自転車でも音楽を楽しめるヘッドセット『Docooler 有線 骨伝導ヘッドセット』【レビュー】

   

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Docooler の方からレビュー用に商品提供をして頂いた『Docooler 骨伝導 有線ヘッドセット』をご紹介します。

こちらの製品は、耳を塞がないので外部の環境音が聞こえ 安全に自転車やウォーキングで音楽を聴く事ができる骨伝導型ヘッドセットとなっています。

スポンサーリンク

Docooler 骨伝導 有線ヘッドホン

周波数範囲:20〜20KHz
感度:88±3dB
マイク感度:-42±3dB
インピーダンス:10Ω
バッテリー:300mAhリチウム電池
演奏時間:約10時間(音楽量によります)
充電時間:約2時間
防水レベル:IPX2
カラー:ブラック、グリーン
ケーブル長さ:1.3m / 4.26ft
アイテムサイズ:14.6 * 10.1 * 5.0cm
アイテム重量:48g

【セット内容】
骨伝導ヘッドフォン、USBケーブル、ユーザーマニュアル(英語・中国語)

 

外観レビュー

ヘッドセット本体は軽いです▼

 

骨伝導部はシリコンぽい素材でプニプニです▼

 

ボリューム調整ボタンと通話ボタン▼

 

電源はスイッチ式▼

 

自転車に乗ることを意識してか後ろには反射シール▼

 

充電中は赤いLEDインジケーターが光る▼

 

装着は耳にかけて前部の骨に音を伝える▼

 

 

重さは約47g▼

 

まとめ

 

 

使用・装着感

有線なのに充電が必要という事で不思議な感じがしますが、骨伝導の振動には相応のエネルギーが必要なようです。コントロール部はクリップで服に装着しておけるので ヘッドセット本体は非常に軽量です。耳に掛けるタイプで ヘルメットやメガネを付けていても問題なく装着できました。有線ケーブルが若干邪魔ですが、パソコンやテレビで使用する時には 直接ステレオジャックに挿し込めるのでワンタッチで使えます。またBTワイヤレスタイプに比べてバッテリーの持ちも遥かに長いです。残念な点はコントローラー部が曲送り・戻りに未対応な事ですね。

 

骨伝導について

このヘッドセットの骨伝導の性能については、装着して耳の穴を塞ぐと頭の中に綺麗な音楽が広がりますので しっかりと骨に伝えている事が分ります。骨伝導イヤホンの注意点は 普通のイヤホンに比べて音漏れしますので、電車や人混みでの使用には向いていません。
骨伝導イヤホンは環境音が聞こえますので、動画を鑑賞している時にでも家族が部屋に来る気配や宅配便が来た事が分ります。
スピーカーで大きい音で聴けない環境で、尚且つイヤホンで周りの音を遮断したくない時に大活躍します。
私は骨伝導ヘッドセットを2つ持っていますが、使い始めると意外に色々な場面で活躍しています。

音質

スマートホンでの使用時は、あまり大きな音が出ませんが音楽・動画鑑賞で困るレベルではありません。PCなど出力の大きい機器に繋ぐと問題なく大きな音が出ます。
音質に関しては骨伝導イヤホンなので決して美しい音ではありませんが、モソモソ篭った音がするような事はありません。環境音が聞こえますので、バックで音楽が鳴っているカフェで音楽を聴いているような感覚です。

骨伝導ヘッドセットについてアマゾンのレビューなどを読んでいると、音漏れや音質などの問題で好みが分かれるようです。しかしながら、やはり何と言っても合法的に自転車で音楽が聴けるのでポイントが高いですね。

 

今回はメーカーの方から割引クーポンを発行して頂いております
クーポンコード:XR96SH6C
割引:15%オフ
有効期限:~2017年8月20日まで

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード 自転車でも音楽を楽しめるヘッドセット『Docooler

 - ガジェット/端末レビュー , ,