【Minecraft】ゴミ箱機能付き『アイテム自動仕分け分別装置』の作り方(PC・PE対応)

      2017/02/25

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

0001

Minecraft PEでは、バージョン0.14.0のアップデートでレッドストーン回路関係アイテムが大幅に追加され、色々な回路を組む事ができるようになりました。マイクラの世界の中で、便利な装置を設置できるようになったのは嬉しいですよね。そこで、マイクラのサバイバルモードをプレイしていて一番面倒くさい「アイテムの整理」を自動化してしまいましょう。
今回は、アイテムの整理に役立つ「自動振り分け装置」の作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

自動仕分け装置とは

アイテムをチェストに入れると、自動的にホッパー制のパイプを流れてゆき、指定されたアイテムが各チェストに自動的に格納されるシステムです。

0002

一見複雑そうですが、レッドストーン回路の仕組みは意外とシンプルで制作も難しくありません。

仕組み解説

チェストに入れられたアイテムは、一番上のホッパーを流れてゆく。そして、二段目のホッパーに「呼び水」として入っている「呼びアイテム」と同じアイテムだった場合ホッパー内に入る。そこで、最初に入っている数のアイテム以上の物を下に落とし、各アイテム用チェストに格納される。どこのアイテムにも分別されなかったアイテムは、ロックされていない最後のチェストに格納されるという仕組み。

※ホッパーは横向きに設置されていても、下方向に優先的に落ちる性質があります

003_R

  1. ホッパーはレッドストーン動力を与えると機能が停止するので、二段目のホッパーに入っているアイテムは、レッドストーントーチによって下に落ちないようにロックされている
  2. アイテムが二段目のホッパーに入ってくると、動力がリピーターを通ってトーチがオフになる
  3. ロックしているレッドストーン回路か切れてアイテムが下に落ちる
  4. アイテムが最初の数に戻るとトーチがオンになり、再び二段目のホッパーがロックされる

作成方法

※PC版ではチェストを並べて置く事ができないのでトラップチェストとチェストを交互に置く

仕分けする数のチェストを並べ、下図のように穴を掘る▼2016-04-26 11.30.24_R

チェストは、横向きに置くとラージチェストになってしまうので縦向きに置く▼2016-04-26 12.50.25_R

ラージチェストにしても良い▼2016-04-26 12.50.35_R

チェストの後ろの溝の壁にレッドストーントーチを設置▼2016-04-26 12.51.09_R

その後ろの溝には、レッドストーンリピーター(反復装置)を置く(向きに注意)▼

2016-04-26 11.31.18_R

リピーターの上にブロックをして隣りにもブロックを積む▼2016-04-26 11.32.13_R

下のようにレッドストーンパウダー置いてゆく▼2016-04-26 11.32.28_R

レッドストーンコンパレーターを設置する▼2016-04-26 11.32.44_R

スニークボタンを押しながらチェストにホッパーを付けてゆく▼2016-04-26 11.33.32_R

チェストの上にブロックを置き、そのブロックに向けてホッパーを設置▼2016-04-26 11.34.03_R

ホッパーを付け終わったら、チェストの上に置いたブロックを取り除く▼2016-04-26 11.34.23_R

ホッパーの終点に「その他アイテム」が入るチェストを設置▼
※このチェストは、後述するゴミ箱に作り替えても良い2016-04-26 11.34.53_R「その他アイテム」が格納されるチェストの上にホッパーを2段付ける▼2016-04-26 11.35.33_R

二段目のホッパーから隣りへホッパーを付けてゆく▼2016-04-26 11.36.11_R

何が入っているか分るように、チェストに額縁を付けてにアイテムを入れる▼2016-04-26 11.37.50_R二段目のホッパーをタップ▼004

下のチェストに入れたいアイテムを18個以上ストックし、残りは不要アイテムで埋める
不要アイテムは仕分けが出来ないので、チェストに入れないアイテムを選ぶ、▼は魚で埋めた例
2016-04-26 11.39.46_R

最初のホッパーの上にチェストを置いて完成▼2016-04-26 11.41.10_R

これでチェストに入れたアイテムは自動的に仕分けされてチェストに格納されます。実際に作る場合は、地上にチェストを置いて地下倉庫に自動仕分けしたりすると良いでしょう。

その他をゴミ箱にして楽々お掃除

最後まで残ったアイテムは、「その他チェスト」に格納されますが、ゴミ箱で自動的に処理されるように改造する事も可能です。

最後まで流れたアイテムは、ドロッパーから吐き出されてサボテンで処理▼2016-04-26 11.56.28_R

自動ゴミ箱の作り方

上のその他チェストをドロッパーに置き換え、後ろを掘る▼2016-04-26 11.51.16_R

下のようにレッドストーン回路を組むと、自動的に吐き出される▼2016-04-26 11.54.16_R

ドロッパーの前に砂を敷きサボテンを設置して完了▼
2016-04-26 11.57.01_R

実際に地下室で稼働しているアイテム分別装置▼006

長々とホッパーパイプを流れて来たアイテムが仕分けされています

上の階までホッパーでつなぎ、この上にチェストを配置▼2016-04-26 11.07.23_R

ゴミ箱機能は、見苦しいので壁の裏や床下に作ると良いでしょう。

ホッパーをパイプ代わりに使って、アイテムを流すと果てしなく流す事ができます2016-04-26 11.28.14_R

これを利用して、多段の自動振り分け装置を作る事も可能です。

例えば▼
1Fでアイテム投入>>>B1F自動振り分け装置(鉱石・原木)>>>その他は次へ>>>B2F自動振り分け装置(作物・その他)

なんだかピタゴラスイッチ的な感じですね。
【Minecraft 】チェストにモノを入れると消えるお洒落サボテン式ごみ箱の作り方(PE対応) | スマホLABOホンテン

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード 【Minecraft】ゴミ箱機能付き『アイテム自動仕分け分別装置』の作り方(PC・PE対応)"

 - ゲーム情報・攻略 , ,