【Minecraft(PE対応)】最新版!超簡単な自動焼き肉製造機の作り方

   

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今回は簡単にマインクラフトで『自動焼肉製造機』を建築する方法をご紹介します。当ブログでは以前にも「自動焼肉焼き工場」の建築方法をご紹介しましたが、記事に改良を入れている間に煩雑になりすぎてしまいました。
そこで、簡単に建築できる超シンプル版をご紹介します。

スポンサーリンク

自動焼肉製造機とは

自動焼肉製造機とは、牛を囲いの中で繁殖させ、育ったところで水流で流してマグマで焼肉にしてしまう建築物です。全て処分してしまうと次の世代が生まれませんので、親牛2頭のみを残して次々と自動で焼肉になってもらいます。

ベースの作成

土ブロックで9 x 15 x 高さ3ブロックのベースを作成します。面倒であればチートのfillコマンドで一気に敷き詰める事もできます。

チートコマンド: 「/fill ~ ~ ~ ~-14 ~2 ~-8 minecraft:dirt 」
PEは「/fill ~ ~ ~ ~-14 ~2 ~-8 dirt」

 

水流部分の制作

ベースの上に木ブロックで下のように壁を造る▼

その内側に下図のように木のブロックを設置する▼

更にその上に木ブロックを置いてゆく▼

ディスペンサーを設置▼

ディスペンサーの中に水入りバケツを入れる▼

下の位置に木のフェンスを設置して水流部は完成▼

 

放牧部の制作

ベースの周りを木のフェンスで囲い、下の画像の位置に幅2x深さ2ブロックの溝を掘る▼

アイテム回収部の作成

画像の位置を2ブロック堀り大チェストを埋め込む▼

スニークしながらチェストにホッパーを取り付ける▼

そのホッパーに向かって更に2つホッパーを取り付ける▼

 

牛処理部の作成

ホッパーの上に石ブロックで処理部を造ります▼

コの字型に画像のように石ブロックを取り付ける▼

横から見た図▼

鉄のフェンスを図の位置に2つ取り付ける▼

奥2か所からマグマを流す▼

マグマで燃えてしまうので隣の木のフェンスを鉄のフェンス2段に変更する▼

 

作業部・親牛スペース作成

処理部の横に階段を設置する▼

高さ1.5ブロック開けた位置に石の半ブロックを2つ置く▼

※画像では一時的に鉄のフェンスにしていますが、無視して下さい

上から見るとこの位置▼

その周りを木のフェンスで囲う、この時下1ブロックは開けておく▼

この中に牛を2頭入れる▼

この隙間から仔牛は下に落ちるが親は出られない仕組みです。

 

スイッチ部の作成

階段の横に木のブロックを設置する▼

 

スイッチを押すと水流が流れるように、レッドストーンを引っ張ってきます▼

木のスイッチを付けて完了▼

仕上げ作業

牛が流れる溝をガラス張りにすると様子を観察できます▼

フェンスの上に松明でライトアップ▼

親牛スペースもライトアップ▼

 

自動焼肉製造機の使い方

階段を上って親牛2頭に小麦を食べさせて仔牛を産ませる▼

放牧地で大きくなった牛たちに小麦を食べさせてジャンジャン増やす▼

 

増えた所でボタンを押して水で牛を流して焼肉に▼

牛の処理が終わったらスイッチで水を止める▼

チェストを開くと牛皮と焼肉・生肉が大量▼

 

まとめ

今回はシンプルなミニマムサイズの自動焼肉装置を作成しました。放牧スペースが小さいので、牛たちは水流で流さなくとも自分から水に落ちて焼かれてしまったり、あまり効率は良くありません。しかし、これ位の施設でもマイクラ内での食料不足は一気に解消されますので、建築しておいて損はないと思います。

 

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

 - ゲーム情報・攻略 , ,