【LINE新機能】グループトーク内で相手を名指しできる『メンション』の使い方

   

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

LINEのバージョンのアップデートで新機能「メンション」が追加されました。この機能はグループトーク内で特定のフレンドを指名してトークができる機能となっています。
早速、メンション機能の使い方や受けた場合、スタンプを送られた場合の表示について検証してみます。

スポンサーリンク

LINEのバージョン確認方法

確認したところiOS/Androidではバージョンが違うようで、iOSではバージョン7.1.0、Android版では7.1.1へのアップデートが必要です。アップデートがまだの方は、それぞれAppストア・Playストアよりアップデートして下さい。

 

設定を開き「LINEについて」から「現在のバージョン」で確認できます▼

メンション機能の使い方

チャットボックスに「@」を打ち込むとグループメンバーが一覧で表示されるので、トークを送る相手をタップして指定する▼

 

すると頭に名指ししたフレンドの名前が付いたトークを送る事ができる。

スタンプを送る場合、スタンプの後ろに「@フレンド名」が表示される。

トークで指名された側にのトークには「メンションされました」と表示される▼

 

まとめ

この機能は、活気のあるグループトークでは威力を発揮しそうです。常に誰かがトークしているようなグループでは、後でまとめて読むと自分関連のメッセージを見落としているような事もありますよね。
しかし、この機能があれば自分に向けた会話がある事は「メンションされました」と表示されるので見落とす事がなくなります。また、グループトーク内に人を呼び出す事にも役に立ちますし、実装されていみると意外と便利です。

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

 - アプリ情報・レビュー ,