近視・遠視でも裸眼で使えるヘッドホン付き『CHOETECH VR ゴーグル』【レビュー】

   

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

「CHOETECH」の方からサンプル品をご提供いただいた『ヘッドセット付きVRゴーグル』をレビューしたいと思います。

こちらの製品は、ヘッドセットも内蔵されており近眼・遠視の方でもメガネ無しで裸眼で装着が可能なVRゴーグルとなっています。

 

スポンサーリンク

CHOETECH VRゴーグル仕様

対応機種:iOS/Android(およそ3.5-6.0インチのスマホ対応)
レンズ:三菱高品質非球面42mmレンズ
素材:ABS+樹脂レンズ
ジャックプラグ:3.5mm
視角(FOV)110°
頭ベルトサイズ: 52-65cm
レンズ:42mm PMMA非球面レンズ
近視は600°までに対応
焦点距離と視界距離が調整可能
※12ケ月間の保証付き

【セット内容】
·ゴーグル本体*1
·ヘッドバンド*1
·レンズ布*1
·取扱説明書*1(日本語あり)
·EVAゴムパッド*1

 

製品レビュー

ヘッドホンを挿し込んで組み立てます▼

 

リング状のヘッドバンドを付けて完成▼

 

レンズには保護シールが貼ってありますので剥がす事を忘れずに!
私はコレの存在を知らずに、最初ボヤーっとした映像を観ていました。
ゴーグル下部には万能ボタンとボリューム+/-
マイク穴もついており、通話も可能です▼

 

蓋を開けるとステレオミニジャック▼

 

さっそくYouTubeで「360 vr」と検索して対応動画を観てみました▼
スマートホンにステレオミニジャックを挿し込む▼
スマートホンを挟むクッション部が可動式なので、端末のボリュームボタン・電源ボタンを押してしまう心配がありません▼
端末を挟んで、中央を合わせて準備完了▼

 

頭をリングに入れて後ろの調整ツマミを引っ張り出して回して調節します▼

頭に装着した後に締めると固定されます

 

最初は映像を見ながら本体上のツマミでピントを調節します。
私は、真ん中のツマミで左右の目の間隔を調整した後、片方ずつ目を閉じてピントを合わせました▼

 

端末の熱を逃がす為に、上下には通気口があります。熱を持ちすぎた場合には、全面パネルを外して冷却する事もできます▼

 

まとめ

私の視力は近視(左0.3/右0.5)ですが、裸眼で楽しむ事ができました。メガネを掛けた状態でも装着する事が可能です。
今まで5個のVRゴーグルを試してきましたが、レンズの質が良いので歪みも無く3D酔いしないで長時間楽しむ事ができた唯一のVRゴーグルでした。

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

 - ガジェット/端末レビュー ,