Android端末のロック・待ち受け・起動画面に表示されるスパイウェアやアドウェア・マルウェア広告を完全消去する方法

      2017/01/16

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Android端末を使っていると、ある日突然ロック解除画面や待ち受け画面上に広告が表示される事があります。または、ケーブルを挿し込んだ充電中のみ広告が表示される、ロック解除時に広告が表示されるという悪質なアプリも多数あります。「アドウェア」と呼ばれる広告を表示する変わりに無料で使えるアプリが犯人の場合がほとんどですが、中には野良アプリなどと一緒に入り込んだ「スパイウェア」や「マルウェア」が悪さをしている場合がありますので、注意が必要です。
そこで今回は、待ち受け画面に広告を表示しているアプリを探し出してアンインストールする方法をご紹介します。
また、Xiaomi端末ではデフォルト状態からロック画面に広告が表示されてしまうMIUIバージョンがありますので、その対策についても解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

待ち受け画面の広告表示アプリを探す方法

ロック画面や待ち受け画面に▼のような広告を表示しているアプリを探し出す方法をご紹介します

最初に「NoRootファイアウォール」というアプリをインストールします。ちなみに、このアプリはRoot化していないAndroid端末でもVPNを使う事でファイアーウォールとして稼働できる便利アプリです。


NoRootファイアウォール
開発:Grey Shirts

無料※記事掲載時の価格です
Google playからダウンロード

アプリを起動したら「再起動時にアプリを自動で立ち上げる」にチェックを入れ「スタート」

VPNへのアクセスを問われるので「OK」をタップ▼

 

しばらく普通にスマホを使用したり、画面を落としてロック画面から起動して、普段どおりの使い方をする。充電画面に広告が表示される場合には充電ケーブルを挿し込んでみる。

「NoRootファイアウォール」を起動し「保留中」をタップすると、様々なアプリがインターネットアクセスをしているので全て許可する▼

 

また、同様に普段どおりにスマホを使用すると通知バーにアイコンが表示される場合がある▼

その場合も引っ張り出して通知からアプリを起動し、先ほどと同様に「保留」から許可する▼

広告が表示されるまで上の作業をしながら通常どおり使用を続ける

広告が表示されたら時刻を覚えておき「NotRoot Firewall」を起動しアクセスログを見る

その時間(ロック時間含む)にネットにアクセスしていたアプリを調べる▼

 

「アプリ」タブから該当アプリのWi-Fi/モバイルネットワークともに「x」を入れブロックする▼

これでブロックが完了、また使ってみて広告が表示されない事を確認したら、広告を表示していた犯人アプリが判明したという事になる。この時、アプリは広告を表示しようとするが、ネットワークにつながらないのでエラーが表示されたり、広告バナー部分が黒く表示されたりする場合もある

 

この後、犯人アプリを削除(アンインストール)すれば広告は表示されなくなるが、使い続けたい場合には「NotRoot Firewall」を稼働させ続けてブロックさせると良い。アンインストールした場合には「NotRoot Firewall」を常時起動しておく必要がなくなるので「再起動時にアプリを自動で立ち上げる」のチェックを外しておく。

このロック画面広告や充電画面広告は「360セキュリティ」などのセキュリティアプリ関係に特に多く、「Esファイルエクスプローラー」などもアドウェアとして有名である。使い続けたい場合には「NotRoot Firewall」でブロックする必要があるが、セキュリティソフトのネットアクセスを禁止しては意味がないので、目障りな場合、有料で広告を表示しないセキュリティアプリへの乗り換えをお薦めする。

 

Xiaomi(シャオミ)端末の広告を削除する方法

私はXiaomi端末を数台持っていますが、一部の端末は使って少し経つと広告が表示されるようになっていました。
しかも、充電中、ロック画面、ロック画面解除時、果ては何にもしていない時までホーム画面上に表示。

悪質なマルウェア広告まで表示される始末▼

これはXiaomiのMIUIが原因ではなく、一部のショップ版カスタムROMのMIUIがインストールされている場合に表示される事がある。

充電画面などに広告を表示しているのは「TouchPal」と犯人名が..
「TouchPal」の左の点をタップし「Lucky Locker」と表示されるのでチェックを外す▼

調べてみるとこれはデフォルトのキーボードアプリ▼

デフォルトの「Kika keybord」とセットで悪さをしていた。このキーボードを明示的にONにすると勝手にニュースアプリをインストールしたりする

これ(TouchPal 2016)を、Google日本語キーボードなど他のキーボードに変更する事で広告は表示されなくなる。

しかし、何かのタイミングで勝手にキーボードが「Kika keybord」に戻ってしまい、また広告が表示されるようになる事があるので、設定から2つのキーボードアプリを無効にしておく▼

 

それでもダメな場合には、「NoRoot Firewall」を使ってネットアクセスできなくしてしまおう(上の記事参照)▼

※追記:バンドルされていた「memo」(メモアプリ)も広告を出していましたが、このアプリも削除が出来ません

 

雑感

Android端末は自由度が高い分、アドウェアなどが好き勝手し放題ですね。カメラアプリのシャッターを極小にして真横に大きい広告を付けて誤クリックを狙った悪質なスパイカメラアプリまで野放し状態です。

セキュリティ関係のアプリなどは、アプリ自体が執拗に広告を表示してくるので「お前がウィルスだろ!」と突っ込みたくなります。

私は長年「ESファイルエクスプローラー」を愛用していました。このアプリは当初は完全な無償で提供されていたので神アプリと崇められていました。しかし、日増しに悪質なアドウェアに変貌してしまい、指定アプリインストールしないと使えない、とか、ウィジェットで全画面広告を強制表示したりするようになりました。最近ではインターネットへのアクセス挙動が怪しいと話題になり、一気にユーザー離れが進んでいますね。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

 - Android端末 ,