【簡単解説】携帯・固定電話に無料通話ができる『LINE Out Free』の使い方と意外な裏ワザ

   

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

2015-10-13-07-4554-05_r

LINEには、無料通話機能とは別に「LINE Out」と呼ばれる通話機能が実装されています。もともとは格安での通話を実現する有料機能でしたが、「LINE Out Free」というサービスが追加され、CM動画を視聴する事で国内外の電話に無料通話することが可能になりました。

今回は、「LINE Out Free」を使い無料通話を掛ける方法、ホーム画面に追加する方法などを解説します。

スポンサーリンク

「LINE Out Free」について

『LINE Out Free』は、通話前に15秒の広告動画を観るることで、固定電話や携帯電話に無料通話ができるサービスです。また、1日あたり最大5回までの制限が掛けられています。

【国別の無料通話時間一覧】

国/地域 固定電話 携帯電話
アメリカ合衆国 /カナダ 3 分/回 3 分/回
中国 /韓国 3 分/回 2 分/回
日本 /メキシコ 3 分/回 1 分/回
プエルトリコ / スウェーデン / イタリア / ペルー / スペイン / フランス / キプロス / 台湾 / ポルトガル / ドイツ / ハンガリー 3 分/回
イギリス / 香港 / インド 2 分/回 1 分/回
カザフスタン / デンマーク / ノルウェー / ルーマニア / アルゼンチン / イスラエル / ニュージーランド 2 分/回
アイスランド / オランダ / スイス / オーストラリア / ポーランド / ドミニカ共和国 1 分/回

「LINE Out Free」の使い方

LINEアプリのメニューバー「・・・」を開き、下の方までスクロールし「LINE App」>>「Call」をタップ▼

2016-11-20-08-12-10_r_r

 

「LINE OUT Free本日残り5回」をタップし、電話番号を入力して通話ボタンをタップ▼

2016-11-20-08-12-33_r_r

 

番号通知する場合、端末の電話番号確認のため、電話番号にSMSが送られてくるので認証番号を入力▼screenshot_20161120-083332_r_r

「広告を見て無料通話」をタップすると動画が表示されるので、視聴後『→』をタップして通話▼

2016-11-20-08-13-27_r_r

無料で通話が開始される。
日本国内の固定電話なら3分、携帯電話なら1分間無料通話することが出来、時間に達すると自動的に通話が切れてしまう。
※制限時間の20秒前に「ピー」という音で警告を通知してくれる

screenshot_20161120-083647_r

 

 

ホーム画面にLINE通話を追加する方法

無料通話したい時、毎回上述したような手順と15秒の動画を見ていては手間と時間が掛かりすぎるので、ホーム画面に追加して一発で『LINE OUT Free』を呼び出す設定がお勧めです。

iOS/Android共に『設定』を開き「LINE Out」>「ホーム画面に追加」をタップ▼2016-11-20-08-19-37_r_r

 

Android端末はこれでホーム画面に追加完了。
iOSは共有アイコンから「ホーム画面に追加」をタップして完了▼

2016-11-20-08-20-03_r

 

ホーム画面から一発アクセス▼2016-11-20-08-26-58_r

 

意外な裏ワザ

私は「Line Out」で通話するには面倒な申込みがあると思い込んでいましたが、何も手続きをせずともあっさり使えてしまいました。

「意外な裏ワザ」は、固定電話を使って認証した、電話番号無しのスマホLINEからも通話できてしまった事に驚きました。
当然、非通知になりますが、電話番号を持っていないMVNOのデータプランSIMからも電話回線に電話を掛ける事ができてしまいます。

受ける事ができないのが弱点ですが、無料通話だけでなく、LINE Outの有料通話ポイントを一定額購入しておくのも良さそうです。050プラスなどのIP電話アプリを使わずとも、データプランSIMで運用できてしまいますね。

 

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

 - アプリ情報・レビュー , , ,