【iOS10】通知センターからテザリング、Wifiなどシステム設定を起動するランチャーのURLスキーム設定方法【Magic Launcher Pro】

      2017/03/17

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

2016-10-11-11-00-08_r_r

iOS10のメジャーアップデートで、ランチャーからシステム設定を起動することができなくなってしまいましたが、ランチャーアプリ「Magic Launcher Pro」がアップデートによりウィジェットからシステム設定を呼びだせるようになりました。

今回は「Magic Launcher Pro」を使ってテザリング、Wifi設定などのシステム設定を一発で起動する方法を解説します。

スポンサーリンク

Magic Launcher Pro


Magic Launcher Pro – Launch anything Instantlyd
開発: Roxwin Vietnam Technologies Company Limite

¥360※記事掲載時の価格です

追記:アプリが日本語対応しました▼

 

Magic Lancherでシステム起動の設定方法

アプリを起動したら下の「+」>>「App Lancher」をタップ▼2016-10-11-10-58-18_r_r

 

「Settings」から各種システム設定の項目を選択する事が可能▼2016-10-11-10-54-46_r_r

ちなみに私は、VPN/Wi-FIi/Locacion(GPS)/Auto Lock(自動ロックの時間設定)/アクセシビリティに設定しました。2016-10-11-10-54-33_r

 

テザリングなどの追加方法

一覧に用意されていない項目を追加するには、下メニューの「+」>>「Custom Launcher」から追加します▼2016-10-11-12-03-03_r_r

 

「Launcer Name」に名前を入力し、「URL Scheme」にはURLスキームを入力します。

例えばテザリングのURLスキームは「Prefs:root=INTERNET_TETHERING
注意:従来のprefs:root=..の頭を大文字にの「P」に変更する必要があります

アイコン画像を選択し、右上の適用アイコンをタップ▼2016-10-11-10-55-54_r_r
画像アイコンが無い方は、よろしければ私が作ったアイコンをお使いください▼
tez_R

【URLスキーム一覧】
prefs:rootを大文字のPrefs:rootにする事を忘れずに

コマンド内容
prefs:標準アプリを開く
prefs:root=General&path=About一般:情報
prefs:root=General&path=ACCESSIBILITY一般:アクセシビリティ
prefs:root=ACCOUNT_SETTINGSメール / 連絡先 / カレンダー
prefs:root=AIRPLANE_MODE機内モード
prefs:root=General&path=AUTOLOCK一般:自動ロック時間設定
prefs:root=Brightness画面と明るさ
prefs:root=General&path=Bluetooth一般:Bluetooth iOS 9以上
prefs:root=BluetoothBluetooth iOS 9以下
prefs:root=CASTLEiCloud
prefs:root=General&path=USAGE/CELLULAR_USAGECellular Usage
prefs:root=General&path=ManagedConfigurationList一般:プロファイル
prefs:root=General&path=DATE_AND_TIME一般:日付と時刻
prefs:root=FACETIMEFacetime
prefs:root=General一般
prefs:root=INTERNET_TETHERINGインターネット共有
prefs:root=MUSICiTunes
prefs:root=MUSIC&path=EQiTunes エコライザー
prefs:root=MUSIC&path=VolumeLimitiTunes ボリューム
prefs:root=General&path=Keyboard一般:キーボード
prefs:root=General&path=INTERNATIONAL一般:言語と地域
prefs:root=LOCATION_SERVICES位置情報サービス
prefs:root=NIKE_PLUS_IPODNike iPod
prefs:root=NOTESメモ
prefs:root=NOTIFICATIONS_ID通知
prefs:root=Phone電話
prefs:root=Photosカメラロール
prefs:root=General&path=Reset一般:リセット
prefs:root=Sounds&path=Ringtoneサウンド: 着信音
prefs:root=SafariSafari
prefs:root=General&path=AssistantSiri
prefs:root=Soundsサウンド
prefs:root=General&path=SOFTWARE_UPDATE_LINKソフトウェアアップデート
prefs:root=CASTLE&path=STORAGE_AND_BACKUPiCloud : 容量
prefs:root=STOREAPPストア
prefs:root=TWITTERTwitter
prefs:root=General&path=USAGE一般 : 使用状況
prefs:root=VIDEOビデオ
prefs:root=General&path=Network/VPNVPN
prefs:root=Wallpaper壁紙
prefs:root=WIFIWIFI設定

これで通知センターのウィジェットから一発でシステム設定項目にアクセスする事ができます。

ウィジェットから起動を確認▼2016-10-11-11-00-08_r1

 

設定完了後、テザリング(インターネット共有)が起動するかチェックしてみます▼

2016-10-11-11-54-56_r_r

 

ウィジェットを素早く起動する方法

iOS10では、画面上から「通知センター」を引っ張り下げると最初に通知が表示されてしまいますので二度手間です00000_r

ホーム画面から右へスワイプすると一発でウィジェットを表示する事ができますので、以前のように2アクションで起動する事ができます。001_r

 

システムラ設定ンチャー復活について

iOS10からは裏ワザを使ってスクリーンショットやカメラを無音撮影ができるようになりましたので、「アクセシビリティ」の直接起動は需要がありそうです。
私はタブレットやノートPCを頻繁にテザリングで接続しますので、2アクションで設定画面に飛べるのは非常にうれしいですね。

関連エントリー:
【悪用厳禁】iOS10でiPhone標準カメラのシャッター音やスクショ音を消す裏ワザの設定方法 | スマホLABOホンテン
「アクセシビリティ」 …

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード 【iOS10】通知センターからテザリング、Wifiなどシステム設定を起動するランチャーのURLスキーム設定方法【Magic

 - iphone, iPhoneテクニック, テクニック , ,