焚火するだけでスマホ充電!自転車を漕いでエコ充電・震災対策に自力発電系チャージャーまとめ

   

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Amazonでは携帯できるソーラーパネル型チャージャーが人気で、震災時のスマートホンの電源確保対策に関心が高まっている事が伺えます。ソーラーチャージャーは、バイクツーリングや登山などでも自力で電力を得る事ができるので、アウトドア派の人にとっては日常でも役に立つアイテムです。

そこで今回は、緊急時に自力で発電できるという自力発電系のスマートホンチャージャーをまとめてみます

スポンサーリンク

基本編

ソーラーチャージャー

私も震災対策に買って持ち出し袋に入れていますが、基本はソーラーチャージャーですね

私が持っているのは20W型で、条件が合えば1A以上で充電する事ができ、かなり実用的なチャージャーです。夏フェスの充電ステーションは混んでいるという事で、友人に勧めたところ「コンセントで充電しているように使えた」と喜んでいました。
ただ、夏フェスは雨の事が多いので少しギャンブルかもしれません。

レビュー記事:

高出力20Wの太陽光充電器『Aukey ソーラーチャージャー 』 を災害時やスマホ充電・フェス用に購入【レビュー】
筆者は、パネルを太陽に当てるだけで充電できてしまう太陽光発電が大好きで、ソーラーパネルが付いているモバイル・バッテリーやライトなどをついつい買ってしまいます...

 

手回し充電器

昔からよくある手回し充電器ですが、以前は筋肉痛になる程グルグル回しても1分程度でライトが消えていましたが。最近ではソーラーパネルも付いてライトはLEDになり、充電効率も上がっているようです。

上級編

自転車ダイナモチャージャー

出典:サンコーレアものショップ

昨年末サンコーより発売された自転車用発電機『チェーン式自転車USBダイナモチャージャー』
こちらは震災時というより、自転車のナビなどにスマートホンを利用する時などに便利ですね。

装着方法はチェーンに取り付けるだけ、後はペダルを漕ぐと発電できる自転車用発電機です。本体には1000mAhのバッテリーを内蔵しており、発電した電力はUSB出力でスマートフォンやモバイルバッテリーなどを充電可能。

【発電量の目安】

5~15km/hの場合→100~300mA
20~30km/hの場合→400~600mA
30~km/hの場合→700~900mA

20km/h以上の速度で走る必要がありそうですが、ロードでは問題のないスピードでしょう。

焚火で充電

ソロキャンプで流行っている小型のキャンプストーブに火力発電機能を付けた商品。小枝や小さな薪などを燃焼室の中で燃やして電気に変換。充電された電気でファンが稼働し、燃焼室の中に空気を送り込むことで燃焼効率が向上、たき火の火力が増します。ファンを回すために十分な電力が蓄えられた後、余剰電力はUSBポートを通じて外部機器の充電に利用することが可能です。

少しキワモノの変わりダネですが個人的には非常に気になります。

充電できるダウンジャケット

モバイルバッテリーを使用してヒーターで温めるダウンジャケット。これは発電するというのではなく、使用しているモバイルバッテリーでスマートホンの充電も可能という事です。

Quick Charge 2.0に対応するタイプのモバイルバッテリーが必要
セットのモバイルバッテリー▼
10600mAhのタイプで最長15時間にわたってジャケットを温められます。ジャケットオンリーとジャケット+モバイルバッテリーのセット販売の2種類が用意されています。

 

 

あとがき

私はソーラー発電機器に非常に魅力を感じるので、どんなガジェットででもソーラーパネル付商品を優先的に買っていました。しかし結局は気休め商品ばかりでしたので、今回の記事内にでているソーラーチャージャーを購入してからは、ソーラーパネル付商品を買うのは卒業しました。

このチャージャーからエネループに充電できる充電器を買って震災時にLEDランタンの電源も確保できるようにしています。

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

 - まとめ記事, ガジェット/端末レビュー , ,