで総当たりで打ち込めばハッキングされてしまいます。しかし、誕生日は「0101」~「1231」までの365回(日)のハッキングで当たってしまいます。西暦だったとしても今年から90年以内の90回打ち込むだけです。

余談ですが、筆者の姪っ子はパスコードをアイドル誕生日&にロック画面をアイドル画像にしていました。落とした時にはパスコード付きのiPhoneですよね。今は止めさせましたが、あー怖い怖い

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード 【iPhone】パスコード10回失敗でデータが全消去される究極セキュリティ"

 - iphone, テクニック , ,