全キャリア対応のゲーム時間制限付きペアレンタルコントロール神アプリ【モバイルフェンス】

      2016/12/24

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

モバイルフェンス

子供にスマホを持たせる事の問題点が深刻な社会問題になりつつあります。SNSによる知らない人との交流、危険サイト閲覧、ゲーム中毒、LINE中毒などスマホには危険がいっぱいです

完全に危険から守りたいと考えるとペアレンタルコントロールアプリは必須ですね。以前ご紹介した『あんしんモード』は強力なペアレンタルコントロールアプリでしたが、ドコモ端末かドコモ系MVNOでしか使う事ができませんでした。

参考エントリー:子供にスマホを持たせる前にしておくべき機能制限の設定(Android編)

今回ご紹介するAndroidアプリ『モバイルフェンス』はキャリアを限定せず、『あんしんモード』同等の機能を備えた上に、使用状況レポートなど更に高性能なアプリとなっています

スポンサーリンク

モバイルフェンスの使い方

モバイルフェンス

モバイルフェンス
開発:Mobile Fence
料金:無料(現在ベータ版のため) 

Google playからダウンロード

モバイルフェンスの一番の特徴は専用ブラウザを使わず、Chromeブラウザを使って閲覧制限する事ができる点です。また、保護者はWEBサイト上から遠隔でスマホの設定や位置把握、使用状況レポートも閲覧する事ができます。

モバイルフェンスの使用レポートをしてみたいと思います

モバイルフェンスのインストール

アプリをインストールして起動するとアカウントを求められますので、メールアドレスとパスワードを設定します。

次にサイトを開いて保護者モードでログインして『ルール設定』をクリックします

ウェブサイト

『ウェブサイト』タブを開くと許可・制限するサイトコンテンツ一覧が出ますので、チェックを入れて制限します。また、キーワードブロックをすれば、許可されたサイトやブログ記事にキーワードが存在するとブロックしてくれます

ウェブサイト設定

ブラックリスト・ホワイトリスト機能もありますので、許可・拒否したいURLを入れる事も可能です。ブラウザはchromeを使用しますので「それ以外のブラウザの起動を制限する」にチェックを入れる必要があります

また、セーフモードでchromeを起動されても制限できるように端末を設定しておきます。端末設定より「ユーザー補助」から『モバイルフェンス』をオンにしておきます

ユーザー補助

電話・メール監視機能

これは電話発信、受信を制限したりモニターする機能です。どの番号から何時に何分発着信したのかが一覧でレポートされます。

アプリ起動時間制限

アプリ毎に一日の起動時間を制限・許可したり起動自体をブロックすることが可能です。「ゲームは一日60分まで」などの約束に使えますね。ただし、数種類のゲームを起動されてしまった場合、それぞれ60分になってしまいます。積算機能も欲しいところですね。曜日毎の設定も可能です

アプリ制限

カメラやwifiなどもブロック可能

 

カテゴリーブロック

起動制限がかかったアプリ

設定状態

起動してもよい時間帯の設定

曜日毎に起動できる時間を制限する事ができます。例えば、22時~翌朝6時までと学校内に居る時間内はゲームを起動できなくする事も可能です。
起動時間制限

時間制限するアプリの種類設定

制限するアプリを設定

時間制限が掛かったアプリ

時間制限が掛かったアプリ

おしらせ位置と位置指令

『位置』タブから『お知らせ位置』という機能を使う事ができます。この機能は塾や学校に子供が到着したり離脱した時にお知らせメールが届きます。以前から私立小学校や塾などではICカードで同様の『お知らせメール』で到着・離脱を通知していましたが、それと同様の機能ですね。

位置をチェックするだけで設定完了

デバイス位置

システム設定画面で「 お子さんが位置離脱、位置進入時メールでお知らせ」にチェックを入れて完了です

子供(端末)の現在位置の把握は『デバイス』から『デバイス指令』『位置検索』から検索できます

レポート機能

どんなサイトを何分見たのか?などブロックされたサイトを含めて全てログを閲覧する事ができます。『活動タイムライン』を開くと移動した位置をマップで表示、さらにタイムライン上に起動したアプリも表示されます

詳細なレポート

 

アプリレビュー

追記:「アダルトサイトがブロックされない」とのコメントを頂いたので少し調べたところ、Wifiを通すとブロック機能が効かない不具合があるようです。また、運営が海外なので日本のアダルトサイトのデータベース化が間に合っていないようです。またChromeブラウザを使い、シークレットモードを使用するとWEBサイトブロックが全く効きません。

親として筆者もペアレンタルコントロールアプリを色々テストしてみました。現在ドコモ端末(MVNO)を持たせて『あんしんモード』と専用ブラウザで管理する方法が一番安定していて満足しています。そこへこのアプリの登場!正直ペアレンタルコントロール全部入りだと思います。

しかし、パーフェクトすぎて『ここまでヤルか?』と少し疑問に感じてしまいます。例えば子供がアダルトキーワードを入力してブロックされた履歴や電話発着信履歴まで・・現在位置を検索すると電池の現在量までパーセントで表示されます。※電話発着信ログはオフにできます
「イジメの兆候があったり緊急時以外はレポートは見ない」など、子供との取り決めを作って親としても最低限のプライバシーは守ってあげたいですね。

今まで『あんしんモード』を使っていて不便なのが遠隔設定できない点でした。先日も、夏休みなので設定を緩めてあげた状態のまま新学期に送り出してしまいました。このアプリは遠隔で設定できるのが本当に便利ですね。

今後はiPhone版やPC版も提供する予定のようですが、端末のシステム系を操作する事を許可していないApple端末に可能なのか楽しみです

関連エントリー:
4月から子供にスマホを持たせる時の『ペアレンタル・コントロール』設定方法とチェックリスト一覧

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード 全キャリア対応のゲーム時間制限付きペアレンタルコントロール神アプリ【モバイルフェンス】"

 - Android端末, アプリ情報・レビュー , , ,